読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード手法など 」 一覧

フィボナッチとエリオット波動とMA(移動平均線)で行うチャート分析 ~勝てるトレーダーになるための 1

  2018/03/15     

FX勉強会で教えている内容の1000分の1くらいを、ブログでおすそ分けする。


ポンド円1時間足。
全体的には下降トレンドで、大きめの戻しになってきた局面。

まず、エリオット波動をカウントする。
小難しいことは考えなくて良いので、0番から番号を振っていく。



エリオットについては、
0-1が1波、1-2が2波、2-3が3波、3-4が4波、4-5が5波とカウントする。

いつもそうなるわけではないが、一応1波~5波の特性を以下に簡単に書く。

1波:突発的で急な動き
2波:ジグザグに動く。トレードするのは危険なので注意。
3波:トレンド内で最も美味しい。力強く、長く一方向への動きが発生する。
4波:ジグザグに動く。トレードするのは危険なので注意。
5波:トレンドの終わり。

上図で「3」と書いている所とMA(移動平均線)がぶつかっている。
このMAのパラメータは200で、世界中の多くのトレーダーが使用している数値。

直近で200MAから落ちてきた所を高値とし、付近の最安値までのフィボナッチ・リトレースメントをとると



61.8%ともピッタリと重なる。
(他にもヒミツのトレンドラインが複数引けるが・・・。)

よってここから売り。

そして、実際に売りをして利益を出したのがこれ



上昇4波(3-4番)の中にも、小さな下降エリオットがある。



2波と4波はジグザグに動くことが多いため、このようになりやすい。

大きい視点(チャート画面全体)からいえば、ここは下降トレンドの戻り目である。
よって3番の、複数のものが重なるポイントで戻りが終わり、再下降が始まるはずである。

通常であればエリオット波動は3波が最も力強い動きをする。
よって「ここから再下降があるならば」、(2)―(3)の下降3波が強く出るはず。
しかし、結局大きな下降にならず、しかも小さな下降5波までが完了してしまい
直後に大きく200MAまで戻してしまった。

また、ここは上昇4波(3-4番)であるため、売るなら5波(4-5番)まで完了してからにしたい。



次回へ続く。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

(トレード手法)FXにおけるトレンド戦略とレンジ戦略、あと縦軸・横軸の話

  2017/12/25     

常識といえば常識なので書くのも恥ずかしいんだけど
勝ててるトレーダーはこんなブログは見てないと思うので初心者向に書く。ネタが切れたから

1時間足と5分足さえ見てればFXでは勝てるんだが
環境認識を行う1時間足が現在



こんな感じだったとする。

①の所では売れる。
強く下げた後の戻しで売るのは相場の流れに沿った行為だから。

もっと言えば、①の地点はフィボナッチの50%だし
僕のFX勉強会に参加している人とか、僕の特典動画を見た人ならわかると思うけど
①は「例のあのライン」が通ってるから。

だからこのポイントで売って成功した人が多いんだよね。


では②付近ではどのような戦略を取れば良いか。

一応全体的に下げてはいるので売るかといえば、そういう簡単なものでもなく
ライン引いたりフィボ当てたり、その他いろいろと「勝てる手法・ルール」で分析しなきゃいけない。
素人の思いつき手法では対処できない。

ただ、一つ言えるのは「レンジだから、トレンドの戦略を使うと負けやすい」ということ。

でも、手を出しちゃうんだよね。5分足しか見てないから。
1時間で大きい視点で「レンジである」ことをちゃんと理解していたら待てる。
でも、まだ未熟で5分ガン見なので、5分で上がってきたサキッポで買ったり、下がってきたサキッポで売ったりする。
5分のサキッポはつまり、1時間ではレンジの真ん中付近になる。

レンジの真ん中ではトレンド戦略は通用しづらい。

①のポイントのように戻り目を待って売っても



下がらないことが多い。
レンジ相場では基本的に「レンジの下から買って上から売る」。真ん中で手を出すとロクなことがない。


僕がFXをやり始めた8~9年前くらい?を思い出すと
こんなトレードの初歩的なことも知らずに、前職の退職金をぶっこんで一晩で失ったことがある。
本当にアホだと思うけど、

でも、僕と同じくこんな初歩を知らずに「億万長者になってやろう」的なアホが世界中にゴマンといるんだよね。
今考えると、ほんと信じられん。



あと、余談で
最初の①での売りではなく



もし、強い下落直後に50%とか60%くらいまでの戻しがあったらどうか。(矢印のような感じで)
売るか・売らないか。

単純な話ではなくルールに従って環境認識はしなければいけないけど
一つ言えるのは「あまり積極的に売らないほうがいいんじゃないか」ということ。

多くの人は縦軸(価格)しか見ない。
でも、相場には横軸(時間)もある。
①までの戻しは「ちゃんと時間をかけて」戻しているが、今回の矢印の「急激な戻し」には、それが無い。


こんなことも初歩なんだけど
こんな初歩を知らずに「億万長者になってやろう」的なアホが世界中にゴマンといるんだよね。ほんと信じられん。



以上。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

PAGE TOP