読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 オススメ記事 」 一覧

(教材)負けた=間違ったトレード なのか?

  2017/02/27     

FX勉強会は教材の宝庫だ。

ある書き込みを取り上げたい。

この書き込みをした方は、熱心に学ばれているし
ブログで取り上げられても悪く解釈する方ではないと思うので、無許可で掲載する。

2017/02/13(月) 18:05 #2006
20170213 ポンド円売り

142.139→142.443 ▲30.4pips

★エントリー根拠
***では下降の4波。上昇の***にぶつかり下落。
***で上昇の***を通り過ぎ、***で下落したところで売りエントリー。
リミットは5分足***

★決済
設定したストップにかかり決済

★総括
午前中の上昇の勢いが強かったことと、
***200MAが上向きだったこともあり売りは見送るべきだったかもしれない。


30pipsのマイナス。

勝率100%というのはあり得ないし、30pipsくらいの損失は許容範囲だし、
気を取り直してまたトレードをしていけばすぐに挽回できる損失ではある。
また、トレードが上達してくれば30pipsまで待たなくても建値決済とか微損で抑えることは可能。

ちなみに、全く同じ場面で僕は+1pips(ほぼ建値)→ドテンで+20pipsの成績だった。
やりにくい相場だったので、損失を出したり少ないpipsになるのはしょうが無い。

で、上のコメントに対しての僕の返事。

2017/02/13(月) 19:01 #2007
***さんへ [参照元:#2006]
>***200MAが上向きだったこともあり売りは見送るべきだったかもしれない。

午前中の強い上昇を考慮に入れるのは正しいですが
その次の文はいただけません。

200MA上向き=見送り なのですか?
今回は負けたから後づけでそう結論づけただけではないですか?
200MA上向きでの売りも、過去に勝てる場面はたくさんありませんでしたか?

これは次に繋がらない、その場しのぎの反省です。

「パターンが出たらエントリー」は当たり前のことで、しなければならないことです。
「何となく怖かったから何となく見送った」という素人判断のほうが害悪です。
↑これをやって、勝った~だのチャンス逃した~だの、トレードごっこをやってる人、いっぱいいるでしょ?

重要なのは、過去の動画で何度か言っているように、「エントリーポイントから利益が出たかどうか」です。
利益が伸びなければ損切りすれば良いだけですし、
伸びないだろうと判断したのなら保有時間を短くすれば良いだけの話です。

(まあ、売りは僕も失敗しましたが)



つまり僕は何を言いたいのかといえば

・ルールに合致したらエントリーしなければいけない
・素人判断で勝手に(当てずっぽうで)見送りしても、上達には繋がらない
・負けトレード=間違ったトレード ではない
・勝った負けたは二の次にして「正しい」振り返りをしなければいけない


ということ。


30pips損切りになったら、そりゃ嫌でしょ。悔しいでしょ。脱力する。

でも、トレード後の分析を
「見送るべきだったかもしれない」という、いい加減な締めにしてはいけない。

これ、結構多くの人がやりますよ。
負けて嫌な気分になっているから、負けた原因をトレードルール以外のワケワカンナイ所から持ってきて
それで辻褄を合わせてトレードの反省を終わらせて、気持ち悪い気持ちに一段落つけようとしている。

ね? 皆さんもやったことないですか?

っていうか、気づかないうちにいい加減な反省をする
ぜんぜん自覚のないトレーダーのほうが多いのかもしれない。

負けたら「~すれば良かった」「~じゃダメだったんだ」っていい加減な、その場しのぎの反省文しか書かない(書けない)。

教えてくれる人がいない、独学で取り組んでる人に多いんじゃないですかね。

それと比べたら、間違った道に迷い込んだら
「それ違うよ~」って正しい道に引き戻してくれる学習環境にいる人って、なんて幸せなんでしょうかね。


これが独学の恐ろしさだし、勉強会の素晴らしさだと思う。

ぜひ「正しい」「次に繋がる」反省を日々していってほしい。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

