オンラインFX勉強会「ライントレーニング」の全て。

FXトレードは「才能」「感覚」「勘」に頼らずに、厳密なルールに基づいて行われるべきものだと僕は考える。

  • 昨日は勝ったけど、今日は「メンタル崩壊」で負けました
  • 一部の才能あるカリスマトレーダーしか勝てません

では意味がない。

お金が無くてお金がほしい!と思っている人が、努力をすればFXで勝てるようになり、お金が手に入る。これが正しい。

教わる手法は、再現性が無ければ意味がない。「適当にトレードしましょう」ではいけない。

お金が欲しくてFXをするわけだから、利益は永続・安定しなければいけない。

僕は2013年からFX勉強会で、誰もが勝てるようになりました!という手法を教え続けている。

 

FX勉強会「ライントレーニング」で教えている2つの手法

なぜライントレーニングという名称なのかといえば、水平線・トレンドライン・各種フィボナッチの数値などの「ライン」を駆使したトレード手法を教えているから。

僕が教えている手法は2つある。一つは波及手法、もう一つはフィボトレード。

波及手法(1時間足無裁量手法)、勉強会参加者の成績

勉強会コミュニティで報告された、ある参加者の取引結果。

4年ほどFXで勝てずに損失がかさみ、いろいろなセミナー・商材を試したのだけれどもダメで困り果て、そしてFX勉強会にたどり着きました。

という方。

欲張らない、低リスクでのトレード。しかも「無裁量」でルール通りにトレードすれば誰にでもこの成績が出せる。

3ヶ月で28%の増。この低金利時代に、こんなにオイシイ投資は無い。

フィボトレード(5分足裁量手法)、勉強会参加者の成績

こちらが僕が新しく生み出した手法。こちらがお勧め。専業トレーダーへの道のりが近くなる。

(毎月いただく報告メールをそのまま載せる。)

ちなみに、この方の勉強会入会時のメールは以下の通り。(一部を抜粋)

milkさんの、

「FXは自分でルールを考えるのではなく、誰かから教えてもらうのが一番。」の言葉に、”あっ”と天啓を受けたようでした。そりゃ凡人が考えたことを数だけこなしても意味ないわな、と。過去の自分のように。

そして、また4年後にも、”まだこんなところにいるのか。何やってるんだ俺は…。また時間を無駄にしてきたのか…” なんて思いをしたくない。

”あいつも俺たちと同類だ”と思われているなんて自分を貶めたくない。

今からの4年後には”ああ、milkさんのブログと出会えて本当に良かった。あの時飛び込んで良かった。”となっていたい。

まず一心不乱にmilkさんが仰られている初めの”半年”に全力を注ぐ覚悟です。

寄り道はしない、脱線はするかもしれないし、迷いはするかもしれないけど、とにかく進む。進んだ先にあるものを見るために他のものを削ぎ落とす覚悟をしています。

FXで勝てない時代があって、固く決心し、勉強会に入門した。

そこから勝ちトレーダーへの道が拓けている。

 

FX勉強会コミュニティは「手法だけじゃないよ」

僕は「勝てる」手法を教える。適当な内容は教えない。

しかし、FXで勝てなかった人が勝てるようになるために、僕にはもう一つ重視している点がある。それは

学習環境。

やる気の無い者は入門させない。入会時には作文審査をする。

勉強会参加者の毎日のトレードを僕が確認した上で、毎週末に解説動画を配信する。

解説動画には1週間分の全環境認識・全エントリーポイントが解説されている。

さらに動画で学んだ夜に「座談会」に参加できる。同じ「勝てる」手法を共有したトレーダー仲間どうしで自由に話し合いができる。

もしくは、仕事や家庭の事情で時間が合わない人は、それぞれ自由に座談会を開催して勝手に・意欲的に勉強する。

一生懸命な人が多くいる学習環境だから、伸びる。