読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

それぞれの想い112 ~大抵の人がそうですし、過去の僕もそうでしたが デモトレードやリアルトレード後に「一旦撤退します」ね。

  2015/11/05     

※皆さんからのお便りを紹介する趣旨はこちらに書いています。




milkさん

こんばんは。いつもお世話になります。

近況を報告させていただきます。

勉強会に参加させていただいてから、9ヶ月が経ちました。

まずは半年」のところまで勉強、検証、デモトレードを繰り返し近況報告をした後、milkさんのブログにも背中を押していただき、「まずはやってみる」と決意してリアルトレードを始めました。
宇宙兄弟のムッタが、あたかも月面にいるつもりで海底訓練を行ったことが書かれた「月面にいた」の記事が好きで、自分もリアルトレードしているつもりでデモトレードを行ったつもりでした。でも全然甘かったということがわかりました。本当に「やったつもり」でした。ポジションの損益を見てマイナスになると心臓がドキドキします。検証やデモでトレードに全勝することはないとわかっていても、負けトレードが許せず、おまけに負けが続くとエントリーに躊躇する自分がいます。負けて資金を減らすのが嫌で、エントリー見送りの理由を探したりしています。先日、ブログに登場された方、勉強会に入会して10ヶ月経過の段階で会社員の1ヶ月分の給料を1週間で稼いでいる方、とは大違いです。

検証も甘かったことが認識できました。結局、見えるチャートで後出しジャンケンのように、理由付けをうまくやっていただけではないのか、そう思えてきました。
milkさんが過去の記事で書いておられたように、過去のその瞬間瞬間を深く想像して検証するよう、心構えから変えていこうと思います。

明日から10月ですが、もう一度初心に返りFXと向き合っていきたいと思います。検証を繰り返し、ルール通りにトレードをする。結果として資金が増えている。そういう普通に稼げるトレーダーになれるよう、やるべきことをやっていこうと思います。

九州でも、朝晩は涼しいどころか寒く感じるようになってきました。体調管理には留意しているところですが、milkさんにおかれましても、季節柄、ご自愛ください。

これからも、よろしくお願い致します。




大抵の人がそうですし、過去の僕もそうでしたが
デモトレードやリアルトレード後に「一旦撤退します」ね。


過去チャートで検証をしてみて、上手くいって
(これすら上手くいかないルールなのは論外。勉強会参加の方はすぐにクリアするはずです。)

いざデモトレードへ。

そこで、検証では全然気づかなかったことに気づきます。


都合のいい、勝ちトレードばかりの検証をしていた
エントリーまでの待ち時間が長い
メシ食っててチャンスを見逃した
クソしてたらチャンスを見逃した
フロ入っててチャンスを見逃した
寝てたらチャンスを見逃した
月に数トレードしかできずに、しかも運悪く負けトレードばかりに出くわした
嫁さんに怒られた





で、どうするか。


リアルをやってみて気づいたことというのは超大事なことですから
それを踏まえてまた検証してみるとか、自分ルールを作ってみるとか
あるいはチャンスをできるだけ見逃さないような工夫をしてみるとか。

一歩戻ってみて、「もう一度ちゃんと整理する」というのも大事ですね。


リアルをやってみて、改めてその厳しさを体感してみて
また気合を入れ直して再出発する、みたいな。

「歌手を目指して上京したんだけど、世間の厳しさを知りました」という若者みたいな。(謎)



オススメしているのではなく「そういうのもアリですよ~」と言っています。


というのは、効率の良い進歩の仕方というのは、人それぞれだと思うからです。

要領の良さだけでなく、運も絡むと思います。



成功するまでの期間は、人それぞれです。

僕は他人より遅かったですが
人によっては学び始めて数ヶ月で成功するかもしれません。

検証→デモ→リアル の順でやっていくのであれば
検証の部分に半年も1年も2年も費やすことで「ムダ時間」になって、その後の成長を妨げることもあるかもしれません。
一生ベンチ君みたいに。

