読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

うほっ、シンプルないいルール! ~波と水平線、ダウ理論③

  2014/02/24     

先日の記事http://11235813213455.net/2015/02/19/post-843/の続きです。

この水平線手法、一部の人には好評だったようです^^

チャート上にゴテゴテとインジを表示させないと気が済まない人には不評でしょうし、
逆に、今回の手法を見てピン!とくる人もいます。

後者の方には「良いセンスしてるね!」とニヤニヤしながら言ってあげたい。



さて、
パリス昼豚さんの手法を学んでおられる方とやり取りをする中で、
僕がチャートを使ってある説明をしました。

そして「あ、このチャート、ブログでも使い回しできるじゃん」と思い
今、記事を書いております^^;

複数時間軸での環境認識は、僕がオススメしている教材
マエストロFXでも5万円FXでもとても重要なことです。

重要なことなのですが、ここで躓く方は多いですね。僕も以前はその一人でした。


正直、マエストロFXも5万円FXも、この部分に関しては抽象的だったりします。
「基本的にはこうですが、でもこういう場合もあります」みたいな。

おそらくほとんどの教材でそういう書き方をされていると思います。

確かに「裁量トレード」なので、システムトレードみたいに完全ルール化はできないのは分かりますが
学ぶ側にとっては「うーん。。それはそうなんだけどさ。。。」という感じになります(笑)
腑に落ちない感じです。

その重要かつ悩ましい複数時間軸での環境認識を、水平線ひとつでやってしまおうというのが
先日から記事で書いている手法というわけです。


前回までの記事で書いた「2つの水平線」を使います。

2014-02-23_235927

例えば、5万円FXで使うEURUSD1時間足チャート(MAは入っていません)。
どこでも良いのですが、昨日(日曜)時点のものです。


赤丸でサポートされ、上に向かいました。

①赤丸=長い陽線の根本 で「サポートされて上に行くかも?」と気づくことができます。
②行き着く先はどこでしょうか?


この2つの問いに対しては、

2014-02-23_235928

ルールどおりに水平線を引くと対処できます。


2014-02-24_005328

↑この赤丸についても、やはり
ルールどおり水平線を引くと、出発点と行き先を予想することができます。

2014-02-24_005651

↑こんな感じで。


時間軸に関係なくルールは適用できます。
同じく、5万円FXで使うEURUSD5分足チャートです。

201402240101101a7

この中にも「出発点と行き先」が隠されています。
そして、それを見えるようにするのが水平線です。

2014-02-24_000039

ルールどおりに水平線を引くと、安値がサポートされるところと
行き着く先が3箇所くらいに決まります。

3箇所での動きをじっと見つめて、跳ね返されたら利食えば良いわけです。



ルールどおりに水平線が引けるようになるためのトレーニングを、
勉強会として発足させました。

2014-02-24_023709


まだ人数は少ないですが、皆さん活発ですよ^^





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  トレード手法など

クラピカ理論 ~今日の一言的なアレ3

  2014/02/23     




クラピカ「迷ったらチャートの左を見るんだ」





物語はチャートの左側から始まっています。













登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢

PAGE TOP