読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード手法など 」 一覧

MT4・MT5用エリオット波動分析補助インジケータ「STAMP(仮)」

  2017/02/26     

僕のFX勉強会に参加している方が、インジケータを作成中です。
ReviewCandleChartの作者。

うちの勉強会で教えているフィボトレードという手法では、エリオット波動も使います。

エリオット波動と聞いて

ウゲェ!

と思われる方もいるでしょう。

先日もオカルトと言われてしまいましたから(笑)
(この方は、今はマジメに学習中ですよ)

僕はいつもブログで「素人の思いつき手法はダメだ」と言っています。
FXで稼げないドシロウトが、独り善がりの思いつきで手法を作っても、所詮ガラクタでしかありません。
そういうレベルではエリオット波動は「使い物にならないオカルトの類」と言えます。

しかし、ちゃんと稼げているプロのトレーダーが手法を組み立てると

勝てました
勝てました
勝てました


となる。

要は、どのようなチャート分析法も「使い方」ひとつで変わります。


前置きが長くなりましたが
今回作成中のインジケータは、こんなやつ。


もうね、サクサク動きます。非常に快適。

ForexTesterにも似たような機能があります。
それをすごくシンプルで使いやすい形で、MT4・MT5に実現した感じです。

作者さんは、これ以上の複雑なインジケータも作れる能力は持っています。
でも、僕が「シンプルにしてください」と注文をつけたので、こんな感じでシンプルになっています。
ハデなインジ使っても意味ないんで。

チャート見て、自分の頭で考えて、軸がブレないルールでトレードとか検証をし続けて
それを何度も何度も何度も繰り返し、勝てるトレーダーになる訓練をしていく。
コレ、大事。
そのためにはシンプルで使いやすいインジケータを使うのがいいです。


正式に発売になったら、またブログで宣伝します。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  トレード手法など

「10pips抜きましょう」は正しいし、最強のトレード手法だと思う

  2017/01/25     

「FX 10pips抜き」とかいうキーワードで検索してみるじゃん。

そしたら、たくさんのサイトがヒットして
自称「上手いトレーダー」が、あーでもないこーでもないとウンチクたれてるわけです。



アフィリリンクを貼って。



FXで勝てないで悩んでる人が検索して「そういうサイト」に行き当たって

あー、やっぱ10pips抜きってダメなんだ
損小利大じゃなきゃダメなんだ


と、固定観念を植え付けられる。

目の付け所は良かったのに
なんと世知辛い世の中。


結論から言うと、10pips抜きというのは正しい
ただし、「1日10pips抜きましょう」は必ずしも正しくない。

例えば、夜の3時間しかチャートを見れない人がいたとする。
そういう人がよくある「1日○○pipsコツコツと取りましょう」のマニュアル見ながらトレードしたって上手くいくはずがない。
だって、その3時間に都合よく○○pips抜けるポイントがあるなんてことは無いんだから。

チャンスがあるか・ないか、なんてのは相場が決めることで
それが夜の数時間とは限らないし、いつも同じ時間にチャンスがあるわけじゃない。

チャンスじゃないのに「1日○○pips取るのがルールだから」といって無理矢理トレードすると
そりゃ、負けるわな。
10pips取るどころか、上から下からエントリーするたびに逆行して1日で数十pipsを失うことになる。
永久にお金持ちにはなれない。


僕が「10pips抜きは正しい」と言ってるのは

高確率で抜けるポイントで

抜くのは正しい、と言っている。
高確率で抜けるポイントは、毎日の固定された自分のトレード時間にやってくるとは限らない。

例えばここに書いてる、僕がやってるFX勉強会の手法でのエントリーポイント



これは思いつきトレードではなく、全て一定のルールに従ったトレードをしている。

合計256pipsのトレードポイントだけれど
別にこれを全て取らなければいけないわけじゃなく
しかも、1回のトレードで数十pipsも利確を待つ必要もない。

例えば



○のポイントで売るのは、僕の教えている手法的には高確率で勝てるポイントなんだけども



50pips取れると思っているのなら青○の所まで
100pips取れると思っているのなら緑○の所まで保有して待たなきゃいけない。

環境認識的には「そこまで行く」と思って保有するんだけど
そこまで行くかどうかは相場が決めることなので



目的地まで行かずに跳ね返るかもしれないし
途中で長ーーーーく揉み合って、トレード計画外の「余計なこと」をしたくなるかもしれないし
長ーーーーーーい揉み合いを待った挙句、ポイントまで到達しないかもしれない。

そんなことは誰にもわからない。

だったら



「ここ」で100%に近い勝率で10pipsを取ってしまったら
あとは、その先何が起ころうと関係ないでしょ、というわけです。

勝てるかどうかよくわからない揉み合ってる所で手を出すから負けるし
「損小利大にしなきゃ」と思って長ーーーく保有しているから迷いが生じるし
長ーーーく保有した後で負けたりクソみたいな利益に終わったりしたときのイライラ感とか脱力感は半端ない。

長く我慢できたからエライわけじゃない。
損小利大にできたからエライわけじゃない。

儲けた人が一番偉い。

もっと言うなら

できるだけ楽をして儲けた人が一番偉い。

努力だの我慢だのというのは「トレードをする前」の段階で
手法を学ぶとかチャート検証をするだとかで頑張ればいいわけで
努力して我慢して汗水垂らしてトレードしたって誰も褒めてくれない。
そんな見せかけの意味のない頑張りで褒めてくれるのは小学校の先生くらいだ。


世の中いろんなトレードスタイルがあるし
このやり方が全ての人に当てはまるとは限らないし

だから、僕の勉強会では数十pips取る手法とか、分割エントリーとかも教えているけど
やっぱ、究極的にはこの「10pipsだけ取る」スタイルに行き着くのでは?と考えている。

ただ、適当な手法でやっている世間一般の素人とか
僕の勉強会に入ったばかりの人だと、たぶんこの10pips抜きだけでやるのはムリだと思う。
最初は難しいので。

だから、最初はちゃんと数十pipsを狙った「普通の」トレードをして腕を磨くのがいいと思う。
ポジション保有中の相場の動きとかも勉強になるし。



以上。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  オススメ記事, トレード手法など

PAGE TOP