読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

FXトレーダーとして自分の人生を良いものにしたかったら、ネガティブな環境から離れること。

  2017/05/15     

FXで勝てない者同士は、勝てない者同士で群れる。

いろんなトコにいるよね、そういう人。
ネット上でよく見かけるよ。

この商材は使える、この商材は使えない、詐欺だ、グチグチグチグチと商材レビューサイトに書き込んでる人たち。
素人トレーダーが毎日「勝てない」日記をつけている、なんの意味のないブログ。
胡散臭い自称プロトレーダーのコメント欄に集まってる信者。傷を舐め合う信者。

あと、悲惨だったのが
「参加してよ」って頼まれて、暇だから参加してみた札幌のFX勉強サークルみたいなのがあって。
まー、勝てない人たちが、高尚な理論を3時間かけてあーでもないこーでもないってこねくり回してた。
勉強会が終わってから、(勝ってない)リーダーを囲んで飲み会をするんだってさ。何時間も。
あまりに苦痛だったからウソこいて僕は帰ってきた。


そういう人たちに共通しているのが

ネガティブオーラを纏っている

ということ。

カネ持ってないやつ、ツイてないやつ、いい加減に生きてるやつ
こういう奴らは見たり近づいたりすると分かる。

臭い。

ホントに臭いわけじゃないけど、雰囲気的に臭い。ムワッとする。
目が死んでいる。発言や考えが全てネガティブ。甘い。常に他力本願。
自分の努力不足を他人のせいにしている。常に世の中を恨んでいる。


その点、僕がやってるFX勉強会のメンバーは、いいオーラを纏っている。

安心感があるんだよね。
「この方法でやってると勝てるようになる」とか「すでに勝っている」とか
順調に成功体験を積める仕組みの中で、毎日学習を頑張っている。

この人たちとかこの人たちとか
あるいはその他の参加者とか


何千という、たくさんの書き込み(アウトプット)をする。



「勝てる」環境に身を置いて頑張ってる人は、ほんと、活力に満ち溢れている。
これまでの自分とは別の自分に変われる、もしくは変わろうと努力している。

そういう人は、どんどん良い物を引き寄せるよ。


自分の人生を良いものにしたかったら、ネガティブな環境から離れること。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

浮かれチンポ

  2017/05/12     

素人トレーダーの良くない行動の一つに 騒ぐってのがある。

ちょっと勝つとすぐにアホみたいに大騒ぎして喜ぶ
ちょっと勝つとすぐに自慢する
負けると大騒ぎして落ち込む、機嫌を悪くする。


感情の起伏は、プロになればなるほど無くなってくる。

イチローが1本ヒットを打って大騒ぎしますか?
その日たまたま打てなくて、機嫌悪くして大騒ぎしますか?

しないよね。(そんなイチロー見たくないけど)

だからぶっちゃけ、こういうのは僕は好きではないし、良くないことだと思っている。
身内(勉強会の人)だから僕は特に気を遣わずに言うけどね。
前にも同じように騒いでた記事があったよね。FXで心を乱すのは未熟な証拠だと思うよ?


前もどこかで言ったと思うけど、こういうのは 死亡フラグなんだよね。

この戦争が終わったらあの子と結婚するんだ

って言ったら、死ぬよね。
死ぬんだよ、普通。この世はそういう法則で動いてるの。

もしくはビギナーズラックで数ヶ月勝てたとしても、「永続」はしないの。
一時的に勝って浮かれてたって、トレーダーってのは利益を永続させないと意味が無いんだから。


心の弱い者は目先のことに一喜一憂する。

勝って騒ぐ、負けて騒ぐ。

熟練トレーダーは一切騒がない。


ま、浮かれてる人に何言っても通じないことが多いし
昔のファミコンゲームみたいに死んで覚えるしかないよね。

浮かれて、死んで、浮かれて、死んで
何百人のマリオの屍を積み重ねて上手いプレーができるようになる。

相場も同じで、多くの痛い目を見て、損失を出して、そういう上達の仕方もあるが
その過程で再起不能にならないといいけど。
(そんなとこまで俺の知ったこっちゃない)


ただ、僕が何度も言っている素直に学ぶってのができると
要らない損失を出さなくて済む。
損失を出して武勇伝を語る人が偉いわけじゃないんで。


このブログを見てる人の中にも、見てない世界中のトレーダーの中にも
「騒ぐ人」は山ほどいるよね。

まあ、普通は僕の言ったことなんて通じないよね。そういう浮かれポンチには。

痛い目を見て理解するしかない。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXトレーダーとして, オススメ記事

PAGE TOP