読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード手法など 」 一覧

利を伸ばすFXトレードの考え方2 まんこ

  2017/03/10     

まんこという言葉に意味は無し。


前回のあらすじとしては、一言で言えば



和尚、死ね

ということだった。


「損小利大こそ正義」という洗脳を解き放って、正常なマインドでトレードと向き合ったとき
そこがアナタのトレーダーとしてのスタート地点だということ。

別に僕は利を伸ばさなくていい、と言っているのではない。
利益はできるだけ伸びたほうがいいに決まっている。

だから、エントリーしたらできるだけ我慢して保有してみる。

ただし、トレードには「伸ばす所」と「サッサと利食う所」の2つが存在する。
だから「サッサと利食う所」でアホみたいに我慢して保有し続ける人はアホだし
「伸ばす所」でビビってすぐに決済するのも勿体無い。

その部分に関しては、今回の記事のテーマからは外れる。

僕の勉強会に参加するか、他の信用できるトレーダーから教えてもらうか
単に「どの信頼できる手法を選択するか」という問題なので。



さて、ここからが本題。

ここに2つのトレードがある。どちらも勝ちトレード。

FX勉強会参加者さんが行った+18pipsの売り


僕の行った約40pipsの売り


2つのトレードを1枚のチャートに重ねてみると、こんな感じ。


青が18pips、赤が40pips。

エントリーポイントのズレはどうでもいい。
重要なのは「エントリーしたポイントから利益が出たかどうか」という事実なので。

どちらのトレードも利益が出ているので「正しい」エントリーポイントだった、ということになる。

エントリーする前から自分が「そこで利食う」と決めていたのなら、そこで利食えばいい。
決済した後で伸びていったとしても、それは「足るを知る」という言葉一つで片付けられる。


でも、どうせ取るんだったら18pipsより40pipsを取りたいと、誰もが思う。
「より損小利大にしなくちゃ」「利を伸ばさなくちゃ」と思う。
そしてトレード後に「もっと保有しておけばよかった」「次はもう少し我慢する」という反省をノートに書く。

「足るを知る」を知らずに必要以上に悔やむことはしなくて良いが、利を伸ばす努力は必要。


ダメトレーダーでよくあるのが

・利食った後でグイグイと伸びていった
・勿体無い
・後悔
・次はもっと利食いを待つ
・待てなかった
・次は根性で利食いを待つ
・今回は待てた
・でも、待っていたら利益がマイナスになってしまった


という一連の流れ。

これだと永久に上手くいかない。
なぜなら不自然な流れだから。

やせ我慢をして、利食いたいのに利食いせずに
そしてせっかくプラスだったのが利食いを待ったことでマイナスになってしまった

これって単なるアホだよね?

損をするために利食いをガマンするんですか? と。
違うよね。
利益を大きくさせたいから利食いをガマンするんだよね。

だったら、こんなガマンは本末転倒でしょ? と。


成功体験

が大事なんだよね?

さっきも言った。
「エントリーしたポイントから利益が出たかどうか」が重要。

なので、利大とかどうでもいいので、とにかくルール通りにひたすらエントリーする。
ちゃんと利益が出るポイントを選んで。
「自分がエントリーしたポイントから80~90%の確率で毎回利益が出る」それを確認する。
何度も何度も何度も何度も。

10回じゃ足りない。100回とか1000回とか、徹底的に確認する。

そうすれば自然と利が伸ばせるようになるよ。
だって、自分のエントリーに絶対的な信頼感がおけるようになるんだから。


そうじゃなくて、ただひたすら根性で
「世の中では損小利大損小利大と言われているから、利大にするのが正しい」ばかりで
アホみたいに我慢して、勝てるという根拠とか信頼感が無いのに保有し続けてガマンして

それって変でしょ?

ってこと。

変だと思うよね? 今の僕の話を聞いて。

でも、かなりの人達が、こういう変なことをやってるよ?
巷に何千・何万とある素人のFXブログを見てごらんよ。
「今日は勝てませんでした」
「今日は5pipsしか取れませんでした」
「利食いが苦手」
「利食った後で50pips伸びていった」
「なんでガマンできねーんだこんちくしょう」

こういうのが延々と書かれている。

そりゃそうだよ。
素人が作った思いつき手法でトレードしていて
そもそもエントリーポイントからほとんど利益が出ずに
「利益が出ました」という成功体験皆無で

で、損小利大が正しいからという理由だけで長々と保有し続けている。

そんなのは不自然な学習の仕方なので、1万回トレードしたって上達には結びつかない。


「正しい学習をしましょう」と、僕はブログの中で何度も書き続けている。

トレードはおまじないでは無い。
お祈りしていれば自然と不思議な特殊能力で1億円を儲ける力が身につくものでは無い。
特に利を伸ばすことについては、成功体験を根気強く積み重ねて
「保有していても大丈夫」と自分に十分に思い込ませる必要がある。

それ以外は何やっても無意味。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

利を伸ばすFXトレードの考え方1 ちんこ

  2017/03/08     

ちんこという言葉に意味は無し。


FXをする人にとって「利を伸ばす」というのは常に悩みのタネなんだけど
これがいろいろと厄介な問題を抱えていると僕は思う。

FXで勝てない人が泣きながら勝ち方をネットで調べていると

・損小利大でなければいけません
・利食いはできるだけ遅らせなければいけません
・損小利大の王道トレードこそ至高

というサイトばかりが目につき、それに洗脳されてしまう。

僕自身はこのブログで何度か書いている通り
無理に損小利大にしなくても、トレーダーとして稼ぎ続けることができると考えている。
それは今も変わらないし、真理だと思う。

逆に、損小利大「でなければいけない」みたいなことに囚われてしまうと、自由な考え方ができなくなる。

誰でも利益は早く確定させたい。
現在20pipsまで伸びている利益を、目標の30pipsまで待たずに
10pipsとか建値まで減ってしまうのが嫌だから「今」確定させたい。

プロスペクト理論とか言うんだろうけど、それについての本を読んだことがないので僕は知らない。
っていうか、んなこと知らなくてもフツーにおまいらより勝てている僕がここにいる。

逆に、そういうナントカ理論みたいなのを知って頭でっかちになると
良いトレードができなくなったり



「自称プロトレーダー」みたいなのに捕まって
アフィリリンクを踏まされたり、セミナーやら商材研究に多大なお金と時間を費やすことになる。

損小利大がどうのこうのという直接的な問題もあるけど
こういう間接的な問題もごった煮になっているので
だからさっき僕は「いろいろと厄介な問題を抱えている」と言った。


ネット情報は危険だ。

純粋に「FXで勝てるようになりたい」と思って
あれやこれやを検索して調べて、そういうアンテナの高い人ほど、変な情報に洗脳される。

いらない メンタル本とか引き寄せ的な本を買わされ
それを読む自分マジメでかっこいいーZE☆ となり
そして頭でっかちでトレード下手くそな人になっていく。

勉強した気になり、でも、全然実力がついていない自分に気づき絶望する。
ムダな勉強に費やした時間を後から計算してみて、さらに絶望する。

時間と労力の無駄遣いも危険な行為なんだけど
もっと危険なのは

損小利大でなければならないという固定観念

なのだと思う。

僕がFXで勝てない人に教えるとき
「損小利大とか気にしなくていいよ、大丈夫だよ」と言っても、話が全然通じないときがある。
「損小利大とか気にしなくていいから、教えた通りに、ルール通りにトレードしてみてね」と言うと
頑なに

損切り位置がここだから・・・
利食い目標は最低でも2倍のこの位置にしないと・・・
と、そのバカ その人は独りで勝手なルールを変え始める。

いやいやいやいやいやいや、そーじゃなくて。

そんなこと僕は一切教えてないでしょ?
リスクリワードとかどーでもいいから、教えたルール通りにやれよ、って。

でも、何年も「損小利大は正義(ジャスティス)」と教え込まれて洗脳されてきた人に
僕が言うことはなかなか通じない。


あのね。

損小利大は確かに大事だよ。
利小よりも、そりゃ利大がいいに決まってんじゃん。

でもね。

アンタが今やることは、ソレじゃないんだよ。
アンタはソレをやるレベルにも達してない、ただのド素人なんだよ。
だからソレをやる前に、ド素人を卒業するために今やらなきゃいけないお勉強が他にあるんだよ。

と、僕は言いたいんだよ。


クソ長くなってきたので、本題の部分は次回。


次回の予約投稿分




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

PAGE TOP