FX勉強会で教えている手法の検証結果・プロフィットファクター・ペイオフレシオ・損切り貧乏

2014-09-28_142657


FX勉強会「ライントレーニング」内で、新しいルールを追加した解説を作成中です。
いつものとおりに1年分をチャート画像付きで作っています。

とりあえず半年分が出来上がったので、まとめ&宣伝タイムです^^


システムトレードとか自動売買・EAではないので若干の裁量は入ります。
(っていうか、上記方法で一生食っていけるのは不可能か、ものすごく難しいと思います。)

ですが、再現性はあり
コミュニティのトレード報告では「僕も私もここでエントリーしました!」という書き込みが増えてきました。
勉強会に参加されている皆さんも、腕を上げられているようで嬉しいです。



以下に紹介するのは過去チャート(EURJPY)で、基本のルールだけで検証した結果です。

取引回数が少ないのであれば、複数の通貨ペアを見てガンガントレードすることも可能ですし、
応用編でより細かい時間足を見てのトレードも可能です。

チャートの見方はどのような通貨ペア・時間足でも同じです。

基本さえしっかりと学べば、あとは経験を積んで慣れていくだけです。
勝率も上がっていきますし、損失もよりタイトに抑えられるようになります。

専業にでも新世界の神にでも海賊王にでも何にでもなれます。





勉強会内での解説は最小リスクで行っていますが、それだとすごく地味でブログ記事的には面白くありません。
なのでほんの数%だけリスクを上げて、よりリアリティのある検証結果にしています。

最小リスクでの検証では勝率等がさらに良くなります。



勝率:79.4%
プロフィットファクター:3.5
ペイオフレシオ:0.9


※画像の表示が小さい場合は、右クリック→新しいタブで開く で大きくなる♂かもしれません。
2014-09-28_143617



勉強会参加者の中には初心者の方も何名かいらっしゃるので、少しだけ説明を。

プロフィットファクター=総利益÷総損失

値が1だと利益と損失がトントン。
1より小さいと資金が減っていくので「やる意味なし」。
1より大きいと資金は増えていきます。

システムトレードでは「2以上あると良い」とか言われますが、
それでは裁量をやる意味がありません。

基本の手法だけでも3.5
これに経験と慣れが加わると、さらに何倍にも増やしていくことが可能です。



ペイオフレシオ=平均利益÷平均損失

値が1かそれより小さいと損小利小タイプ。
僕が尊敬しているパリス昼豚さんと同じです。
勝率が良いので、トレードしていて気持ちいいタイプがこれです。

1.5とか2だと損小利大タイプです。

世の中、昔から「損小利大が王道だ」「当たり前だ」みたいな雰囲気があります。
ですが、勝てれば、んなこと どーーーーーでもいいわけです。


ちなみに、僕の普段のトレードは損小利大です。

ストップは平均5~7pipsに対して、利益は平均40~50pips、
伸びるようであればさらにどこまででも保有します。

こういうのは基本を学んで慣れてからやればいいのです。

初心者(勝てていない人はみんな初心者)向けではありません。




無理に損切りを狭めて、根拠のない損小利大をする人が多くいます。

そういう人は、概してトレードスキル向上ではなく、目先の勝ち負けにしか目が行っていないことが多いです。
参考:損切り貧乏にならない