FXトレードノートの書き方 総論

  2017/02/24     

トレードノートについては今まで散々書いてきた。

FXトレードノートの書き方 リターンズ
FXトレードノートの書き方 リターンズⅡ

FXをする上で、トレードノートをつけるというのは良いことだと思うし





トレードノートを実際に実践した方からも「良かった」という感想をいただいている。


要は、

中身のあることをしましょうね

ということで
見かけじゃないんだよ。

ページのどこにどういうことをどれくらい書くとか
1日何回書くとか
B5なのかA4なのかB6なのかとか
紙質は何がいいのかとか
ペンは何を使うかとか
ノートカバーは何を使うとか

そういうのはどーでもいい。

自分が見つめるべき課題があり、それを的確に書き出し有言実行していく
3日で終わるんじゃなくて、それを長く続けていく
必ずトレードの役に立てる


ということ。

今では僕はFXでフツーに勝てていて、さらには人に教える立場になってるけど
修行時代はいろんなことを試した。
毎日チャートをカラーで印刷して書き込んだりもしていた。
様々なノート術の本も買って実践してみた。

でもね、
それらは尽く役に立たなかったんだよ。

なぜか。

ノートじゃなくて、自分に問題があったから。

チャート画像を印刷して、赤ペンで書き込んでファイルに閉じて
それが1センチも2センチも厚みが増していくのをウットリしながら眺めて

ただそれだけ

って感じで時間だけが過ぎていく。
完全なる自己満足。コレクション品。

日々の自分のトレードには何の訳にも立たない。
しかも、1週間とか、続いても1ヶ月とかで書くのをやめちゃうから何の役にも立たない。

だから、今なら分かる。

自分の身にならないノートは要らない。
それは単なる日記帳、中学2年生のポエム帳なのだ。


トレードノートというのは、勝てない今の自分と
自分の中にある弱点・課題と向き合えるのであれば、どんな書き方をしてもいい。
自分のトレードがどう変わったのか、それだけが重要。

僕の勉強会で以前に教えたシナリオの立て方があるんだけど
最初のうちは、教えられた通りにしっかりと、時間をかけて、長々と書かなければいけない。

で、トレードなんてのは毎週ブログで紹介しているように毎度毎度決まりきったパターンなんだから
慣れてきたらどんどん省略して構わないと思う。

またこのパターンでエントリー、勝った
またこのパターンでエントリー、勝った
またこのパターンでエントリー、勝った

ただこれだけ。
最初していたように、シナリオも長々と立てる必要は無い。
(軸ブレブレの素人の独り善がり自作手法でトレードしてる人は論外)

でも、パターン通りにできなくて「やっちまったとき」は反省しなきゃいけない。

そこで余計なことを書かない。
自分がダメだから、あーすりゃよかった、こーすりゃよかった、グチグチグチグチ・・・
ダメや奴ほどネガティブに長ったらしい反省をする。

で、自分を責めるのにスッキリすると、もう二度とノートなど見ずに
やらかした失敗のことなど忘れてまーた同じことをやらかす。何の成長も無い。

そういうカッコ悪い人間にはならないように心がけること。




なんか話が長くなってしまったけど
ノートをどう役立てるのかはもう分かってもらえたと思う。

最後に、今僕が書いてるノートを紹介。

僕が今使っているのはEDiTというブランドの日記帳。(ちなみに色はターコイズブルー)


1ページの上の欄外に今日やるべきこと、下の欄外に体重とか食べたもののメモ
真ん中の罫線が入ってる部分の下3行がトレードの振り返りをする部分
残った上の部分が自由帳。

トレード記録に関しては、僕はもう書かなくてもいいんだけど(問題なく勝てるので)
ただ、書くと勉強会で人に教えるためのアイデアが湧き出てくるので書いている。

3行なので余計なことは一切書かない。改行もしない。

自分に役に立つこと
明日から・1分後から実行できる身のあることを、選びぬいた短い言葉で丁寧に書く。そして実行する。

僕の勉強会で数ヶ月とか半年とか長く学んでる人は分かると思うんだけど
トレードなんてのは毎回決まりきったパターン通りにやるだけなので
慣れてきたら、僕みたいなトレードノートのスタイルにして良いかもしれない。

毎日の生活で何か不安なことがあれば「自由帳」の部分に書けば気が晴れるのでオススメ。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP