読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

FXに取り組むあなたの覚悟は本物ですか?

  2014/10/31     

「やるぞ!」と覚悟を決めて何かを始めます。

すると、その直後には

忙しい、疲れた、遊び行こう、
妻が、旦那が、子供が、親が、友人が、
もっと効率のいい手法があるはず、milkが嫌い(これは妥当?)、


という心を惑わす試練が必ず現れます。



・・・ということは以前、書きました。


で、
勉強会のコミュニティにて。

最初のあたりは良かったのですが、基礎段階を終えてデモトレードに入る方が増えるに連れて
「ルールよく分かってねーんじゃねーの?」「それはルール違反だって」
ということが増えてきました。

トレードチャンスを増やすために実力が不十分のくせにワケワカンネー通貨ペアとか見ちゃったり。
トレードしたいからと、すんごい早いタイミングでエントリーしちゃったり。
っていうか、ルール自体が曖昧な理解だったり。

2014-10-30_134251


ここで面白くないっつって諦めるのか、

勉強会内には結果を出している方もおられるので、もうひと頑張りしてそういう方たちの後に続くのか。


ここで「メンタルが弱いから」に逃げるのは三流四流のすることです。
メンタルでお金が儲かるのであれば、山寺にでも篭ってたらいい。3年ほど。(そして二度と帰ってくんな)

でも今回は、明らかにルール違反、ルールを完全に理解していないために犯した間違いなのです。

「こうすれば勝てますよ~」と僕が教えているし、
それをやって勝てている人が実際にいるんです。1人や2人じゃなく。



そしたら、もうやることは決まっていますよね。

今回犯した間違いというのは進歩の過程の一時的な押し戻りなのですから、
間違いを丁寧に、何度も見直して理解すればいいんです。

「こういう勉強をしていきましょう」という救済措置も用意しました。

「やります!」と答えてくださる方もいらっしゃいます。

2014-10-30_140111



「次のレベルになるにはあと3の経験値が必要じゃ」と王様に言われてるのに
ゲームやめる勇者がいますか?

スライム3匹だぜ?





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

ku-chartとパワーバランス 第2ラウンド

  2014/10/16     

以前書いた記事

 ku-chartとパワーバランスはどう違うのか

に関連して。



世の中にはFXを学問の対象として
「研究したい。お金は儲けられなくてもいい。」という奇特な方がいらっしゃいます。

結構多くいらっしゃるかもしれません。


あるいは、儲けたい!と思っていても「思ってるだけ」で本気度が足りずに
研究へ走ってしまう人もいます。
高尚な理論を研究していれば、ある日突然お金が降って湧いてくるんじゃないか?みたいな。

かつての僕も、そうだったわけですが。。


で、ツイッターでお言葉をいただいて
かなり的を得た意見だと感じたので、嬉しくなって紹介したいと思ったわけです。

(ツイッターなんでHN出しちゃっていいですよね? ね。)

台風がかなり気になってきました。(´・ω・`)ちょっと気になる事があったので、ネットを徘徊してみました。
最近良く拝見する(というかFX関連ではここしかブラウザで表示していない)milkさん(@milk_1123_)と、すーさんのブログで取り上げられていました。「Ku-Chart」ってどんなの?って調べてみました。
ここに、http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20110710/1310227246 …Ku-chartの基本的理念は、こちらのコメントに記載されていて、「トレードするペアを間違わなくなる」ことが最大のメリットです。と、ありました。

為替はその名の通り、通貨の交換によるゼニという名のエネルギーの動きです。その動きを示すmilkさん(@milk_1123_)が開発された、パワーバランスは秀逸です。宝の地図の上に乗った、羅針盤のようです。(・(ェ)・)
ただし、道具は、使い手の技倆により、その成果はかなり左右されると思います。良い道具でも、使い手がそのレベルに達していないと、使いこなすことができないということを、知っておかないといけないです。(・(ェ)・)

'@ka_gen くーちゃん勉強会(http://goo.gl/B5691M )への参加はいい思い出で、その内容に当時は「すごい!」とか興奮していましたが、今になって思うとそうでもないと感じます。 理論は高尚ですばらしい、でも使えない、もっとシンプルでいいのに、そんな感じで。。


最後のツイート「ただし、道具は、使い手の技倆により、・・・」というのは全く同感です。



ゾロ対ミホークの動画、見るたびに泣いてしまうくらい好きなのですが
(今も見返して泣いてます。。 かっけぇよな)




どんなすごい剣を持とうが弱い者は弱いし、
どんなちっちゃい剣で戦おうが強い者は強い


すごく分かりやすい例だと思います。





聖杯チックなもの(ku-chartの神秘)を求めてないで、まずは基本の手法をしっかり学ぶこと。

そうやって大金持ちになってから、
有り余る時間をたっぷり使って、好きなだけ研Qすればいい。

(たぶんその頃にはその研Qはムダだということに気づいているとは思う)






追記



 
幻覚の敵に立ち向かっていく感が、まるで「中二病」でしょ? 彼ら。

そういうのにワクワクするのを楽しんでいるというのが、もう本末転倒という感じで。
かつての自分もそうだったような気がします。中二の夏、黒歴史。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

PAGE TOP