読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 FXの学習法・取り組み方・姿勢 」 一覧

正しい努力をしてFXトレーダーとして成功するためにはどうしたら良いのか 5

  2018/05/21     

①思考停止しないこと、②自分自身と相談すること


前回は、途中で別の話になってしまったので元に戻す。

自習室で△とか✕ばかり付けてる人ってのは、自分が成長するための工夫を怠っているダメな人なんだよ。

3時間集中できないんだったら、別の方法を考えなきゃいけないよね。
1時間だったらどうだろう、50分だったらどうだろう
書くだけだと眠くなるので読んだらどうだろう、Quizletを使って楽しくやってみたらどうか

方法はいくらでもある。
3時間ガリ勉をすることだけがマジメな姿なのではない。

来客が来て勉強時間を奪われてもべつにいいじゃん。
客が帰った後で時間延長でやったらいい。
「延長で達成です◯」って報告すればいい。

早起きできない人は、早起きできるように仕向けたらいい。
僕も早起きできない人だった。数年前までは毎朝8~9時に起きていた。
僕の場合は、ロボット掃除機を朝6時にセットすることで早起きの習慣をつけた。


毎朝30分ずっとデカい音を立てて掃除をするので、絶対に起きられる。
家もキレイになるので運気が上がる。一石二鳥。



ここに書いたことで
僕は、毎日できるだけ集中して勉強をするために「小分けにして取り組んでいる」。

いろいろ試した。
最初は1時間区切り、でも嫌になったので時間を減らした。
30分くらいなら楽に集中できるし、次の30分も嫌にならないので、毎日継続して取り組める。
だからそれを採用した。

こういう勉強方法には名前が付いているらしく、「ポモドーロテクニック」と言うらしい。

でも、そういうのは特に意識していない。
ポモドーロだから採用したわけではなく、工夫して自分に勉強時間を合わせていった結果、ポモドーロになったわけで。


世の中、「ポモドーロというやり方はいいらしいぞ」と言ってコレを取り入れている人は多いけど
そういうのって頭が悪いんじゃないかな、と思う。
毎日の学習を質の高い状態で取り組むために、自分と相談して工夫する必要がある。
「ポモドーロだから」「有名なやり方だから」「コレで結果が出てる人がいっぱいいるから」
こんな理由でソレに決めていーんですか? ということ。

そもそも、アナタの人生がクソなのは、そういう思考停止が原因なんじゃないですか? ということ。
ポモドーロは1セット25分らしいけど、本当にその25分はアナタに合ってるんですか?

僕は最初は30分でやっていたけど、今では40分が合っているので40分を3セットで2時間区切りにしている。
そのときの自分の状態次第で30分に戻すこともある。

40分だと勉強が区切りの悪い所で終わることがあるが、全く気にしない。
集中力の無いままダラダラとやることの弊害のほうが大きいし
1セット数時間とかやっちゃうと、疲れてしまって勉強を毎日続けたくなくなってしまう。
(っていうか、「区切りの良い所」なんてのは存在しない。単なる自分の思い込み。)



また話が横道に逸れてしまったような気がする。

何が言いたいのかというと、①思考停止しないこと、②自分自身と相談すること
この2つというのは、実はトレーダーにとってとても大事なこと。

以前どこかで書いたと思うけど、トレードは「アイデアの連続である。」
常に変化するチャートに対してトレーダーのアイデアで対処する。
前回書いたように、ポチおじの話を思考停止で鵜呑みにするような人間は勝ちトレーダーには絶対なれない。

また、勉強と同じく、チャートを見続けるというのも集中力が続かない。
「専業だから1日中チャートを集中して見なければいけない」というのはウソだ。
専業だろうと兼業だろうと素人クソトレーダーであろうと、人間である限り、集中力なんてものは長くは続かない。

チャートに集中しなければ良いトレードはできない。

「だからどうする?」

メンタル本でも読んで10時間集中し続けられるメンタルを身につけるのかい?
メンタルなどいくら鍛えてもトレードは上達しない。
キチガイおばさんのように、実力が伴わず口だけ達者な胡散臭い人間になるだけ。

「だからどうする?」

さっきも書いた。
②自分自身と相談する んだよね。

1日中チャートなんか見てられない、だから1日3時間チャートを見たらPCを閉じる。
損小利大とかおっかなくて出来ない、だから損小利小のスタイルにする。
複数通貨ペアを見ていると頭が混乱する、だから1通貨ペアのみを専門にする


