読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

卑屈な人

  2015/09/09     

日本人の悪い癖?で

「自分なんてまだまだですよ」

という卑屈な精神が好きな人がいっぱいいる。

今日の記事で僕が言いたいのは「謙遜」とは違うし、謙遜が大事ではないとは一言も言っていない。
そんなものは時と場合、話の流れで
同じ言葉でも卑屈か謙遜かなんてものは変わる。

僕がしたいのはそういう「言葉遊び」ではない。


特にFXトレーダーは弱かったり卑屈だったりすると、やっていけない。

にも関わらず

まだ自分には無理(制限)
このくらいかな?(妥協)
○○ができるようになったらやる(死亡フラグ)


という卑屈な精神のトレーダーがこの世には多くいる。

僕に言わせれば

まだ自分には無理 → 無理だと思うから無理なのだ
このくらいかな? → もっとやれ、根性でやれ
○○ができるようになったらやる → 四の五の言わずにとっととやれ


となる。

特に3つめのは厄介で、
(ありもしない)時期が来るまで待つというやり方は「一生やらない」のと同じ意味になってしまう。

たしかセドナメソッドの本に書かれてあった例で
飲み屋に「明日はビール無料」と貼り紙がしてあって、次の日もその次の日も毎日同じ貼り紙がしてあるという笑い話があるが
それと全く同じこと。

「今」でなければビールが無料になる日など永遠に来ない。



今に留まらずに、自分を高い次元に上げていかないと
これまでの満たされない自分は永遠に満たされない。

満たされない自分を変えたいからみんなFXを始めたんでしょ。



自分を高い所に置かないと低い所の景色は見えてこない。

洪水が起こったときに、高い所へ行ってやり過ごすのが賢い方法で
「ここでいいや」と諦めてしまった人間は全て流されて死ぬか、大けがをする。

「ここでいいや」と諦めて低い所に留まろうとする人間は
いつまでも「使われる側」「利用される側」の人間になる。
高い所、未知の世界に行くのは勇気がいるので、いつまでも安全な「今」に留まろうとする。




いやいや、

そんなんじゃねェだろ!!


いつまでも低い所に留まって
世の中がどうだの、人生が思い通りにならないだの、他人がどうだのと不平不満を言うために生まれてきたんじゃないんだから。

我々人間は。



ね。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXトレーダーとして, オススメ記事

枚数の少ないうちからやっておくべきこと ~パリス昼豚さんの教え

  2015/09/04     

僕が尊敬するパリス昼豚さんというトレーダーがいるのですが
その教えに

金額を見ない。pipsで判断する。

というのがあります。

チャートを見てルール的に「ここだ!」と思った所でエントリーするじゃないですか。
そしたら、スプレッド分があるのでエントリー直後は一時的にマイナスになる。

pipsベースで見ていたら、枚数が1枚であろうと100枚であろうと-1pipsとかなのですが
金額ベースで見ていたら、-100円と-10000円の差になります。

エントリー直後にいきなり1万円のマイナスから始まるんです。
もし運悪く20pips逆行したら20万円が一瞬で飛んでいくわけです。
「20万円って、オレの1ヶ月の給料と同じじゃん!」という方もいるんじゃないですか?

1000枚とかそれ以上でトレードしたことありますか?

1000枚だとさらにトンデモナイことになるわけです。

こういう枚数になると、慣れとかなんとかと言ってられなくなります。
もうね、金額を見て金額で考えてしまうと
毎回毎回のトレードが苦しくてどうしようもなくなります。


勘違いされないように断っておきますが、いつも言ってるようにトレードにメンタルは関係無いですよ。

もしアナタが勝てないのであれば
それはルールそのものが悪いのか、もしくはルール違反をしているか、そういう理由がほとんどなので
見直すべきはメンタルではなくアナタのトレードルールです。

僕が言っているのは単なる気持ち的な問題です。

毎回毎回のトレードをドキドキしすぎてしまったら胃に穴が空きます。胃がいくらあっても足りない。



毎回のトレードはルール通りにやるだけなんです。

それでいつも勝てていましたし、それをやるだけでお金が増えていく自信はありました。


だから、僕はどうしたかというと
パリス昼豚さんの教えと同じようにpips数だけを見ていました。ひたすら素直に。

注文を出すFX業者の金額の欄は一切見なかったです。

もうひたすらpips、というかチャートだけを見て判断していました。



ブログをご覧になっている方で、「pipsを見るか金額を見るか」それほど拘っていない方がほとんどだと思いますが
こういう部分はできるだけ今のうちから拘っていたほうがいいと思います。

今後、自分の資金が増えてきたときに困りますから。

普段から癖を付けておかないといけない。




pipsではなく、金額ベースでトレードするルールの方もいるはずです。
僕の勉強会で教えている手法もそうですから。

エントリーごとにストップの位置が違って、その位置で枚数を決めるというやり方。



今回のは単に「pipsか金額か」というお話ではなく
「チャートだけを見て判断する。それ以外のものには影響されない。振り回されない。」という話をしています。

伝わるでしょうか?







登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXトレーダーとして, オススメ記事

PAGE TOP