読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

相場と対話しちゃいましょ ~チャートとシンクロする

  2017/06/05     

以前に紹介した本に関連して。

僕は昔、スカイプ勉強会でたしかこんな話をした。

「空気読めない奴」というのは、変なこと言ってその場の雰囲気をシーンとさせちゃうでしょ?
トレードも同じで「(相場で)空気読めない奴」は負けばっかりになって気まずい思いをする。
トレードで「空気を読む」行為は環境認識に当たる。
チャート全体を見て、今どういう場所なのか、買うべき所なのか、売るべき所なのか
そういうのを分かってないと「空気読めない奴」になる。


吉田さんの本で、これを上手く言い表している所があった。
(オーディオブックで聞いた内容なので、覚えていることを自分の言葉で書く。)

空気を読むとは、その場のムードに自分のテンションを合わせること。
例えば、大人しいお客さんがいる会場にお笑い芸人みたいに「はい!どーもーーー!!!」って登場すると噛み合わない。引かれる。
お客さんが大人しかったら「こんにちは」って普通に入っていけばいい。そこから徐々に盛り上げていけばいい。
飲み会とかもそうでしょ? しんみりと飲んでる所で、無理に場を盛り上げようとしなくていい。
そういう奴は「空気読めない奴」で、面倒だし嫌われる。


あと、こんなことも言っていた。

相手のことは最初、見かけで決めつけてよし。
怖い外見をしている人だったら「怖いと思っていました」って素直に言うと
実は「いや、そうじゃないんですよ」って話になって逆に距離が縮まったりする。



これと同じことを、実は僕もよく相場でやる。

自分のルールに基づいて「ここは売りだな」って決めつけちゃう。(良いこととは言えないけど)
で、チャンスが来たら売りをしてみるんだけど、自分が思っているような下げが起きない。
それどころかグイグイと上昇する。

ここで気づくんだよね「今は売りじゃない」って。

そしたら素直に様子見をするか、チャンスがあれば買えばいい。そしたら利益になる。
より相場に「入り込める」。


また、今は無いけど、以前の未熟な時代に
「今日は勝ちたい!◯◯pips取ってやる!」という気持ちを強く持ってその日の相場に臨むときが多々あった。
◯◯pips取ってやる!って言ったって、相場がそういうテンションじゃないときに取れるわけがない。

そうじゃなくて、今思うことは、相場に波長を合わせるというか
相場にどっぷりと浸かって入り込まないと上手くいかないと僕は思っている。

例えば、特に月曜日の相場ってやりづらいんだよ。

その週が始まって「今週も頑張るぞー」ってチャート見始めるじゃん。
でも、今週チャート見始めたばかりだから、なんか相場を他人のように感じる。
そこからライン引いたりフィボ当てたり波を見たりして「入り込んでいく」と、トレードのポイントがなんとなく分かってくる。

だから、実は僕は月曜のトレードの勝率が若干良くない。数値にも表れている。
(良くないといっても平均90%以上で、月曜だけが2%くらい低いだけなんだけど)

月曜から何日かずっと相場を見ていて相場と上手く同調できるようになると
水曜とか木曜くらいに良いトレードができることが多々ある。
これはマグレじゃなくて、相場に上手く波長が合っている表れだと僕は思っている。


こんな感じ。

こういうこともあり、吉田さんの本にすごく共感できてブログで紹介した。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

トレーダーとして成功するには「メンタル」とかいう曖昧なことを排除し、明確な「勝ち方」を学ぶことが大事。

  2017/06/02     

前回紹介した羽生さんの本
僕のブログからでも他所からでも購入して試してみて、感想を下さる方がいてなかなか嬉しい。

物事は何でも「見てるだけ」「考えてるだけ」じゃなくて試さないと何も起こらない。

試して何か(何かはわからないが)が起こるから、だから人生が良い方向へ変わっていくんだよね。



さて。
また本を読んだ(聞いた)ので紹介。


吉田尚記さんってのはニッポン放送のアナウンサーの人で
有名な人だから、僕も顔を見た瞬間に「ああ、この人か」と思い出せた。

コミュ障である吉田さんがコミュニケーションのとり方を伝授する内容。

万年コミュ障である僕にとっても有用な内容だったし
FXをする人にとって有用な内容が多く散りばめられているので、読むといい。

共感できた部分がたくさんあって、例えば
よくFXで「メンタルが重要」と言う人がいて、僕は「そんなの関係ない」とよく言うんだけど
この本の中では次のような記述があった。

「心を通じ合わせる」みたいな精神論に託してしまうことは、一切するつもりはありません。
「心」って言った瞬間に、すべてをその言葉の広さで吸収できてしまうからです。
コミュニケーションに「心」なんて便利な言葉を持ち出したら、押さえなければいけない実態をスルーしてしまうことにもなりかねない。
ぼくはそこを、感覚ではなく基本として、精神論ではなく技術として、コミュニケーションのメカニズムをできるだけ底の方から明らかにしていきたいと思います。


胡散臭いFXトレーダーはみんな「メンタルが大事」って言って
自分のブログにメンタル本のアフィリリンクを貼って紹介するんだけど
そういう人ってのは油断ならないんだよね。

本当に稼げている人なのかもしれないが、でも、メンタルって言っちゃった瞬間に身も蓋もなくなる。
山寺に篭って3年くらい修行でもしないと本当に勝てるFXトレーダーにはならないような雰囲気になる。

そんなのゴメンだよね。冗談じゃないよね。

僕はそういうトレードの教え方に反発しているもんだから
メンタルとか、ファンダメンタルズだとか、その他「得体の知れないもの」をできるだけ排除して教えるFX勉強会を開いている。
共通のルールに沿って「おまじない」ではない「勝てるやり方」を教えている。

コミュニケーションでもFXでも、明確で具体的な上手くいくやり方を教わらないと上達はできないし
習う側としても納得いかないよね?

僕の勉強会の場合は結果はちゃんと出ているし
あと最近、お便りいただいたり、ブログで記録つけてる方(緊張すると思うのでURLは公開しませんが)とか
報告を見て「結構みんな勝てるようになってるんだなぁ」と感じた。








学びの深度に応じて、週間・月間数百pipsレベルから数十pipsレベルの人まで様々ではあるが。



あと、こんな話もあった。

「コミュニケーション障害」と名前がついているということは
「コミュニケーションはできて当たり前」という考えが根底にあるから。
できて当たり前じゃないことは障害とは言わない。例えば泳げない人を「水泳障害」と呼ばない。
しかし、コミュニケーションはできて当たり前なものではなく、水泳と同様に練習しないと上達はしない。


FXで大損ばかりする人のことを「FX障害」って言わないもんね。
しかるべき方法で訓練しないとFXでお金を稼げるようには絶対にならない。

にも関わらず、
素人の思いつき手法で研究ごっこをやっていればいずれ勝てるようになると甘い考えで生きている素人トレーダーが多い。
僕から言わせてもらえば、そういう甘い考えで生きてる人間、時間の無駄ばかりしている人間のほうがよっぽど「障害」だと思うけどね。


なんか例えば変な方向に行ってしまったけど
この本を読んで、トレーダーとして共感できることが多くあった。


嫌儲のおまいらのためにGoogle検索へのリンクも用意してやった。
僕のことを少しでも儲からせたくない奴は上のアフィリリンクではなく、こちらのリンクから検索して自分で買うといい。

まあ、そういう「ひがみ根性」の人ってのは、たいてい大成しないんだけどね。

まあ、頑張って生きなさい。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, メンタル

PAGE TOP