このやり方、どこかで聞いたことはないだろうか。

知ってる人は知ってると思うけど、パリス昼豚さんの方法。
自分の性格とかクセとかと向き合って、工夫して試行錯誤して
で、生まれたのがこのやり方。


じゃあ、パリスさんの教材を読んだ素人クソトレーダーが、そのまま真似したらどうなるか。

たぶん上手くいかないだろうね。
だって思考も工夫もしてないもん。

①思考停止しないこと、②自分自身と相談すること
これ、どちらも満たしてないもの。
この2つが勝てるトレーダーになるための絶対条件。

それ以外はクソ。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

正しい努力をしてFXトレーダーとして成功するためにはどうしたら良いのか 4

  2018/05/17     

「自分はこうあるべき」ってのは絶対に上手くいかない。
だって、人間ってのはそう出来てないんだもの。



以前、オンライン自習室MyroomNeoの紹介をした。
今でも僕は毎日5~7時間くらいの勉強をそこで行っている。

いろんな人が自習室に参加していて面白い。
TOEICの勉強、医学部受験、京大受験、資格取得
または、在宅ワークの人が自分を律するためにとか、早起きが苦手な人とか。

勉強ってのは独りでするもんだけど、独りでやってるとダラけちゃうんだよね。
だからお互いに監視し合う。
監視されていると「ちゃんとやらなきゃな」となる。


でね、自習室の参加者を見ていると、あることに気づく。
学習の仕方が上手い、よく集中が続く、というすごい人もいれば

コイツへったくそだなぁwwww

という人もいる。

「今から3時間集中して勉強します」という宣言をする。
3時間後、その人はどんな報告をするのかといえば、「集中できませんでした」と言って△とか✕をつける。

もしくは、「今日は英語の勉強をします」と宣言する。
結果報告はどうかというと「来客等があり思うようにできませんでした」と言って△とか✕をつける。

さらに一例を挙げると、「朝5時に起きます」という宣言をする。
結果報告、「起きれませんでした」で△とか✕。


なんか、おかしくね? と僕は思ってしまう。

普通の人間は3時間も集中できないでしょ。集中できないのが普通なの。
人間は元々そんなふうには作られていない。

でも、すぐに「~できませんでした」と言ってしまうような人ってのは「こうあるべき」ってのが強いんだろうね。
マジメに勉強しなきゃいけない。だから3時間集中しなきゃいけない。
英語が喋れるようになりたい。自分がやりたいことやってるんだから3時間集中しなきゃウソだ。

なんかね、何時間も集中して勉強できるような大天才か架空の人物を思い描いて、幻想に浸ってるよね。
で、自分もそうならなきゃいけないと勘違いしてしまっている。

で、それに自分が当てはまらないから罰を与える。
「できませんでした」「できませんでした」「できませんでした」。
そうやってストイックにやっていれば、いつかは自分の描いた幻想のように自分がなれると思っている。


そもそも、勉強ってのは何のためにするんだろうか?

知識を蓄えるとか目先のことはさておき
根本的には「自分に自信を持たせる」ということじゃないのか。

数学ができない人が難しい問題を解きまくって「できませんでした」やってても成績は上がらない。
自分にできることを積み重ねていって理解を深め、自信を深めていくからこそ成績は上がる。
英語ができない人がいきなりネイティブを会話をして「できませんでした」やっててもしょうがない。
自分にできることを積み重ねていって理解を深め、自信を深めていくからこそ会話ができるようになる。

この考え方というのは、実はFXでも重要。

一度も勝てていない人が利益を伸ばせるわけがない。
「勝てる」「勝てる」「勝てる」を積み重ねていって成功体験が多い人が、ちょっとポジ長く持って利益を伸ばせるんだよね。

ポチおじのブログ見て「損小利大が王道!」って書いてあるからとか
本とかネット知識で損小利大が当たり前、マトモなトレーダーなら「そうしなきゃいけない」と思っちゃって
ヘタに損小利大やって負け続けて「負けました」「負けました」「負けました」で不成功体験。
それをやって、どーやって勝てるトレーダーになるの?

不成功体験の積み重ねってのは、全く良い所がない。

エントリーも同じ。
最初はみんな、売り買いのボタンをクリックするときにドキドキするんだよ
「まーた負けるんじゃねぇか」と思って。

でも、「勝てる」「勝てる」「勝てる」を積み重ねていって成功体験が多い人が自身を持ってエントリーできるようになるし
自信のない所でトレードしない余裕のある態度を得られるんだよね。



次回へ続く。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP