読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

カイジに学ぶFX・・・・・・・・・

  2017/01/13     

年末年始に、以前から読みたいと思っていた「賭博黙示録カイジ」を読んだ。

絵がアレな感じなので読まず嫌いをしていたんだけど(鼻とんがってるし)
読んでみるとなかなか面白い。

以前読んだ



ライアーゲームと似てる感じがした。
が、そっちは話がややこしすぎて読むのをやめてしまった。

カイジは下品な感じで、また面白い。



なんかこう、FXやる人たちに聞かせてあげたい話が多くある。

例えば、勝てないトレーダーってのはネット上とかの他人の話に気を取られるよね。
アホみたいな顔して、自称専業トレーダーみたいな人の話を鵜呑みにする。
ハナクソほじりながら。

余計なサイトを熱心に見て
信じるべきことを疑ったり
ゴミみたいな情報を信じたり
どっかの誰かさんが「売りだ」と言うと売りしか見えなくなったり
この商材はダメ、このFXスクールはダメとネットの書き込みを見ると
すぐに不安になって習ってる手法を捨ててジプシーに走ったり

とにかく自分の考えで行動できない人たち。

主人公のカイジもダメダメ人間だったんだけど
本当にダメな「おまいら」と異なる点は、心の底から後悔して反省して変わった、ということだと思う。

反省など所詮皆、口先だけ。
「すいませんでした」「反省してます」「以後気をつけます」言ったって、3日後には全て忘れてる。
そしてまた同じ過ちを繰り返す。死ぬまで。

「あー、ルール違反しちゃいましたー、反省してますー、次は絶対にやりませんー」
って言って3時間後にまた同じことをやらかす。甘すぎる。

でもカイジは借金背負って、負けたら死ぬゲームに参加して
そういう抜き差しならない状況に身を置いたからこそ、心底反省してこれまでの生き方を悔い改めた。

ネット情報に振り回されたり、腹の底から反省しない「おまいら」とは全然違う。


あと、






トレードで負けるのが恥だと考えたり、1回1回の勝ち負けに一喜一憂したりすることがある。
初心者・素人は特に。

そういうのも超どーでもいいことで
1回の負けで自分の人格が否定されたみたいに思う必要はないし
負けたってスマートなトレードじゃなくたって、金さえ増えてきゃいいわけで。

所詮、金のためにトレードをしている。メンツのためでは無い。

素人ほど、1回の負けでこの世の終わりみたいな顔をする。
そして3回負けると諦めて去るか、違う商材を買ってジプシーをする。

「どうすれば負けないですか」と、夢のようなアホのような質問を真顔でする。


でもこの話を知っていたからといって、すぐにこの境地に至れるわけじゃない。

やはりこれも、いつもすぐに諦める「おまいら」が覚悟を決めて、生まれ変わって
失敗と成功を何度も何度も経験して
そして至ることのできる境地なんだと思う。

6年くらい前までは僕も「おまいら」だったんだけど。




マンガは別に読まなくていいし、読むヒマがあったら過去チャート検証してりゃいいんだけど

深く覚悟するとか、いい意味で 自分をしっかり持つ とか
そういう1本芯が通ってるような気持ちが無いと、FXでは勝てるようにはならない。
博打であろうとFXであろうと、それは同じ。

あっちにふらふら、こっちにふらふらしてる人間は ダメ ということ。


なお、「いい意味で」と言ったのはこういう感じで変に自分を持っている人間がいるからだ。
勘違い野郎は除く、ということ。






  -  オススメ記事, メンタル

FXで「メンタルの問題」と言われているものの多くは、実は枚数を下げることで解消するものがほとんどです。欲が原因です。

  2017/01/11     

僕のFX勉強会の中で、ある日書いたこと。

一つの例。

例えば、1時間足で***できて
上昇トレンドだったのがいよいよ下降に変わるかな、というとき

5分足を見ると大きめに下降していて***で何度も止まっている、と。
で、そこから大きな戻しが無く下げるかもしれない、と。

こういうときに、例えば少ない枚数(3分の1)で売りを入れちゃってもいいです。

下に伸びていけば儲けものだし、ちょっと早いエントリーで上に戻してしまっても
3分の1枚で保有しているので精神的にも苦しくない。
戻したら***の所で3分の1とか3分の2の枚数でまた売ればいい。

今回は大きく戻さなかったので①で3分の1枚でエントリーしたらそのまま保有すればいいですし
②でいけると思ったら、再度分割で売ればいい。
①だけで保有していた場合、少ない枚数だから「待てる」。利を伸ばせる。

FXで「メンタルの問題」と言われているものの多くは、実は枚数を下げることで解消するものがほとんどです。
欲が原因です。

自信が無いときは小さい枚数で入ればいい。

それをせずに欲を優先させるから
「FXは危険!」
「ハイレバは危険!」
「メンタルが大事!」
と、アホみたいなことを抜かす輩がネット上に大嘘を書きまくるのです。

彼らは皆、欲で失敗した人間です。

2016-12-07_220630



結局ね、よくある負けパターンってあるじゃない。

上の画像は僕が実際にトレードしたものなんだけど
てっぺんから落ちてきた先の先で①の売りを入れている。

普通、こういうのはダメでしょ。
「伸び切った先じゃなくて戻りを待ってエントリーしなさい」というのがよくあるFX本に書いてある教えだし
もしくは「ブレイクでエントリーしなさい」と言うかもしれない。

でも僕は「先の先」で売っている。
しかも、その直後に30pipsの戻しを食らっている。
計画性がなくて①で全力Sしちゃう人は、②までの戻しで不安になって損切りしちゃう。
もしくは、ルール通りにエントリーと同時に入る20pipsとか30pipsのストップに引っかかって損切りになっちゃう。

でもそれは、僕の頭の中では「どうでもいいこと」と処理してしまう。

今すぐに落ちるか数時間後に落ちるか、半日後に落ちるかわからないけど
とにかくそのうちレートは「落ちる」のだから売ってしまう。

いったん戻しを食らうのも見越して、少ない枚数でエントリーする。
戻ったら「計画的なナンピン(分割エントリー)」をすれば良いだけのこと。
これでほぼ勝率100%。



え? 教えられた通りにマネしたけどナンピンで口座破綻したぞ、って?

それはおまいが計画性のないヘボトレーダーだからだろ。
以上。







  -  オススメ記事, トレード手法など

PAGE TOP