読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 FXの学習法・取り組み方・姿勢 」 一覧

アンタにツキが回ってこないのは100%アンタの責任でしょ

  2017/09/28     

ま、僕の偏見も入ってるんだろうけど、真実もかなーり入ってるよね、この話。


近所のスーパーに行くとたまに、レジ打ちの「おじさん」いるじゃん。
レジ打ちってほとんど「おばさん」だから目立つじゃん、おじさん。

で、たまに僕が買い物に行くときに、おじさんだからって避けることはないけど
おじさんのレジ打ちは明らかに「違和感」がある。
やりたくないんだよね、「男のオレが何でレジ打ちなんかしなきゃならんのだ」的な顔してやってるのがほとんどで。

想像だけど、リストラされて仕事無くて仕方なくレジ打ちやってます、みたいな人なのか
イオンに勤めてるんだけど本来レジ打ち係じゃなくて仕方なくやってるんだよ、みたいな人なのか

どっちにしたって、出世できるタイプ、仕事できるタイプじゃないよな。


なんでアンタがやりたくないレジ打ちしなきゃいけないのか、よく考えてごらんよ。
今だって目の前の仕事に一生懸命になれず、イヤイヤやってるんでしょ?

ヒゲ生やして、髪ボサボサで(ハゲはしょうがないけど)
表情暗くて、客商売なのに愛想よくしないで、何言ってんだか聞こえない声で
おまけに口は臭くて汗臭くて

そういう諸々のことを考えるのをサボって、いつまで経っても改善しないから

だからアンタに大きな仕事が舞い込んで来ないんでしょ。


目の前の仕事に常に全力出せとかシンドイことは言わないけど
なんか一つでもコダワリを持ってやってごらんよ。

バイトの男子高校生のほうが清潔感があるし、愛想はいいし、いろいろと能力高いし
よっぽどコダワリ持って働いてるよ。

こういうのは何の職業でも同じ。

FXトレーダーでも同じで、「儲けよう」「儲けたい」だけじゃダメで
「儲からない」という現時点のヘボトレーダーとしての現実があるんだから
思考をサボらず、まずは何が原因なのか、検証とか学習とかやるべきことを間違い無くできているのか
目の前のことを一生懸命に見つめて考える必要がある。





アテの無い遠い未来の、自分が札束のフロに入ってるエロ雑誌の裏表紙の広告みたいな
そんな妄想じゃなくて

今の、目の前のやらなきゃいけないことに、まずはコダワリ持たなきゃいけないんでしょう。

そこに気づかないといつまでも成功はしない。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

自称カリスマFXトレーダーのブログとかに「おすすめの本」とかアフィリリンク貼られてるじゃん。2

  2017/09/25     

前回の続き。



有吉弘行「嫌われない毒舌のすすめ」について。

ここに書かれてる内容は基本、卑屈なものだし、有吉自体はクズだし
そういう彼がどうやって生きてきたのかという処世術。

その中から一部を引用。

成功者の本より身近なヤツのブログを読め!

「自分はそこそこなんだ」
ということに気づいたら、これだけはやっちゃいけないのが、
「成功者の本を読む」ことです。
よくある「◯◯の社長が書いた本」みたいなので、
「こうやったら成功する」とか、
「何でもプラス思考で」とか、
「自分をやる気にさせる方法」とか、
そういうったタメになるような成功哲学みたいなものが書いてある本。
その手の「成功者の本」は読まないほうがいいと思うんです。
そういう本をよむと、何となく、「自分でも成功できる」ような気になるんですけど、そこで勘違いしちゃいけません。
成功した人っていうのは、「特別な人」だから本が書けるんです。レアケースですから、読んでその気になったら大変です。それは完全な間違いだから。
ああいうのが書ける人は、ほんの一握りの特殊な人で、そんな本を読んで、
「自分にもできる!」
なんて思っても、絶対にうまくいきません。
ソニーの会長の本とか、本田宗一郎の本とか、読んじゃダメだって。自分の会社と比べても意味ないから。
そういう成功哲学みたいな本を読んで、
「自分には才能があるはずだ」とか、自己啓発は必要ないんです。
「前向きに生きろ」とか、そういうのはウソです。
むしろ、逆の方がいい。
「自分には才能がない」とか、
「前向きに生きなくてもいいや」とか、
そう思っちゃった方が楽に生きられるし、「そこそこ」で諦めれば、そこそこに生きていく方法は見つかると思うんです。
「自分も◯◯さんみたいに成功したい!」とか思っちゃダメ。自分は自分なんだから。何やったって、「そこそこ」なんですから。
成功者の本を読むくらいなら、身近なヤツのブログを読め!
その方が絶対、役に立ちます。



自分には全然関係ないような、神様みたいに遠い存在が書いた高尚な本より
クズの有吉の経験談のほうがよっぽど信用できるよね。


これってね、FXで成功しようとしている人にもオススメの言葉で

例えば、何年もFXやって勝てない勝てない言ってる人が困って、最後の最後で僕の所に入門してくる。
でも、学び方が悪くて(悪すぎて)、そこから全然伸びない人もいる。

何が悪いのかと言えば、1つの原因が「自分はできる人」って思い込んじゃってることなんだよね。
そうじゃなくて

「自分はそこそこの人間なんだ」
「才能が無いんだ」


って自己否定から始めるから、だから素直な正しいマインドで学ぶことができるんだよね。

自分は名人様だと勘違いしちゃう奴はタチが悪い。
エントリーしろと言った所でエントリーせず、決済しろと言っても決済しない
自分の勝手なチャート分析を始めて自分に酔っちゃって
そして結果が全然出ずに

プライドばかり高いもんだから謙虚に「ごめんなさい」「もう一度イチから学ばせてください」も言えずに
FX自体を諦めていく。
人生の成功者の道を 勝手に自分から 閉ざす。

アホ。


ちなみに、上の引用の次と次の次のセクションの小見出しは、こんな感じ。

「プライドなんか持ってもロクなことにはならない」
「クズにはクズなりの生き方がある」



ね。有吉、卑屈過ぎるでしょ。クズすぎるでしょ。

でもね、歴史上の偉人の言葉より、こっちのクズ話のほうが
実は僕がこのブログで伝えたい「FXで成功する秘訣」に近いような気がするんだよ。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP