飾り切りの話 ~FXを難しく考えすぎている人へ

昨日のFXスクールの話に関連して。

その後、師匠のことを思い出していました。


僕が「エントリーできない!」という状況に陥っていたことがありました。

エントリー前にあれやこれや考えすぎていて、
「今日はこういう理由でエントリーできませんでした(言い訳?)」という日が続いていたのです。

確かに、世の中のFX本とかFXトレーダーさんとかの話には

*シナリオを前もってよく考えること
*リスクリワードが良くない所ではエントリーしない
*メンタルが云々…


というのがよく出てきますし、全て一理あることだとは思います。



そのとき師匠からされたのが「飾り切り」の話でした。

2015-05-15_095152

一字一句は覚えていないのですが、「飾り切りって知ってる?」から始まったのは覚えています。

飾り切りのやり方は教科書を見れば分かるけど、
職人さんたちは実際に「何度もやってみて」上達している。




考えすぎてエントリーできない、とか
教材で学んだ後にForexTesterで練習するときにどうしていいか分からない、とか
悩んでいる方の話をよく聞きます。

とりあえず、やってみりゃいいんじゃないですかね^^


100%、最初からは上手く行かないです。

早く儲けたい! 早く上達したい!という気持ちが強すぎると
必要以上に不安や焦りが出てきます。

儲けたい!という気持ちがなければFXをする意味がないのですが^^;
でも、そういう気持ちをひとまず横に置いておいて
手を動かしてみればいいんじゃないですかね。


過去チャートでの検証作業をしていて、
利益が出るようには思えない、利と損がトントンになる、

最初はそのくらいでちょうどいいんじゃないですかね。