懐かしい画像が出てきました(笑) ~パリス昼豚の5万円FX練習時代

2013-01-03_224313

2013-01-03_235416


日付を見ると、今年の1月3日のようです。
ForexTesterでの練習していたときの画像がPC内から出てきました^^;

当時はパリス昼豚さんの「5万円FX」で学んでいて、現在もその基礎が僕の中で生きています。

パリスさんの手法には「押し目買い・戻り売り・∨字・逆∨字・レンジブレイク」という5つのエントリーパターンがあるのですが、学びたての人が陥る罠(?)があって、

5分足を見てパターンになったからエントリー
というのをしてしまうんです。

で、結果が良くなくて「この手法ぜんぜん使えねー」となって、聖杯探しに出かけると(笑)。


でも、パリスさんの教材とか購入者サイトのQ&Aをよく読んでみると
エントリーパターンより先に学ぶべきものがあることが分かります。

それは「3つのシナリオ」を立てることです。

教材内でも、エントリーパターンよりかなり前に「シナリオの描き方」という項があり、
また、Q&Aでもパリスさんは「シナリオが描ければ仕掛け方は自ずと見えてくる」と仰っています。


上の画像を撮った当時、僕がまさに「3つのシナリオ」の描き方を練習しています。

日足・1時間足・5分足それぞれのチャート分析を統合するのは難しいですから、
5分足のタイムフレームを日足→1時間足と変更して、サポ・レジに線を引いたり、もみ合いそうな所に色塗ったりして、それを日足・1時間足にテンプレートとして貼り付けるというやり方をしています。

実際にトレードのタイミングを執行時間軸である5分足にも線や色が残るので
描いたシナリオを忘れにくくなります。


こういう練習をじっくり時間をかけてやりたいですね。