読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード手法など 」 一覧

フィボナッチとエリオット波動とMA(移動平均線)で行うチャート分析 ~勝てるトレーダーになるための 3

  2018/03/26     

(※本記事は2018.3.20に書いて予約投稿したもの。その後の相場がどーなってようと知らん。)


まさかの3回目。前回の続き。

トレードで「すごく使えること」を話しているつもりだけど
僕がいつも疲れるのは、人が聖杯を教えてあげてるのに

( ゚д゚)ポカーン

とアホヅラこいて、凄さをまるで理解してない素人相手に話をすること。

FXに手を出してしまった素人につかまって、飲み会の席とかで教えるときによくある。
楽に儲けたい、100%の勝率で儲けたい、何もモノ考えずに機会的ルールでトレードしたい
という

思考停止の怠け者

が世の中には大変多いので、僕が「こうやったら儲かりますよー」って教えても
右の耳から左の耳にスーっとすり抜けていっちゃうアホウが大半。
馬の耳に念仏。
と、言ったら馬に申し訳ないほどのレベル。
話の通じない宇宙人と話をするのは殺人的に疲れる。

なので、本気でFXで専業になりたい人とか、僕の勉強会で真面目に学んでいる人とか
そういう人がこのブログを見ればいい。

それ以外のやる気の無い人はお帰りください。お互いに時間のムダだろうから。



さて。

前回は



縦線の部分だったが、その後のチャートがだいぶ出来上がってきた。(ポンド円1時間足)
ポンドはいい。テクニカル通りに動きやすい。


って、

赤のエリオット番号が5まで終わったのにまだ上昇してるじゃん!
5番まで行ったら今度は下降が始まるんだろ?!
お前の言ってること嘘じゃん!
全然テクニカル通りに動かねーじゃん!
全然使えねーよ!


って思う人いるよね。

エリオットが5波まで終了したにも関わらず、
その後どんどん高値・安値が更新してトレンドが進むことがある。

そういうときに「確認しておくべき法則」がある。

それは、一つ上の時間軸を見ること。
エリオット無視でどんどん高値更新になっている相場というのは
一つ上の時間軸では3波になっていることが多い。



この画像は4時間足で、確かに3波が上に伸びている。
このことは僕のFX勉強会の週末動画でも予測して解説していたはず。

一応4時間足の200MAで値動きが一段落ついているが
今後どこまで上昇する可能性があるのかは、勉強会内で使っている「あるもの」で測ることができる。
(こんなブログで教える気はサラサラ無いけど

我々の分析では「少なくとも150円までの上昇はあるのではないか?」
ということはなっている。



現在は



大きな下降エリオット4波の中の上昇4波、だった(赤の囲み部分)。

4波は上下に振られる動きをしやすいのでトレードが難しい。
しかも、赤囲み部分は「4波の中の4波」だ。
つまり、「難しい相場の中の難しい相場」だ。
よって、ノートレードにするか、よっぽど条件の良い所でしかトレードしないか、のどちらかにするべき。

僕も勉強会の動画の中で、リアルタイムで「この辺はわからんねー」「俺だったら手を出さんが」
みたいなことを言って解説したはず。

でも手を出しちゃって負けちゃった人がいる。(少数だけど)
また、ルール無視でクソトレードをした人もいる。
要反省。もしくはFX引退するべき。


でも、ちゃんと赤文字の4番からの上昇を取れた人もいる。(一部紹介)




ちなみに、画像の中でエリオットの番号を書いているのは
うちの勉強会に参加されている本職の方が作っている。
買って使ってみるといい。

MT4用インジケータ「STAMP」 (スタンプ)







登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

フィボナッチとエリオット波動とMA(移動平均線)で行うチャート分析 ~勝てるトレーダーになるための 2

  2018/03/19     

前回の続き。

ここで行っている分析は、あくまでFX勉強会内で教えていることの「簡易版」
勉強会ではさらにいくつかの分析ツールを使って、相場で有利に立ち回れるような分析をする。





上昇4波(3-4番)の中の下降5波が完了しても、直近上昇のフィボナッチ61.8%にすら届いていない。(①)
下降の勢いが強いのであれば、3波((2)-(3)番)で突き抜けるはずである。
さらに直後に大きく200MAまで戻している。

200MAに達して、しかも



a・b・cと三尊天井のように力を溜めてから再度落ちている。よくある形。
また、上昇エリオット5波完了からの下降である。
ここから強い下降となる可能性がある。

しかし、結局はフィボナッチ50%(②)までしか行けずに、しかも直後に急激に戻されて(上昇して)しまった。
(他にもヒミツのトレンドラインが複数引けるが・・・。)


下げるべき所から下げず、ローソク足の動きを見ても、直近は上昇の力が強いことがわかる。
さらに、



200MAが何度も「攻撃」されている。
そして最後にはローソクが200MAの上に「突き抜け」、さらに「乗っかっている」。

ここまで来ると売ってはいけない相場であることがわかる。(もうちょっと前からわかるけどね)


この付近で買いを入れた方々。








天才!

たけしの元気が出るテレビ。





まさかの第3回



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

PAGE TOP