読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 FX勉強会 」 一覧

勝てるFX手法を勉強会とかセミナーで教わるのに何十万円とか何百万円払う奴はバカだと思う

  2017/01/16     

僕が今やってるFX勉強会の入会料が96,000円。

これを高いと思うのか安いと思うのかは勝手だけど
僕はこれくらいで適正価格だと思っているのでこの値段をつけている。

過去、僕が修行時代に参加したFXスクールは入るのに40万円くらいかかったし
その後入った所が20万円
その後入った所が60万円

こういう話を聞いて アホやなぁ・・・ って思うでしょ?

他にも入会に100万円必要な勉強会があって入ろうかどうか迷ったことがあったけど
さすがにやめた(笑)

僕も多くの勝てないトレーダーと同じ「ジプシー」だった。
個人がやってる勉強会とか企業がやってるスクールに参加するだけでその料金。

それに、本やら商材やらEA(自動売買ソフト)やらを購入したし
トレードで何百万円の損失を出しているので
たぶん「勉強代」として合計700万円はかかっていると思う。


700万円と聞いて「えぇ?!!!」と驚く人もいれば
「なんだ、そんなもんか」と、つまらなさそうに言う人もいると思う。

僕の場合はFXで稼げるようになるまでの勉強代が700万円で済んだけど
人によっては1000万円だったり5000万円だったり
しかも、それだけ支払って勝てるようになったかといえば、いまだに惨めな素人トレーダーから脱していない人、多数。
首を吊ってこの世には居ない人だっている。

かと思えば、大きな損失(勉強代)を出さないうちに
例えば僕がやっているような勉強会と出会って、しっかりと学んで成功している人もいる。

「運」と言ってしまえばそれまでなんだけども・・・。


僕はいつもブログで

FXは人から教わるもの

と言い続けている。
学ぶ金をケチってド素人がトレードルールを自作するなど正気の沙汰とは思えない。

じゃあ、僕みたいに98,000円で教えてくれる人から教わるのと
上記100万円取ります みたいな人から教わるのと、どっちがいいのかといえば
それほど違いは無いと思う。

教われるのが勝てる手法かどうか、という問題はある。
全然使い物にならないガラクタ商材を売っている人はネット上にゴマンといる。

でも僕は 本物 を教えている。

僕なんかから習うより、100万円の人から習ったほうがもっといいものを教えてもらえるのか?
といえば、それは違う。
FX手法というのはクオリティが「ある一定の水準」まで達すると、どんな手法であっても大差が無くなる。

A・B・Cの3つのFX手法があったとして
それぞれニセモノじゃなくて、ちゃんと稼げている専業トレーダーが作った
感覚的ではない再現性のある明確なルールのある手法だったのであれば
それは「どれを選んでも正解」ということになる。

何でかっていえば、食い物に例えると分かるでしょ。

何年も修行をした超有名店のシェフとか板前がいたとして
そういう人達が作った料理ってのは、フランス料理でも寿司でも何でも
食った側の感想は「うまい」の一言なんだよ。

優劣なんかほとんど付けられない。
付けられるとしたら、それは各個人の「好み」くらいだ。

その点においてはFX手法も同じ。
いい手法というのはどれを選んでも「いい(うまい)」し
使い物にならないダメな手法は、今にも潰れそうなこ汚い店で食べる腐ったメシのように「まずい」。

でもFXは食い物とは違う。

どの点において違うのかといえば、学ぶ側が努力をしなきゃいけない という点。
メシみたいに、金さえ払えば目の前に出されるものとは違う。

何ヶ月も、人によっては何年も
教えを受けて、検証作業をして、デモトレードをして、リアルトレードをして、修行を積まなければいけない。




話、長いよね。いつも通り。

何が言いたいのかといえば

1.FX手法というのは素人が自作するものではない。
無駄な労力をかけて大事な時間を失うし、失敗してトレードで大きなお金を失う。

2.98,000円の手法と100万円の手法とでは、どちらも「本物」であればそれ以外に大差はない。

3.どちらを選んだとしても、所詮は「他人の借り物の手法」
だから、教わったり、検証したり、トレードしてみたり、努力して自分のものにするのは当然「自分自身」。



その「努力」の部分に関しては、残念ながら僕は「がんばれ~」って応援してあげることしかできない。
お金を出されても努力を与えることは不可能。(アドバイスはしてあげられるけど)

最初の話に戻るけど、なので、僕は96,000円を適正価格としている。

無料にするとやる気のない「変な人」が集まってくるし
手法を組み立てるまでにかかった僕の労力への対価はみんな支払うべきだし
勉強会コミュニティという良質な学習環境を作ったのも僕だし、アドバイスもするし

だから、ある程度の入会金はいただくけど、努力は自分でしてくださいね、ということ。


そう考えると、100万円のセミナーだの勉強会だのFXスクールだの
そういうのに入る奴というのはバカみたいに思えないか?

