読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 FXの学習法・取り組み方・姿勢 」 一覧

FX勉強法① ~すぐに諦めない漢になる

  2013/11/11     

→流れ橋(大場克彦氏のHP)


このサイトが素敵です^^

書かれている内容もそうですが、「旧時代のホームページ」という感じで
今風の小綺麗なブログには無い味があって懐かしさを感じます。



で、前回の記事

→デモもストも無い! ~FXで勝てるようになるまでに要する時間②

で書いたように、FXを学ぶには「座学15%、実技が80%」が必要です。

実技にはForexTesterが不可欠ですが、
ForexTesterでの検証作業に入った途端、絶望的な状況にぶち当たることがあります。

「教材に書いてある通りにトレードできない」という状況です。

*自分でシナリオが描けない
*描けたとしても合ってるかどうか分からない
*迷っている気持ちの悪い状態での検証作業が続く


そして、大半の人は諦めるか、ありもしない聖杯探しに再出発します。

真っ当な教材(マエストロFXやパリス昼豚の5万円FXなど)で学べば、行き着く先はほとんど同じです。
優れたFX教材は、根本はどれも一緒です。

しかし、大半の人が再度の聖杯探しに陥って、お金と時間をムダにします。
そのまま学べば数カ月後か1年後にはFXで稼げるようになるのに…。



上記挫折パターンでは、「座学15%」で失敗していることが原因です。

手法が十分に身についていないから、その後の実技で迷いが生じます。

ですから、教材をとことん読む必要があります。


2015-05-11_094259


例えば、パリス昼豚さんの「5万円FX」は、
本編が200ページに加え、購入者サイトのトレード解説が冊子にすると200ページ分あります。

合計400ページ超です(上記画像)。

FX手法の基礎を学ぶためには、エントリーパターンなどの基本事項と
複数時間軸での分析法を学ぶ必要があります。

複数時間軸での分析法は、

*マエストロFXの佐野さんの膨大なトレード動画
*パリス昼豚さんの購入者サイトの数カ月分のトレード解説


などでじっくり学ぶことでしか習得できません。

ここで面倒臭がって手を抜くと、上記のような「実技80%の段階で挫折する」ことになります。
そこで必要となるのが大場克彦氏の提唱する勉強法です。



続く。



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢

デモもストも無い! ~FXで勝てるようになるまでに要する時間②

  2013/11/06     

2015-05-10_163812


→前回 の続きです。



FXで勝てるようになるまでの工程は、

①(真っ当な)手法のマニュアルを繰り返し読む・見る・・・15%
②過去チャートで実際に検証し試行錯誤する・・・80%
③デモトレードでリアルの動きの中で慣れる・・・5%



であると個人的には考えるということを、前回は書きました。

そもそも、「稼げるようになるまで」修得するためにどれくらいの時間がかかるのかというと
自分自身の経験や知り合いから聞いた話、ネット上の体験談を元に考えると

だいたい1000時間

なのかなぁ…と思います。


会社勤めの人が仕事を終えて帰宅して、寝るまでにFXの勉強をするといっても、せいぜい3時間。
それだと1年近くかかります。

正確には、毎日3時間ダラダラやっても効率が良くないため、1000時間以上かかるような気がします。


僕自身はどうしていたかというと、
会社勤めをしていた時代は残業があったり、土日に休みなく働く日々だったので

①勉強時間がたくさん取れるように工夫していた
②その後、見切りをつけて会社を辞めた


という具合に時間を作りました。


①に関しては、

*夜帰宅してからの3時間
*朝は早起きして2時間
*行きと帰りの通勤時間2時間
*昼休みはご飯を食べずにトイレに篭って(笑)1時間

これでようやく1日8時間です。


②に関しては、仕事を辞めた=そのうち生活ができなくなる ということですから、
必死に1日15時間くらいの勉強量をこなしていました。

電車の中などで行う勉強は、パソコンを使ってチャート操作が行えない等の効率の悪い面もあるので
①、②を平均して11時間と考えると、だいたい3ヶ月で1000時間達成です。

リアルトレードで稼げるようになるまで3~4ヶ月かかったと思います。
(勉強の仕方自体を試行錯誤していたので、ちょっと長めにかかりました)



で、ここでようやく前回の「精神と時の部屋」の話になります。


FXを上達するには「②過去チャートで実際に検証し試行錯誤する・・・80%」の段階が最も大切と考えます。
なので、チマチマとリアルタイムで動くデモトレードでは、検証量が圧倒的に足りません。

根拠を考えてのトレードを何百回もこなすことを考えると、ForexTesterでの訓練が必須となります。

勝った・負けたじゃなく、「こういう時に勝ちやすい」「こういう時に負けやすい」というのを
徹底的に脳に刻みこむのです。

FXで勝っている人というのは、例外なくこの試行錯誤の過程を踏んでいます。




前回と今回の記事を整理すると「FXで勝てるようになるまでの手順と時間」は、次のようになります。

①(真っ当な)手法のマニュアルを繰り返し読む・見る・・・15%(150時間)
*単一時間軸でのチャート分析
*(マエストロFXの佐野先生のトレード動画など)複数時間軸でのチャート分析を
 できるだけたくさんのパターンを何度も繰り返し見る。

②過去チャートで実際に検証し試行錯誤する・・・80%(800時間)
*①で学んだことを徹底的にForexTesterでアウトプットし、試行錯誤する。

③デモトレードでリアルの動きの中で慣れる・・・5%(50時間)
*リアルタイムで動くチャートで実際にトレードをしてみる。




早い段階からデモトレードをして「なかなか勝てない…」とかほざいている 悩んでいる人がネット上に多くいますし、身近にもいたりします
そういう人間を見ると、「あたりめーだろ」とイラッとしてしまいます。

真っ当な努力ができてないんでしょ? デモトレードでのんべんだらりとやっていてどーするの??

と、小突いてやりたくなります(笑)



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢

PAGE TOP