読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

ストレス耐性が低い人は、ひょっとしたらFXの上達速度が遅いのかもしれません。

      2015/08/17

「ストレス耐性」という言葉で適切かどうかは正直不明で、
「そういった類のもの」と解釈していただいても構いません。

市販のFX商材とか僕がやっているFX勉強会とか、いろんな所のFXセミナーとか
トレード手法を学べる所はたくさんあるとは思いますが

優位性が元々無いクソ手法を掴まされたのであれば根本的に仕方ないのですけれど

この手法で勝てるようになりました!
という人が多い、優位性・再現性のある手法の場合

じゃあ、学ぶ人全てが一様に上達するのかといえば
人間っていろいろな人がいますから、上達の早い人・遅い人が当然いるわけです。


僕みたいにトレードの仕方を教えている立場の人間が思うことの一つ

「ストレス耐性」

というのがあります。

手法を提示して、「過去チャートで検証してみましょうね」と言うと
言われた通り・教えられた通りにちゃんとできる人と
途中からやることがズレてきてルールに無いことをどんどんやり始めて「わけわかんなくなっちゃいました~(・ω<)」の人と
2通りあります。

これまで僕は「素直に言われたことをやりましょうね」と言い続けてきましたが
なんか、よくよく考えると、その一言では解決できない場合もあるのでは?と気づきました。


言われた通りにできない人の思考回路を読み解いてみると(全員に当てはまるものではないです)

・FXだから当然利益のときもあれば損失のときもある。
・損失はしたくない。極度のストレスを抱える性格だから。
・検証のときに損失の場面になると損失を回避するため、あり得ないほど過去からコジツケのラインを引いて回避したりする。
 「こーすれば損失回避できるじゃん(納得)」と目先の安心を求める。
・それがエスカレートして、次第に全く別物の手法になる。
・そんなものは再現性皆無なのだから、リアルチャートでやると「なーんだ、全然勝てないじゃないか」となる。
・そのストレスに耐えられなくてさらに変なことをしたり、最悪、別の手法にジプシーしてしまう堂々巡り。


逆に、ストレス耐性がそれなりにある、もしくは普通の人であれば

・FXだから当然利益のときもあれば損失のときもある。
・利益でも損失でも教えられた通りにやってみて、まずは結果を見てみる。
・月間の結果がプラスだったら、それが他の月でも通用するのか調べてみる。
・月間の結果がプラスだったら、他の月ではどうか、半年や年間のトータルで判断してみる。
・そういう検証を地道に何度も繰り返しやってみる。
・そういうものには再現性があるので、リアルチャートでやると「勝てた!」と自信がつく。


と、好循環に入っていけるわけです。



偉そうなこと言ってるけど、じゃあ、milk、お前はどうだったのよ? と言われると

僕は前者寄りですね(笑)
最初の師匠に教わったとき、負けたくない病のためにすんごく都合のいいチャート解釈をしていました。

過去の検証でも負けが込むと胸の辺りがモヤモヤして気持ち悪くなってくるんです。
「あー、もうイヤ!」みたいになって癇癪起こしたり。

そこから何度も何度も何度も失敗して
前々職の退職金も全てトレードで失って
前職を辞めて、稼げないと死ぬしかない状況になって
ルール通りに検証しようと腹を決めて
検証して検証して検証して

そして気がついたらFXで勝てるようになっていた、みたいな感じです。




あともう一つ、別パターンで
「リアルチャートになると余計な裁量を加える」というのもあります。
器用な人だったら問題ないかもしれませんが、僕自身は不器用なのでやると破滅しますね。

「ルール上はここでエントリーするんだけど、こういう理由でエントリーを見送ろう」
なぜなら 損失が怖いから。損失のストレスに耐えられないから。

気持ちは十分すぎるくらい分かるのですが
ただ、トレーダーとして何年もやってきた熟練者とか、才能がある神トレーダーでない限り自重したほうがいいと思います。
ルール通りにやった上での損失と付き合っていけないのであれば、そもそもトレーダー失格ですので。

綿密に検証した上でのルール改善だったらいいんですよ。
でも、得てしてそういう人というのはあまり検証せずに何でも「感覚」でやっちゃうものです。







でもね。

こんな記事を書くのはムダとも感じていて。

結局、ストレス耐性がある人というのはこういう「耳が痛い」内容をちゃんと受け取れる人で
ない人は、半分読んだ所で「あっ、別の用事思い出した」と言ってブラウザを閉じちゃう人で。


どうなんですかね?



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   

 - メンタル

  関連記事

だからね、メンタル的な知識を詰め込んだってFXで勝てるようにはならないんだよ。そろそろ気づけよ

昔はFXで勝つため・儲かるためにメンタル本をたくさん買って読んでいたんだけど ほ …

1日に10回も20回もエントリーチャンスのあるFX手法は危険

今僕の勉強会で教えている手法は2つあって 新しいほうは、1つの通貨ペアでだいたい …

FXにおけるセドナメソッド活用法 – トレード中の感情を変える一番シンプルな方法5

第1回 第2回 第3回 第4回 どうでしょうか、実践している方 そろそろめんどく …

それだとよくある「FXトレードはメンタルが大事です(キリッ」の人になる。

自分が苦手と思っていることは、全部思い込み。 「~が苦手><」という意識さえ無け …

サマーウォーズ

が好きで、2~3ヶ月に一回は見ます。 ネット上の で、動画を見ます。 年に何度も …

FXトレーダーにおけるメンタル強化について真剣に考えてみる1 ~導入

まずは引用。 僕が10年以上前から読み続けている野球マンガ「おおきく振りかぶって …

FXトレードでメントレとかする前にもっとやることあるだろ、ね。 2

世間はゴールデンウィークとか言って浮かれているんだろうか。 この時期は仕事が休み …

FXの学習に必要なのは「本質と効率」のみ。

あくまで「個人的には」という話なんだけど。 FXで感情的なトレードをしないように …

FXとコーチング2 ~グレムリン(自己制限思考)と停滞

前回の続き。 あのね、僕がコーチングの話をしているからといって 「FX コーチン …

FXトレーダーにおけるメンタル強化について真剣に考えてみる2 ~メンタルが効く条件

前回の続き。 前回はFXにおけるメンタルトレーニングの位置づけ的なものを書いた。 …


PAGE TOP