そういうとこに入ったとして、そこで教えている内容が「本物」だとは限らないし。
100万円払って試すにはリスクが高すぎる。

だから、うちの勉強会みたいなちゃんとした手法に巡り合ったら
それ以上に良いものなんかおそらく無いんだから
あとはコツコツ諦めずに根性出して頑張りましょうね、という話。


以上。





  -  FX勉強会, オススメ記事

FX勉強会への入会をお断りする理由

  2016/07/08     

最近、FX勉強会への入会希望が立て続けにあったが全てお断りした。

入会には作文審査がある。

ただ「FXで勝ちたい」「儲けたい」ばかりの人じゃどうしようもないし
ブログの内容に共感できた人のみが勉強会に入るのが筋だし

だから、ブログを読んでもらって、その中で僕がどういうことを言っているのか
トレードをするために何が大事なのかを書いて提出してもらう。

「ふん、偉そうに」と思ってしまう人は立ち去ればいい。

僕が「入ってくださいお願いします」と頼んでいるわけではない。



で、入会をお断りした人の作文の内容というのは「おしい」感じのものだった。
もうちょっとブログを読んで、もうちょっと手直ししたら審査が通るだろうに、と思った。

が、「審査ありがとうございました」と1度で諦めてしまったようなので
まあ、その人にとって僕の勉強会は「その程度のもの」だったのだろう。
それならそれでOK。


いろいろなパターンがある。
一番イライラするのは、お友達気分でメールを送ってくる人だ。

軽ーいノリで、mixiに日記でも投稿してるんですか?というノリのメールを送って寄こす。

一生懸命に見えない人には教える価値が無いと思うので全てお断りする。
当然。

私はアナタのお友達ではない。



「おしい」人について。

ブログはできるだけ多くの人に読んでもらいたいし
よくあるアフィリ目的のサイトのように、読者に媚びたような、当り障りのない内容のみを書くものではない。

なので、FX以外のことをあーだこーだと面白おかしく?書くことがある。

「パパっとすぐ稼げます」「簡単に十億稼げます」みたいなことは書いてないし
FX詐欺師みたいな人や、ブログにベタベタとアマゾンリンクを貼ってるようなうそ臭い「自称トレーダー」を批判することもある。

しかし、当然そこが本質なのではない。


が、

そこが本質なのだと勘違いしてしまい
「アフィリリンク貼ってないのが素晴らしいですね!」とメールを寄こす。

オイオイ・・・そこじゃねーんだよ・・・・・・

と読む側としては、なる。当然。


しかも、そういう人に限って「ブログを2ヶ月かけて読みました」と言う。

まあ、審査に受かりたいから嘘をついているのか
それか、幼稚園児レベルの読解力しか持ち合わせていないのか

どちらにしても、うちの勉強会で学んでトレードが上達するとは思えない。



世の中には「言ってることが通じない」宇宙人みたいな人間がいることは僕は知っている。

僕が「買いなさい」と教えているのに、なぜか売りボタンをクリックしちゃうような人はいる。

アインシュタインだか誰だかの言葉で
「6歳児に理解できるように説明しなさい」というのがあるが、丁寧に説明しなきゃいけないとも思っている。


でもね、やっぱFXってのは大人がやるものだし
理解力の無い人間がやれるような生易しい内容ではないし

理解力の無い人間がお金を稼ぎたいのであれば
機械工場で日雇い派遣したり、刺身の上にタンポポ乗せる仕事したり
深く考えなくてもできる仕事をするべきだ。

考えることのできない人間にFXを教えたって、どーせ何百・何千万円も損をして身投げするのは目に見えてるんだから。





  -  FX勉強会

PAGE TOP