読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード記録2 」 一覧

トレードってのは、どういう相場状況であろうと、やることやってりゃいいだけ。

  2017/02/25     

こないだ、近くのイオンに買い物に行ったとき
偶然、大学時代に僕が告白してそして振られた女子に出会った。
(結局その後はその子、同級生の男子と結婚したんだけど。)

向こうはこちらには気づいていなかったが、それはもうヒドイもんだった。

もうどっから見ても「オバサン」という感じで、
ブクブク太って、いかにもオバサンらしい意地の悪そうな顔をしてたよ。
あの頃はすんごいキレイだったんだけどね。

あれを見て僕は、やっぱ結婚なんてするもんじゃないと思ったね。
一時の惚れた腫れたで結婚なんかしたらロクなことが無い。

家庭をもってる人は顔真っ赤にして「家庭を持つって幸せなんだよ!」って弁解するんだろうけど
僕にはぜんぜんそうは思えない。

結婚なんてしてたら、FXもやってなかっただろうし(それに費やす時間が持てない)。
今の自由な生活は築けなかったと思う。

ありがとう、J子。





さて。

FX勉強会参加者のトレードより。(一部)

+20.4pips



+40pips



+20.6pips




扱っているポンド円が大きな三角形の中に入って、今後上か下かに解き放たれるんだろうね
という話を2週間くらい前から解説動画の中でしていて

まあ、そんなことは僕じゃなくても誰でもわかるとは思うんだけど

でも、上下にレンジになっている相場は、いろいろと難しいことがあるわけです。


トレンドを取ろうとすると失敗するし
大きく取れる所もあるので、短く保有しても失敗することがあるし
必要以上にビビりすぎて「アンタ、スキャルピングやってんの??」みたいなトレードする人も出てくるし

まあ、いろいろと大変。

相変わらず1日に一定数のトレードチャンスは必ずあるので
その中から、失敗しないようにちゃんとポイントを選択してトレードすればいい。

難しい相場だと勝手に思い込んで勝手にアタフタして
焦って余計なこと考えたり、余計なとこで手を出したり
そういうことを極力しなければ資金は増えていきます。

別にね、変なことやらかしちまってもいいんですよ。
にんげんだもの。

間違ったら「あ、間違った」って言って素直に損切りすればいい。
で、正しい方向へエントリーしていけばいい。
もしくは、分からないんだったら素直にトレードやめればいい。
で、また分かるようになったらトレードすればいい。

今でなくても、どんな相場でも、いつでもやることは同じです。


毎週・毎月プラスで勝てている人が増えてきていて、嬉しい限りで





お便りも溜まってきたので、そろそろ紹介したいとは思っているのですが
それはまた後々。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  トレード記録2

トレードなんてのはね、FXなんてのはね、シンプルなことをやってりゃいいんだよ。

  2017/02/18     

今週はどのような週だったのかはこちら

FX勉強会参加者のトレードの一部を紹介。

+22.5pips



+55pips



+42pips


※ちなみに、僕のエントリーと決済のポイントとピタリ一致。




よく、FXトレーダーで確率論がどうのこうのと言う人がいる。
「優位性のあることを淡々とやるだけだ」みたいな人。

それはもちろん正しいし
優位性の無い宝くじを買い続けても、優位性の無いカジノで遊び続けても
当然、お金は減っていくだけで。

優位性のあるルールでトレードしていけば、一時的には減ることもあるかもしれないが
大数の法則がどうのこうのという理屈で最終的には資金は増える。


みたいなことを、よく「ポチポチおじさん」のブログとかに繰り返し書かれている。

その昔、僕もそれを読んで「うんうん、なるほど」と思って
おじさんのアフィリリンクから大量の本を買った。

で、今の僕はフツーに専業トレーダーとして生活できているわけだけれども
その確率論とか、メンタルだとか、引き寄せだとかの本が自分のトレードの為になったのかといえば

正直ビミョーなんだよね。


僕は損小利大に拘って、変に利益を伸ばしすぎたりせずに
満足した分だけ取れたらサッサと利食うスタイルをとっている。

なので勝率は高くて、月間100%のときもザラにあるし
負けたとしても少ない金額だし、勝率が高いからすぐに取り返せるし
あまりストレスを溜めないようなスタイルでトレードをしている。

僕が今勉強会で教えている「フィボトレード」という手法も、まさにそれだし
僕のやり方を掴みつつある参加者さんも増えてきている。


で、話をもとに戻して。

確率論だの大数の法則だのがビミョーだと僕が言ったのは
そもそも、FXというのはエントリーポイントをちゃんと選べば超高確率で勝てるものなので
負け続けてガマンしてトレードをやり続けて・・・ みたいなものって必要ないと思うんだよ。

確率論の本もメンタルの本も必要ない。

難しいことを抜きにして、「ただ勝てばいい」。
勝てばお金が増える。

超シンプル。

それでいいんだよね。


小難しい本ばかり読んで学んだ気になって理論武装して
じゃあ、そういうふうにお勉強した世の中の大多数の人がFXで勝てるようになっているのかといえば

なっていない。

かつては僕もその一人だった。


なので、トレードのやり方なんてのはシンプルで結構だし
勝てば官軍、天才トレーダー
負ければ賊軍、負け組トレーダー
トレードの世界ってのは非常に分かりやすい。

勝てばいい、お金稼げばいい。

ネット上には小難しいことをホザいて、シンプルじゃない道に誘い込む人がたくさんいる。
そうやって講師とかアフィリエイターとしてのみお金を稼いでいる人がたくさんいる。
そういうのに関わって、大事な時間とお金を搾取されちゃダメだ。


FXは勝てるようになるまでがちょっと大変で、検証したり練習したりの時間が必要なんだけど
その先はすごくシンプルな世界だと思う。

自分がそうなるまで5年とか10年とか長い期間はかからないはずだから(僕のとこで学べばね)
諦めずに頑張ってほしい。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  オススメ記事, トレード記録2

PAGE TOP