読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

FXの検証結果の数字とかグラフを見て分析するのってワクワクしません?2

  2015/07/23     

前回の続き。


過去チャートの検証でやるように、24時間365日起きていてトレードチャンス全てに対応する
・・・というのはムリ(死んじゃう)なので

じゃあどうするか、という話です。


運の要素が絡みます。これは仕方ない。どんな手法でも一緒です。

「1ヶ月に6回しかトレードできませんでした~」という人は
その6回の中に、たまたま運悪く5~6回の負けトレードを引いてしまったとしても
素直に受け入れなきゃいけません。


実際に試してみました。

過去5ヶ月分のトレードからランダムに30トレード(1ヶ月に6回)を選んでみて
その結果がどうなるのかを見ます。

ガチでランダムです。ブログ掲載用の都合のいい結果とか出してません(笑)

エクセルでRAND関数を使って、10回更新ボタンを押して出た結果をそのまま掲載します。


<EURUSD>


2015-07-16_130236


2015-07-16_130254


2015-07-16_130309


2015-07-16_130323


2015-07-16_130340


2015-07-16_130351


2015-07-16_130405


2015-07-16_130419


2015-07-16_130439


2015-07-16_130504


手法自体が超王道で安定している(自画自賛)ため、大きなマイナスで終わるということはほとんど無いです。
上のランダムの結果10個でもマイナスで終わっているものはありません。

でも、⑤とか⑩は嫌ですね。
5ヶ月頑張ってこの2つの結果だったら泣きたくなります。



<EURJPY>


2015-07-16_130545


2015-07-16_130614


2015-07-16_130630


2015-07-16_130644


2015-07-16_130657


2015-07-16_130709


2015-07-16_130720


2015-07-16_130733


2015-07-16_130800


2015-07-16_130813

まずまずの右肩上がりです。

が、トレード回数が少ないと安定はしません。



では次に、起きている間は頑張ってEURUSDとEURJPYの2通貨ペアを見てトレードしてみる、という場合。
倍の60トレードをランダムで抽出します。

<EURUSD+EURJPY>


2015-07-16_131007


2015-07-16_131035


2015-07-16_131048


2015-07-16_131105


2015-07-16_131126


2015-07-16_131140


2015-07-16_131154


2015-07-16_131214


2015-07-16_131228


2015-07-16_131252


偶然にちょっといい感じの形が集まっちゃったかもしれません。

でも、トレード回数が増えると当然、理論値に近づきます。
パフォーマンスが安定しやすくなります。


これにUSDJPYとか、コミュニティ内で最近よくトレード対象となっているGBPUSDとかを混ぜて
4通貨ペアでトレードすればさらに安定するかもしれません。


ただ、安定させるために監視する通貨ペアをいきなり5個も10個も増やすというのはオススメしません。

ダメだと言っているのではなく

すぐに増やすな
無理に増やすな
無駄に増やすな


と言っています。

手法自体に慣れていないのに10通貨ペア監視とか正気の沙汰ではありません。
特に学び初めの段階では1通貨ペアのみを見て、正しいルールでトレードすることを学ぶべきです。

また、自分の頭のスペック以上のことをして
1つ1つのトレードがルール違反の連続、みたいになるのも避けるべきです。
全然意味がないですから。


それに、爆死しないでFXを長く続けていくためには
トレードする通貨ペアは過去チャートで必ず検証すべきです。

監視する通貨ペアを増やすということは、それだけ検証の時間が多くなるということになります。



世の中の「勝ててるトレーダー」はよく言います。

欲張らないこと。
欲を出した瞬間に負ける。


僕もそう思います。(同じようなことを実際に経験してるし)


やれることは少しずつ少しずつ増やしていくべきです。

だからまず最初は、無理せずに1~3くらいの通貨ペアで

せっかくFXを始めて、せっかく良い手法を手に入れたのだから
起きてる間はできるだけチャートを見る努力をしてエントリー回数を増やして

そうやって慣れてきたらようやく、もう1つ通貨ペアを増やしてみるか

そういう流れが正しいです。



目先の欲だけで自分の能力以上の多通貨監視をやると、ロクなことはないです。







あと、実は先週のこの記事
今回の記事を予約投稿した後で書いたものです。こちらも読んで参考にされるとトレーダーとして一歩前進できると思いますよ。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

USDJPY 計+85.5pips ~FX勉強会参加者のトレードより69 +あと、大事な話。

  2015/07/18     

今回も多くのトレードがある中で、ドル円。

120.963 – 121.368(+40.5pips)
121.499 – 121.949(+45.0pips)

2015-07-17_105246

2015-07-17_105456 - コピー - コピー


仕事で忙しいという方も、できるだけたくさんのトレード回数は稼いだほうがいいです。

例えば、「月5回しかトレードできませんでした~」だと
その5回がたまたま負けトレードの場合だってありますから。

負けトレードだけを選んで回避できる能力というのは特殊能力です。
悪魔の実を食べるか、何年も長い間経験を積まないと身につかない能力です。


過去チャート検証の結果では良い結果だったのは皆さんご存知のはずで
リアルタイムのチャートでも良い結果が出ているのは皆さんご存知のはずで
だとすると、トレード回数が多ければ多いほど「理論値」に近づいていきます。

逆に、例えばサイコロを5回振ったとして
1・2・3・4・5みたいに規則正しく目が出るかといえばそうではなく
1が5回とか「たまたま」出たりするわけです。

6分の1の「理論値」に近づけるためには、5回ではなく100回も200回も振らなきゃいけない。



ただし。

この方に影響されたのだと思うのですが
最近はいろいろな通貨ペアでトレードする方が徐々に増えてきました。

それは全然構わないのですが、常に「検証ありき」で行動されたほうがいいです。

トレーダーから「検証」を取ったら「中身が無い人間」になります。


何年もFXで勝てないと苦しんだり、初心者で右も左も分からないと言ってウチの勉強会に参加されたはずです。

言い方は悪いですが、皆さん「才能が無い」んですよ。
トレードに関して特別な才能がある人なんて滅多にいないんです。僕も含めて。

だから何でも検証を根拠に物を言わなきゃいけない。

例えば、たかだか数ヶ月の経験の素人トレーダーが
「いつもトレードしている経験から、このルールが有効だと思ったので」とか言っちゃいけない。

そう思ったら、デモとかリアルでトレードするのではなく、まずは過去チャート少なくとも半年分
しかも複数通貨ペアでしっかりと検証しなきゃいけない。

そういう過程を経た上有効だったルールが「本当に長く使えるもの」なんです。

それ以外は全て素人の戯言(=超恥ずかしい発言)だと思わなきゃいけないです。


でないと、高確率でトレーダー人生が途中で破綻します。





なんか最近、勉強会内でこのことが分かっていない人が若干増えつつあるように思えるので。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード記録

PAGE TOP