読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

自称カリスマFXトレーダーのブログとかに「おすすめの本」とかアフィリリンク貼られてるじゃん。2

  2017/09/25     

前回の続き。



有吉弘行「嫌われない毒舌のすすめ」について。

ここに書かれてる内容は基本、卑屈なものだし、有吉自体はクズだし
そういう彼がどうやって生きてきたのかという処世術。

その中から一部を引用。

成功者の本より身近なヤツのブログを読め!

「自分はそこそこなんだ」
ということに気づいたら、これだけはやっちゃいけないのが、
「成功者の本を読む」ことです。
よくある「◯◯の社長が書いた本」みたいなので、
「こうやったら成功する」とか、
「何でもプラス思考で」とか、
「自分をやる気にさせる方法」とか、
そういうったタメになるような成功哲学みたいなものが書いてある本。
その手の「成功者の本」は読まないほうがいいと思うんです。
そういう本をよむと、何となく、「自分でも成功できる」ような気になるんですけど、そこで勘違いしちゃいけません。
成功した人っていうのは、「特別な人」だから本が書けるんです。レアケースですから、読んでその気になったら大変です。それは完全な間違いだから。
ああいうのが書ける人は、ほんの一握りの特殊な人で、そんな本を読んで、
「自分にもできる!」
なんて思っても、絶対にうまくいきません。
ソニーの会長の本とか、本田宗一郎の本とか、読んじゃダメだって。自分の会社と比べても意味ないから。
そういう成功哲学みたいな本を読んで、
「自分には才能があるはずだ」とか、自己啓発は必要ないんです。
「前向きに生きろ」とか、そういうのはウソです。
むしろ、逆の方がいい。
「自分には才能がない」とか、
「前向きに生きなくてもいいや」とか、
そう思っちゃった方が楽に生きられるし、「そこそこ」で諦めれば、そこそこに生きていく方法は見つかると思うんです。
「自分も◯◯さんみたいに成功したい!」とか思っちゃダメ。自分は自分なんだから。何やったって、「そこそこ」なんですから。
成功者の本を読むくらいなら、身近なヤツのブログを読め!
その方が絶対、役に立ちます。



自分には全然関係ないような、神様みたいに遠い存在が書いた高尚な本より
クズの有吉の経験談のほうがよっぽど信用できるよね。


これってね、FXで成功しようとしている人にもオススメの言葉で

例えば、何年もFXやって勝てない勝てない言ってる人が困って、最後の最後で僕の所に入門してくる。
でも、学び方が悪くて(悪すぎて)、そこから全然伸びない人もいる。

何が悪いのかと言えば、1つの原因が「自分はできる人」って思い込んじゃってることなんだよね。
そうじゃなくて

「自分はそこそこの人間なんだ」
「才能が無いんだ」


って自己否定から始めるから、だから素直な正しいマインドで学ぶことができるんだよね。

自分は名人様だと勘違いしちゃう奴はタチが悪い。
エントリーしろと言った所でエントリーせず、決済しろと言っても決済しない
自分の勝手なチャート分析を始めて自分に酔っちゃって
そして結果が全然出ずに

プライドばかり高いもんだから謙虚に「ごめんなさい」「もう一度イチから学ばせてください」も言えずに
FX自体を諦めていく。
人生の成功者の道を 勝手に自分から 閉ざす。

アホ。


ちなみに、上の引用の次と次の次のセクションの小見出しは、こんな感じ。

「プライドなんか持ってもロクなことにはならない」
「クズにはクズなりの生き方がある」



ね。有吉、卑屈過ぎるでしょ。クズすぎるでしょ。

でもね、歴史上の偉人の言葉より、こっちのクズ話のほうが
実は僕がこのブログで伝えたい「FXで成功する秘訣」に近いような気がするんだよ。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

※FX勉強会のブログです。途中で読むのやめて閉じないでね。

  2017/09/23     

今週は、僕は全くトレードをしなかった。

なぜかというと、先週は1週間で350pips取れていて
これはいつもの1ヶ月分(弱)に相当するんだよね。
だから「やる必要がない」。

僕のいつものクセとして、やらなくていい所でトレードして
そしてせっかく儲かっていたのに損失を出してしまう、ってのが昔から経験上わかっていて

そんなんだったら、トレードなんてめんどくさいことしてないで
マウス握る右手をチンコでも握ってオナニーでもしてたほうが遥かに有意義。

そういえば、最近

TENGA

を常用するようになった。

それも、いろいろ種類がある中で



ポケットTENGA

が優秀だということに気づいた。
箱買いしても場所を取らないし、使うときも非常にお手軽。

テイクイットイージー★

やね。

日々お疲れのアナタも、ご自分の亀頭をゴリゴリしごいてストレス解消してみてはどうだろうか。

あ、ちなみに、TENGAには女性用もあるみたいやで。







さて。

今週は僕はほとんどチャートは見てなかったんだけど
勉強会サイトの中をちょくちょく覗いてたら、儲かってる人が多いのに気づいた。

やりやすい相場だったんだろうか。


自分がやりやすいと感じる相場のときに利益をしっかりと取っておいたほうがいい。

FXは利益もあれば損失もあるし
やりやすい相場だけじゃなくて、やりにくい相場もいつか来るし
なので、取れるときにちゃんと取っておかなければ「トータルで勝つ」ことが難しくなる。