逆に、検証をないがしろにしてしまってすぐにトレードしたがる人だと
もうその時点で「終わっています」し。


世の中には「要領のいい人」がいて、ホント嫌にやっちゃうのですが

そういう人以外は、たぶんみんな

「あぁ、あのときこうやっていれば良かったんだよなぁ・・・」


と後から気付くんですよね。で、毎回修正する。

なので、後で後悔しないで最初から「こうやっていれば」を選べるかどうかというのは なんですよ。


一部の天才や、一部の運が良い人以外は
PDCAサイクル的なものでコツコツと上達していくのだと思います。


失敗と成功を繰り返して。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  お便り紹介

「センス」と「機能する」2

  2015/11/04     

前回の続き。


ルールを作ろうとするときに
こんな感じでラインを引くじゃないですか。

自画自賛ですが、このラインは効くことが多いし良いルールだと思います。
ブログをご覧になって試してみてすげぇ!と仰る方もいます。



で、過去チャートを見てみて「儲かった」とか「損した」とか「効いた」とか「効かなかった」とかやるわけです。

そしたら、自信を持って「これは効く!」と思って引いたラインでも全然効かずに
逆に全くノーマークだったの所で跳ね返されて損切り、なんてことも何度も起こる。


心の何処かで無意識?に常に100%の確実性を求めちゃってるものだから
検証が続かない。

5時間、10時間くらいやった所で「この手法はダメなんじゃないか?」と思って脱落していく。

100人いたら80~90人がそうなる。
もういいやと思って大多数の人が怠けて検証すらしなくなる。

残った辛抱強い人たちも、不安なもんだからコロコロとルールを変更したりする。
一定のルールで検証し続けることができない。
最初のルールからどんどんズレていく。検証にならない。

もしくは「水平線のルールだけじゃダメだ」という結論に至って
なんやらかんやらとインジケータをチャートに付け加えていく。

こういうのを過剰最適化という。



こういうのって、手法がどうのこうのというよりは「自分との戦い」みたいなもので。

チャートと向き合うというのは実は「自分と向き合う」にイコールなのだと
僕は勝手に思っています。

だから人生テキトーに生きてる人とか
100%の確実性を求める完璧主義の人などは、永遠に勝ちには辿りつけません。

上の「すげぇ!」の人も、同様の理由で勝ちには辿りつけないはずです。(その後、音沙汰無いですし。)




さて。

例えば次のようなチャートで。

2015-10-26_200010


僕のFX勉強会で教えている手法では

2015-10-26_202502

こんな感じでルール通りにラインを引いたりするのですが、全然効いていません。
赤丸の部分で惜しい所まで行っていますが、あまり効いているようには見えません。

じゃあ、僕の手法はダメかといえば、そんなことはなく。

勝率100%では当然ないですが、みんなと同じ所でエントリーできました! 勝てました!と多くの人が言っています。



もうちょっと機転を利かせて

2015-10-26_202900

このようにラインを引くこともできます。

でも、毎回こんな上手いラインを引けるかといえば
それはローソクの形によっては全然引けないでエントリーできずに悔しい思いをすることもあるし

もしくは、このラインを引いたことで
逆に「エントリーできてしまって」そのトレードがたまたま損切りになることもあります。



さらに言えば

2015-10-26_213203

勉強会で昔教えていた旧手法の、フィボ91%を知っておけばラインなど引かなくても解決できますし

2015-10-26_203658

お馴染みの61.8と2/3戻しとも見えます。


ちなみに91%は

2015-10-26_203734

逆側でもしっかり効いています。



これを見た人は「水平線を捨ててフィボを検証しよう。そのほうが儲かりそう。」
と思うじゃないですか。


でも、その検証をし始めた途端、にぶち当たります。

そもそもフィボってどっから当てるんだ??
基点が自由に設定できるからややこしい。
61.8~2/3でまで行くときもあれば半値で止まるときもある。
どの数値も機能しないときがある。


もうこの時点でグチャグチャになります。

絶望感しかない。

「様々な角度から物事を見ていたら自分を見失ってた」
という昔の歌がありますけど、まさにその状態になります(笑)


そういう意味では「自分でやる」よりは
僕のとこみたいな勉強会に参加して、きちんと「教えてもらう」というのがFXで儲かるまでの一番の近道だったりします。







FXの達人がよく言います。

手法は何でもいい

と。


僕はそれは真実だと思うのですが
一方で、誤解が生まれる言葉だとも思います。

「何でもいい」というよりは

どんなものでも機能するときはするし、しないときは全くしない
そんなことは人間には不可知である
未来にどうなるかなんて知る必要は全く無い


ということなんだと僕は思うのですが。





あと、僕が尊敬するパリス昼豚さんがよく仰る「足るを知る」というのも大事なんだと思います。

(参考)
足るを知る者は富み、強めて行なう者は志有り(老子)
損失を受け入れられない?




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢

PAGE TOP