読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

チャンスを逃さない

  2014/11/13     

僕は、先日でもうトレードは引退しました。

額はちょっと言えないのですが○○○円稼いだら辞めると決めていたので。

自転車に一度乗れたら乗りかたを忘れないのと一緒で
トレードも一度しっかりと身に付いたら、勉強会で教える分には全く問題ありません。
なので、勉強会は少なくともあと数年は続けます。


で、今回したいのは、そんな話ではなく

僕の修行時代の話。


僕の師匠に出会って、勉強会のSNSに入れてもらって。

その中で、トレードしたら毎回トレード報告をするんです。


パリス昼豚さんの教材をベースに勉強していました。
ただ、エントリーパターンを決めて、厳格にルール化して、ひたすらそのパターンを待つ練習をしていました。

でもその頃は会社勤めをしていたので夜しかチャートが見られず。

2週間くらいずっとチャンスが来ないこともありました。

やっとチャンスが来たと思っても、メシ食ってた、風呂入ってたで棒に振ることもありました。


他の準専業みたいな人で、毎日家にいるような人たちはチャンスが来ればチャンスを捕まえていました。
羨ましいと思いました。
邪魔な自分の仕事を呪いました。


SNSの中には、毎日のシナリオを投稿するページがありました。
シナリオを立てて、書き込んで、画像を貼って、アウトプットする。

そこにだけは毎日欠かさずシナリオを書き込んでいました。

焦らず、腐らず、は僕の精神力では無理でしたが
焦っても、腐っても、シナリオを書き続けました。


辛抱強く数ヶ月続けるうちに、チャンスが来るのか来ないのかが明確に感じられるようになりました。

もうすぐチャンスが来るっぽいから、まだ風呂入るのはやめよう。
もうすぐチャンスが来るっぽいから、まだ寝ないでチャートを見てよう。
もうすぐチャンスが来るっぽいから、今日の午前は有給を取ろう(おいおい)。


自分の都合ではなく、相場に合わせた生活ができるようになっていきました。

そこから、エントリー回数も徐々に増えていきました。
専業への道が開けました。




でも、その「辛抱強く数ヶ月続けるうちに」というのが、世の中の大多数の人はできないんです。

威勢がいいのは最初だけで、そのうちやめちゃう。続かない。
たったスライム3匹が倒せない。


簡単で明快なこの世の原理のはずなのですが、
なぜかできない人がたくさんいるんです。







登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXトレーダーとして, オススメ記事

やる気というのは「自分で出すもの」

  2014/11/04     

「どうすればやる気が出るのかなぁ~」みたいな方法を探し続ける人がいます。

たくさんいます。

頭の悪い考え方だと思います。


何かと似てるなと思ったんですが、FXの聖杯探しと同じなんですね。

儲かるインジケータ
楽して儲かるEA
簡単・シンプルな手法
1日1時間でお小遣い稼ぎ


そんなものはどこにも無いし、商材販売者と根性無しトレーダーの作り上げた幻想です。

得をするのは商材販売者のみです。


お金を儲けたかったら、手法・チャートと向き合うことを「やるしかない」んです。
多くの人は楽なことをやろうとする。核心に迫らずに、いつまでも外堀ばかり埋めようとする。

ひとことで言うと「根性が無い」。ひとことで言うと「ダメ人間」。


だから、

どうすればやる気が出るのかググって探す
心理とか自己啓発の本を買って読む
怪しげなセミナーに参加する
やる気が出るまで待つ


ということをアホヅラかいて、ハナクソほじってする。


やる気というのは幻想なのに。

多くの人は楽なことをやろうとする。核心に迫らずに、いつまでも外堀ばかり埋めようとする。



考えてないで、まずは手を動かせばやる気は自然と出てくる。

脳学者の頭モジャモジャの人も言っている。


根性というのは辛く苦しいものだけど、
根性ばかりでは長くは続かないんだけど、

でも、最初に必要なのはやっぱり根性。

お金儲けたい、○○ができるようになりたい、○○になりたい

そういう夢・希望があるんだったら、根性出して1日2時間・3時間
やるべきことをやらないといけない。

2014-11-03_082303


余計なこと考えずにやっていればそれは習慣化するから。
いずれ慣れが発生して、慣れはさらに加速するから。







まあ、根性無しのアホには何言ってもムダなんだけどね。

このブログをきちんと理解できる頭の良い方向けに書いてます。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP