損切り貧乏にならない

「損切りを小さく抑える」というのは高度な技術です。

トレード練習の最終段階のあたりに行うことです。

ちょっと遠めに、損切りを入れておきます。

リスクリワード云々をうるさく言う人がいるのですが、最初のうちはそんなことは関係ないです。
そういう言葉を吐くこと自体が、獲得利益にしか目がいっていない証拠です。

練習の初期段階では「正しいところでエントリーができるか」のみを考えます。
他のことはどーーーーでもいいです。

小刻みに損切りにかかってしまったら、1回のトレードでの値動きが勉強できませんから
ドーンと遠くに損切りを設定しておくのです。

大きめの損切りになって面白くないかもしれないですが、あなたが面白かろうが、つまらなかろうが
んなことは知ったこっちゃありません。

FXで勝てるようになるのが唯一の目標のはずですから。

思考停止にならず、環境認識・シナリオ立てをすること、
そして、エントリー後にどういう動きになったのかを観察することが大事です。


無理な損切りを設定して、成長できなくなって
本当の意味での「損切り貧乏」にならないようにしたいものです。