マエストロFXでは パリス昼豚さんの手法では ~FX勉強会「ライントレーニング」 勉強会参加者のトレードより60

ユーロドル・ユーロ円・ドル円でのトレード。
ユーロ円は入りづらかったかもしれませんが、サクッと取れて気持ちのよいトレードだったと思います。

EURUSD 買 1.05664 – 1.05955 (+29.1pips)

佐野裕さん、パリス昼豚さんの教材(マエストロFX、5万円FX)を使ってFXを学び専業トレーダーになった後、さらにForexTesterでの数百時間の検証を経てダウ理論から進化させた手法を編み出しました。FX勉強会の中で教えていて、そのコミュニティにアップされたトレードの結果です。 2015-03-13_100700

これがチャートのどのような場所だったかといえば、
日足だけでなく、週足・月足が絡むポイントで

その辺のサポートを見ていて、そこから一時的に上に上がってきたので
「上行くんじゃね?」と思って素直に入れば利益になった所です。

マエストロFXの佐野裕さん風に言えば

2015-03-13_094625

ボリンジャーバンドの両端がしぼんできて、MA21を上抜けてきたので+2σまで。

2015-03-13_094652

もしくは、
スクイーズからのエクスパンション・バンドウォークで+1σにサポートされて云々。

という解説になり、

5万円FXのパリス昼豚さん風に言えば

2015-03-13_094459

MAがゴールデンクロスしMAを上抜けてきたのでV字パターン、

もしくは、
そこからMAがきれいに並んで上昇してきたので押し目パターン。

という解説になります。

トレードの達人たちは各自の手法に基づいてそれぞれの解説をされますが
こうやって見ると根本はどれも一緒で

大きな時間足で抵抗となりそうなものがあり
そこから上に向いてきたから「上に行くよね」と思い
あとは目的地までトレードする

ただそれだけをしている、ということになります。

どの手法を学んでも行き着く所は同じ「お金持ち」です。

だから、勉強会に参加されている方は、迷わず・恐れず、ただひたすら努力していってほしいと思います。

途中で商材ジプシーに戻ってしまったり、独りよがりの裁量を加えてしまったりすると
「お金持ち」へたどり着くのが遅くなります。

僕がいつも言う「素直に学ぼうね」というのが、どれだけ大事なことか

今回の手法比較からも理解できるはずです。