修行のために一時期、チャートに張り付くことは必要かもしれない。 しかしそれを一生続けるの?

よく、月間○千pips稼ぎました!みたいなトレーダーがいますね。

それに比べて、僕はいまだに月1000pips程度が限度(限界なのではなく)です。

このブログの左下に専業になってからの獲得pips数が書いていますが
最初はパリス昼豚さんの教えに従い、1日20~30pips程度取ったらお終い。
なので月だいたい400~600pipsくらい。

それから「どれだけ取れるんだろうか?」と思い、ちょっと無理してトレードしてみて
初めて1000pips超えを経験しました。

体感としては、3000でも5000でも、もっと上でも行けるな、と思いました。

PCの前でニコ動でも見ながら常駐していて
チャンスがあればパワーバランスを見て、3通貨ペアでも5通貨ペアでも同時にドン!と入ればいい、
パワーバランスが揃っていなくても別パターンで上から下から全部取ってやればいい、
それを月に何度も何度も何度も何度もやればいい、それだけです。

FXは慣れてきたら作業ゲーです。何の感情もいりません。

あるとすれば「もう飽きた」「他のことしたい」というウンザリ感があるくらいです(笑)

現在はといえば、以前より獲得pips数は少ないです。
月平均100~200pipsくらいに落としました。

何でかといえば「そのほうがより高尚」だからです。

一日中チャートに張り付いて生きている人より、
チャートから離れて自分のやりたいことに時間を割いている人のほうが高尚だと思います。

かつて学んだ僕の師匠も同様のことを言っていました。

「修行のために一時期、チャートに張り付くことは必要かもしれない。
しかしそれを一生続けるの?」

専業トレーダーになればそれでお終い、じゃないんです。

専業トレーダーになってからがスタートなんです。

専業になる前のサラリーマンの時代みたいに、朝から晩まで働くなんて、そんなのは絶対イヤです。

安定して稼げるようになったら、今度はチャートから離れることを考えるべきだと思います。
何者にも縛られない生き方を模索するべきだと思います。

稼げているから一人前じゃない。

商売道具であるチャートから離れることができたら一人前。