読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

そもそも根本的なことを言ってしまい大変恐縮ですが

  2014/12/03     

FXトレードを学ぶ際によくいる「時間が取れない」という人

それじゃあ、学び終わった後でデモトレードとか現金トレードをする際にも「時間が取れない」ってなるよね?
それに気づいているんだろうか?


「週末なら時間が売るほどあります」という人、
「為替相場は土日は開いてない」ということに気づいているんだろうか?


いや、僕なんかがこんなこと言わなくても、超当たり前なことなので気づいているとは思うんだけども。



お勉強する時間が1日1時間とか、1時間も取れませんというのであれば論外だと思うし

それをクリアしたとして、お勉強を済ませたとして
じゃあ、自分の唯一自由な時間、1日1~2時間? に、トレードチャンスがくるかどうか
そんなの分かんないじゃん。

夜中に寝てるときかもしれないし。



例えば、僕の勉強会にいらっしゃる方で
無職の方とか、(ご家庭によって違うでしょうけども)主婦の方とか、アフィリエイターの方とか、

比較的自分の時間を取るのが容易という方のほうが、絶対的に有利です。FXは。


そのへんは平等じゃないです。


近頃の小学校の運動会みたいな、「みんな平等」みたいな、おかしな夢は見ないほうがいい。





会社に勤めてます。給与という安心が欲しいです。
FXでも金稼ぎたいです。でも毎日短時間でバシバシ稼げる天才的な才能など持っていません。

そしたら、会社かFXか、どちらかを諦めるしかないです。


たまたま両立できる幸せな環境にいるのであれば、それはものすごく感謝しなければいけない。

スマホでチャートが見られる、わずかな時間がある職場であってもそれは幸せなこと。



逆に、過去の僕みたいに、不幸な環境だと思うのであれば
やはり会社辞めるか、FXやめるか、どちらかを選択するべきです。


僕は責任とりませんが。


でも、この世の真理としてのお話で。





(追記)
僕にとっては意外でしたが、この記事に共感いただけた方が何名かいらっしゃってお便りいただきました。
ありがとうございます。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

月面にいた

  2014/11/28     

面白いことが分かって。


「宇宙兄弟」16巻


2014-11-28_103951

2014-11-28_104211

2014-11-28_103624


月面でのミッションを想定した海底施設での訓練を受けるムッタ。
この訓練を通して、月へ行ける宇宙飛行士が決まる。
様々な技術的な問題や仲間との関係をクリアして、最終的には「ナンバ・ムッタは、海底20mでのこの2週間

他の誰よりも 月面にいた」

という好評価を受ける。



海底での訓練を海底での訓練と思わずに、ほんとに月に居るような感覚で2週間行っていた。


これに似てるなぁ…と感じたことがあって。



勉強会コミュニティ内で、過去チャートでの検証を呼びかける方がいたんです。

2014-11-28_105430


お忙しい方もたくさんいらっしゃるだろうし、いつまで続くんだろうか?と心配していたんです。


そしたら、なんか皆さんスンゲェ張り切っちゃってるんです。
すごいなぁと思って。

2014-11-28_103113


で、その検証結果が面白くて、
ルールでガチガチに固めている手法のはずなのに、それぞれの結果が結構異なるんです。


あ、これ、自分にも覚えがあるなぁ・・・と思いました。

僕も通ってきた道です。


2014-11-28_112912

検証というのは、実は結構スキルが要求されます。

チャートの右側が見えているので、都合の良いポイントのみを選んでしまう
実はエントリーできないところでエントリーしてしまう
実はエントリーできるのに見逃す
ルールと違うことをやってしまう


いかに過去のその瞬間瞬間を深く想像できるか、というのが重要です。

なので、長い期間やればいいということではなく
ご自分で「やってみて」、そして周りの人のと比べてみて
同じ期間を何度も何度も繰り返してみるのも良い練習です。

僕も昔やっていました。

同じ期間を何度も検証し直すことで得られる気づきというのは大きいです。


逆に、間違った内容を長い期間やってしまい
「わっはー こんなに儲かっちゃったー」と勘違いしてしまうのが、最も怖いことです。2014-11-28_112912.png” border=”0″ width=”650″ height=”537″ />


ムッタと同じように、過去チャートでの検証は
「過去のその時間に実際にチャートの前にいた」ようにして行う必要があります。

そうしないと「検証と実際のトレードの結果が違う~~」という、そんじょそこらのFX商材にありがちな現象が起こります。



でも、ちゃんと厳密に検証するというのは、それなりの慣れとスキルが要求されることです。

1年分とか3年分とか、長い期間をやったからといってそれが身につくものではなく
勉強会にいるのであれば、仲間の結果と見比べたり、
同じ期間を何度も何度も検証し直すことによって身につくものです。


僕の専業トレーダー仲間で「10通貨ペア・10年分の検証を20回やりました」という人がいます。
常にほぼ勝率100%のツワモノです。



過去チャートでの検証に慣れてくると、
今度は実際のリアルタイムの値動きでも、全く同じようにエントリー・決済ができるようになります。







登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP