読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

うほっ、シンプルないいルール! ~波と水平線、ダウ理論①

  2014/02/16     

今回から数回に分けて「波と水平線」という記事を書きます。
本格的な?テクニカルな話です。

手法の分類としては「ダウ理論」です。

100年以上、世界中の投資家の間で使われてきました。
そして今なお機能している理論です。
最近のぽっと出のEAみたいに、賞味期限なんてものはありません。


マエストロFXで勉強をされている方にとっては、何かのヒントになるのでは?と感じます。
佐野先生の動画を見て、そこから何かを抽出する際に役に立つかもしれません。

また、パリス昼豚さんの手法でも、移動平均線以外にサポート・レジスタンスを求める方法として
きっと役に立つと思います。

パリスさんもその昔、チャートにラインを引きまくったと仰っていましたから。


2015-06-02_112637

さて、上の画像、
「抵抗となりそうなところ」はどれくらい隠されているでしょうか?

そこまでレートが進むのだけれど、ヒゲになったりして抑えられてしまうところです。


分かりやすいのは「直近高値・安値」ですね。
直近高値を超えられなかったから、直近安値を下抜けできなかったから、というのはよく聞きます。



2015-06-02_112654

を描いてみたらどうでしょうか。

上の画像では、かなり細かく波を描いています。
実際にトレードするときは、もっとゆったりとした波を描くことがあります。


先ほどの「直近高値・安値」というのは、波の「先端部」のことですよね。

2015-06-02_112707


たしかに、ここでも抵抗とはなり得ます。
しかし、一般的に、


2015-06-02_112724

こういう形のほうが抵抗が強かったりします。
レジスタンスがサポートに転換する形です。

なので、今後、ルールとしては
「サポートからレジスタンスへ、レジスタンスからサポートへ」水平線を描いていくことにします。

この話では、トレンドラインやチャネルライン等の斜めの線は使いません。
もっともシンプルな「水平線」のみを使います。


では、実際に高値・安値から水平線を引いてみます。

2015-06-02_112739

赤が「サポレジ転換」、青が「レジサポ転換」です。

波の先端はヒゲ先・実体の2とおりがあります。

水平線が効いているところもありますし、効いていないところもあります。
正確に言うと効いていないと言うよりは「抜けちゃった」、つまりそれだけ勢いが強いということになります。




さて、
これ以外にも水平線って引けないでしょうか?


まだ隠された抵抗があります。

ヒントは「高値安値(波の先端)の内側」です。


次回は「もう一つの抵抗」の話と、
そこから話を広げて、シナリオを描く、他時間軸での分析(環境認識)、複数時間軸の分析の統合

という話に入ってきます。







引っ張るのう。。













登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  トレード手法など

見つめるべきは「自分自身」

  2014/02/14     

先日の記事のコメント欄に書いたことと重複しますが、すごく大事なことだと思うので、記事にします。



大好きなある漫画家さんの影響でツイッターを始めました。

道行く人々をじっと見つめて、人間観察をしているような感覚が面白いです。(嫌なヤツでしょう^^;)



昨日、僕はこういう呟きをしました。

どの手法が、どの指標が、どの理論が「使えるか」という議論は、
最終的には全て「自分自身」という結論に達すると思う。
自分が何を信じるか、信じたものを過去チャートを使って自分でどれだけ確かめるか。
そして、トレードの上達は他人と比べるのではなく、常に「過去の自分」と比べるものだと思う。



上に行くのか、下に行くのか、損切りになった、なんでここで買った、経済ニュースがどうだの
非常にどうでも良い呟きをしている人たちの中で、

ただ一人、僕の言葉に反応してくれた方がいらっしゃいました^^


ネット上では各方面の方々から嫌がらせを受けることもありますが、
たまに出会う、僕と波長の合う人とだけとお付き合いできれば、それで満足だと考えています。



裁量トレードって、判断基準はけっこう「自分自身」のところがあって
一貫した根拠を持って自分が信じていることをやったらOK、
あとはそれをやり続けるだけだと思います。

◯◯さんと比べて自分は負け続けて…と凹む人がいますが、
それも比べるべきは他人ではなく「過去の自分自身」で、「スキルアップできたかどうか」と考えます。

同じような考え方で、先日の記事
甘すぎる心がみえみえだったので、率直に書きます。

の1~4の選択肢も自分が信じる道を進んでください、と言いたいです。

両手両足を投げ出して大の字に寝っ転がられて
「さぁmilkさん、私をサッサと専業トレーダーにして!」と他力本願な人が一番困ります^^;


ただ、妙に「自分」を持っていて、パリス昼豚さんが仰る メシマズ嫁 になっちゃう人も困りますが。


その辺はバランスが難しいですね。。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXトレーダーとして

PAGE TOP