読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード手法など 」 一覧

勝てるFXトレーダーのトレンドラインの引き方・手法2

  2018/05/28     

前回の続き。

前回の話の重要さに比べたら、今回の話題は「具体的」ではあるが重要度は下がる。
でも「トレンドラインの引き方」というタイトルを付けてしまったので、一応書く。

ポンド円1時間足チャート

詳しくは覚えていないが
チャートの「ここらへん」にいるときに、僕は画像のようなラインを引いていた。



大まかに、トレンドラインを引く際には3つのルールがある。

まずは「ヒゲ先で引かないこと」。
どこで習ってきたか分からないが、ヒゲ先で引きたがる人がいる。

こんな感じで。



僕の勉強会で教えている手法はそのような思想では設計されていないため、別のやり方をされては困る。

このようなトレンドラインの引き方では、トレードでほとんど使えない。
そうではなく、ローソク群のヒゲや実体に食い込ませ気味で引く。

さらに、もう一つのルール「太いラインで引く」というのもある。

引いたトレンドラインが、その後の相場でピンポイントで正確に効く、なんてことは滅多にない。
トレンドラインは細い一本の線なのではなく、「だいたいこの辺が抵抗になる」という幅広の帯としてチャート内に存在する。
だからMT4の最も太い幅(5段階目)で引く。
つまり上の画像は2つの点で間違ったトレンドラインの引き方をしていることになる。

さらに細かいことを言うと



(本当はもう少しあるが)いくつかのポイントを意識してトレンドラインを引いている。
不自然にならないくらいに、ヒゲ先等、目立つポイントをできるだけ多くトレンドラインに含めるように引く。

すると、どうなるか。



トレンドラインを伸ばした先で売りポイントが見えてくる。
もしそのポイントでエントリーパターンとなれば、売ればいい。
先日紹介したFX勉強会参加者の売りトレードは、ここからの下げを狙ったもの。

もしくは、トレンドライン上の別のポイントからの



このような売りをしている人もいた。



次回に続く。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

勝てるFXトレーダーのトレンドラインの引き方・手法1

  2018/05/24     

トレンドラインには「引き方」というものがある。
よく素人トレーダーがやるような、当てずっぽう、適当な独り善がりアレンジではマトモなトレードをすることはできない。

なお、今回紹介するトレンドラインの引き方は、あくまで「多くあるやり方の一つ」に過ぎない。

このやり方が唯一正しいものではない。
そのときの相場によって調整することも必要も出てくるし、そのトレーダーの手法によっても引き方は異なる。

トレード手法の根底には「思想」がある。
プロが作ったAという思想を持ったトレード手法があったとして、それが分からずに適当にBというトレンドラインを用いると
それは「違う」ということになる。チグハグになる。
Aという思想に基づいて設計された手法をしているのだから、当然それに合ったAというトレンドラインを引くべきだ。

だから僕はこういう教わった通りのチャート設定ができない人が許せない。
根本的なことを何も知らずに、素人レベルで偉そうなことを言っているからだ。
井の中の蛙は大海を知らないからだ。

そういえば最近もうちのFX勉強会内で、チャート設定を指定しているものから変え
そして推奨しているFX業者のデモ口座以外のものでトレードしているアホを見つけた。
(遠回しに僕に言われて慌てて業者だけは変えたようだが、肝心のチャート背景色が変わっていない。)
勉強する気が無いのだと思う。
モノを教わるときというのは、いったん「自分」を捨てて、教わったことを素直に受け入れることが絶対に必要になる。
それが出来ない人間は、一生素人トレーダー止まりとなる。

バカ舌のくせに知ったかぶりをするホリエモンみたいなのはやめたほうがいい。



恥をかくだけだし、何の成長も得られない。
人間、素直が一番。




さて。

相変わらず前置きが長いのだが
っていうか、これから話すトレンドラインの話よりも、ここまでの「思想」「学ぶときの心構え」のほうが1億倍大事なんだけどね。

そういう部分をないがしろにする奴にいくら手法を教えてもモノにならないから。
でも、ダメな奴というのは「そんな前置きどーでもいいから」と言って、手法部分のみ聞きたがる。
そういうアンタの態度が、それまでの「トレードで全く勝てない満たされないアンタ自身」を生み出してきたことに気付いていない。
だからそういう奴は一生勝てないんだよ。


本題に入ろうと思ったが、書きすぎて疲れたのでまた次回。(なんだと?)






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

PAGE TOP