今日勉強会内で配信する解説動画でも、最初にその話題を話そうと思う。非常に大事な話。


FX勉強会参加者のトレードを一部を紹介。





先週も言ったけど、上昇トレンドで、ほとんど下げてないのだから「買う」んだよね。
「ここから下げるだろう」で当てずっぽうで売っちゃうとロクなことがない。

お上手でした。



勉強会参加者からのお便り
最近紹介するのをすっかり忘れていたので紹介。

師匠、いつもお世話になっております。
今週もお疲れ様です。いつも解説動画ありがとうございます。

今週もとても深い含蓄のあるお話ありがとうございます。
毎週師匠が最後にエールを贈って下さることにいつも励まされます。
師匠という成功された私達のモデルの方に出来ると言って頂くと、よしっとやる気と勇気が湧いてきます。
自分は今回最後の「思いを蓄える」というお言葉がすごく心に沁みました。
出来なかったときに「くそっ次こそは」と悔しさを胸に秘めたことは何度もありますし、
他の頑張ってらっしゃる生徒の皆さんもそうなんだろうなと思います。
思いを蓄えながら、次はどうするかを考え・学びながら1歩1歩成長していく、これしかないんだなと感じております。

勉強会でのご指導ありがとうございます。
師匠のお言葉「利食いのレベルがフィボトレード学習時間に伴っていない」を考えていたのですが、
学び方・反省の仕方が間違っていることを言われていたんだと気付きました。
ノートを見返すとメンタルに理由付けしていることが散見されました。そして師匠の
「トレードノートの書き方」を見返して心理状態を書いてもいいけどそれを解決するための課題と具体的な行動が必要といった記事に、
またもここが出来てないと思い知らされました。
対策を考えてみました
・反省は理論的に分析してする、それを具体的な課題に
・CSで利食いも確信持って出来るぐらいまでよく考えて決めて訓練する
・リアルトレードでちゃんと分析出来ているのなら決めた目標でちゃんと決済する(欲が出そうなときは特に指値を入れておく)
まずやってみて、復習するなかでより良い対策があれば改善していこうと思います。

今週も頑張って参ります。
今週もよろしくお願い致します。



はい

毎週の解説動画で「では、頑張ってくださいね」的なことを僕が言うことがよくありますが
勘違いされちゃうことがよくあるんですよね。

僕が

すんごくいい人で、情熱的で
いつもみんなのことを見ていて励ましてくれている


と。

でも僕は、そういう人間は(特にネット上で「FX教えてます」みたいな人間は)嘘くさいと思います。

よくいるでしょ
巧みな話術で人をだまくらかして、FXセミナー的なやつに勧誘して
自分では全然勝てていないのにガラクタみたいな手法を売りつけて生計を立ててる人。

そういう人は、勉強会参加者をお客様扱いするんだよね。
それに、テキトーなことしか言わない。
ダメなエントリーをしても「それはダメ!」と指摘せずに「そうなんですかー、がんばってくださいねー」と
ヘラヘラと超どーでもいいこと、当たり障りのないことばかり言ってる。


一方僕はどのように思って勉強会を運営しているかといえば

勉強会参加者が勝とうが負けようが、僕にとっては超どーでもいい。
僕自身は勝てるトレーダーでお金には全く困ってないし
他の人がFXでヘタこいて何千万損失を出そうが、僕にとっては超とーでもいいこと。

ただ、もう勉強会に参加している人は全員わかってるとは思うし
毎週土曜に更新している、勉強会参加者のトレード紹介の記事を見てもわかる通り
僕の教えている手法は「そんじょそこらの」胡散臭い自称カリスマトレーダーが教えてるものと違って

遥かに勝ちやすいし
「正しい」内容だし
一切嘘をつかずに真実だけ伝えるし
再現性バツグンだし


だから、自信をもってオススメする手法だし、一生懸命学習に取り組む人が集まる学習環境も提供できている。

僕はこの手法を「ものすごい時間」をかけて考え・検証し・手法にまとめた。
なので、僕の手法は「我が子」のような存在だし、崇める神様みたいな存在だ。

しかし、中には教えた通りにやらずにテキトーに学ぶ奴が若干出てくる。

当然そういう取り組み方では勝てるようにならないし
逆に、素直に一生懸命に取り組むのであれば、専業トレーダーレベルになることができる。


何で僕が「頑張ってね」と励ますかといえば
単に、僕が作った手法をテキトーに学ばれて、勝手に損失出されて「なんだこんなもん」と
僕の手法を悪く言われるのがムカツクから。
ただそれだけ。

つまり僕がいつも「頑張ってね」と言うのは、略さずに書くと

俺の作った神聖な手法をテキトーに学んで汚すんじゃねーぞ
勝手なことしないで素直に教わった通りに実行して
俺の手法の正しさを各自ちゃんと証明しろ

だから、日々の学習を「頑張ってね」


と言っている。






今このブログを読んで勉強会に入ろうかどうか迷っている人へ。

迷ってるんだったら入らなくていいです。
勉強会には「お客様」はいりません。甘くするつもりはありません。
自助努力のできる、やる気のある人だけ来てください。
それ以外は要りません。消えてください。

以上。



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード記録2

PAGE TOP