読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード記録2 」 一覧

プロトレーダーの手法を教えて勝てない人を勝てるようにしているFX勉強会はこちらですどうぞ

  2017/12/09     

とても忙しいため手短に。

1.
最近僕が食事制限とか筋トレとかをやっている関係で
勉強会内でサークル活動を始めてみた。



毎日の食事内容を報告するという会。

自分自身が怠けないように(食べちゃわないように)始めた。
最初は様子見で誰もやらないと思っていたが、思いの外みんなノリノリで参加するので驚いた。
結構みんな食事とか健康に興味あるのね。


2.
ちょっと前から勉強会内で始めた「今週のベストトレード」



選出する基準は、たくさん儲かったとかじゃなくて「トレードの質」。
ルール通りだったのか、相場状況は良かったのか、などなど。

選んだのはこれ。





3.
お便り紹介



もちろん手法も大事だけども
いつも言っている通り「大事なのは学び方」。

試行錯誤できない人が世の中に多いんだよね。
簡単なやり方ばかり求めるとか、自分で考えずに他力本願の人とか。
じゃなくて、ちょっとは自分で苦労して試行錯誤することが必要なんだよ。
それが経験になる。




以上。

ぜんぜん手短じゃないけど。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  トレード記録2

技術が無いトレーダーほど「FXは耐えるものです」「勝率が低くても大丈夫です」とか言い始める。

  2017/12/02     

僕はね、身体が硬くて
いつもマッサージ行ったり整骨院行ったりジムに行ったり、どこ行っても「硬いですねー」言われる。

もう分かってるちゅーねん。

でも、身体が自由に動かないとロクなことはないし
四六時中PCの前でじっとしているFXトレーダーってのは、「緩める」こともしなくちゃいけないんだろうね。
ひとりエッチ、いや、ストレッチなんかしてはどうだろうか。


このイケメン兄さんの動画なんかいい感じだ。

いろいろ探したんだけど、字幕で指示されるより
「次は◯◯しましょう~」って口で言ってもらったほうがやりやすいよね。
しかも音楽付きだし、ちょうど10分だし、動画としての完成度が高くて続けやすい。

今はこれを朝夕2回、毎日やっている。

一人で、夫婦で、親子で、やってみたらどうだろうか。

このイケメン兄さんの10分筋トレなんてのもあるので、それもやってみるとさらに健康になれる。
(筋トレは僕は別のメニューをやってるけど。)




さて。

FX勉強会内で発表する「今週のベストトレード」。
この企画は数週間前から始めたんだけど、前回は



紹介したいトレードが多すぎて、わけわからなくなってしまった。
これじゃあ、見ているほうも何を参考にしていいのかわからない。
よって今回は2つに絞った。





これ、選考基準は「たくさんpips取れた人」とかじゃないし
ほとんど同じポイントで買ってた人はあと5~6人いたし
だから、なんでこの2人が選ばれたのかといえば「総合的に良いから」だよね。

エントリーポイントはもちろんルール通りでなくてはいけない。
ルール通りにやれば、気持ち悪いくらいにみんな同じ所でエントリーできる。

***の描き方、ラインの引き方にもちゃんとしたルールがある。
環境認識も一定のルールに基づいて行われる。
エリオットも、カウントできる所は落ち着いてカウントする。
利確も必要以上にビビらないで「それなりの所」まで待って決済する。

こういう「所作」が分かってくると、勝率が上がってくる。

逆に、細かい所に拘らずに、細かい所を見ずに考えずに「なんとなく」でやっていると
いつまで経っても勝率は上がらない。


よく、「勝率は3割でいい」とかほざくアホが世の中にいるんだけど
確かに損小利大だとそれでも勝てるよ。
でも、

んなことやってて楽しい?

って思っちゃうね。

何のためにFXやってんのさ?
お金儲けて人生楽しくするためにやってんでしょ?
だったら、たくさん勝てたほうが楽しいじゃん。
3割だけ気持ちよくて残りの7割を耐えるのがFXです、ってどこのSMクラブだよ。

技術が無いトレーダーほど「FXは耐えるものです」「勝率が低くても大丈夫です」とか言い始める。
ソイツがしっかりしたトレード技術を持っていないからだ。

しっかりとしたトレード技術を持っていない原因は、ソイツがこれまで真面目にチャートと、自分と向き合ってこなかったことにある。

ネット上のそういう不勉強なトレーダーに騙されないようにね。
そういう人のセミナーとか参加しないように。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード記録2

PAGE TOP