読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 FXの学習法・取り組み方・姿勢 」 一覧

FX勉強会で勝てる手法を教わったとして、どうやって学習していけばいいんだろうかねぇ

  2018/01/18     

僕は食べるのが元々大好きな人で、去年はかなり太ってしまった。
信じられないくらいお腹が出てしまった。

なので、3ヶ月くらい前からダイエットを始めたんだけど、おかげさまで15kgくらいの減量に成功した。
179cm、83kgあったのが、60キロ台後半まで落ちた。

筋トレもしていたので、非常にかっこよく痩せることができた。



で、今回したいのはそんなどーでもいい話ではなく。

太ってる人が「痩せよう」と考えるとき
最もシンプルで効果的な方法が「食べなきゃいい」ってことだよね。

よく

食べないと逆に太ります!

とかいうウソを平気で言って騒ぎ立てる人がいるけど、んなわけねーじゃん。
食べないけど痩せない、なんてのは物理法則を完全無視してるでしょ。
アナタのお腹の中にはエイリアンでも棲みついているんですか? って話。
SFとかオカルトの世界だ。

「食べないと身体は省エネモード、低燃費状態になります。」

うん、それは本当だけど
でもやっぱ「食べるから痩せない」「食べないから痩せる」んだよ。それ以外にはあり得ない。

それと

食べないと力が出ない
食べないと倒れる
朝ごはんを食べないと思考力が働かない


とか未だに言ってる原始人がいるけど、それも思い込みだから。
実際は逆で、食べないほうが思考力が高まるし、集中力が増す。

また、1日や2日食べなくても倒れることはあり得ない。
身体的にはあり得ないが、アナタが「倒れる倒れる」と強く念じていれば、たぶん職場で仕事中に倒れて救急車で運ばれる。
エントリーして「負ける負ける」と念じていると本当に損切になる弱気な素人トレーダーと似ている。

異常な思い込みの癖がある人って、FXで勝てないことが多い。
逆に、思い込みとか先入観を手放せる人は、初心者でもスンナリ勝てたりする。
このへんはセドナメソッドと似ている。



話を元に戻して。

単純に「痩せよう、だから食べない」だと、ダイエットは成功しやすい。
やることは単純だからだ。

でも、単純明快なことをせずに
「ただ痩せると不健康だから筋トレもしなきゃ」になると、難しいことが2つ重なる。
ダイエットの成功率が格段に下がる。

難しいことに挑戦してダイエット成功しました!
みたいに自慢してる人がネット上にいるじゃん。アフィリ広告だらけのサイトで。
それはね、その人がよっぽどのウソツキか、よっぽど常人より優れてるんだよ。
だから凡人のオレとかアンタがマネしたって、単に不成功体験を植え付けられるだけだから関わらないほうがいい。

さらに
「糖質制限して」「筋トレもして」「栄養に気を使った食事にして」
「筋トレだけじゃなく有酸素もして」「ついでに毎日ストレッチもやって」
「便が出なくなるからそのための食事とか運動も考えて」
「ダイエット法とか身体についてたくさん勉強してもっと詳しくなって」
だと、さらにダイエットの成功率は下がってゼロに近くなる。


これ、FXも同じ。

例えば僕のFX勉強会で
僕がFXの手法を10個教えたとする。どれも「正しい」「使えるもの」。

でも、最初から5個も10個も一度にモノにしようとすると、高確率で失敗する。
なんで最初から5個も10個も取り組んじゃうのか?

勝ちたい!金儲けたい! って欲があるからだよね。

だから僕はいつも言う。
「勝ちたい・儲けたいという欲は一旦脇に置いときなさい」
「目先の勝ち負けより、トレード技術を向上させることだけ考えなさい」
って。

で、ちゃんと自己分析をして自分に足りないものを見定めて課題を設定して
まずは10個あるうちの1つに取り組むんだよね。
取り組んだら、結果がどうなったかを評価する。
それを何度も繰り返して、取り組んでいる1つをまずはモノにする。
そして2つめに取り組む。

(一部の天才を除けば)FXで勝てるようになるためには、方法はコレしかない。


ダイエット本ってこの世から無くならないじゃん。
常に新しいダイエット法が出てくるよね。

それは、みんな単純なことをすればいいだけなのに、あれこれ余計なことをして成功率が低いから。
だから「こんな方法もありますよ」って毎年いろんなダイエット法が流行る。
どっかの誰かの金儲けのために、どっかのデブが乗せられる。


FX手法の本とか商材ってこの世から無くならないじゃん。
常に新しいトレード手法が出てくるよね。

それは、みんなうちの勉強会に入って単純な学び方をすればいいだけなのに、あれこれ余計なことをして成功率が低いから。
だから「こんな手法もありますよ」って毎年いろんなトレード手法が流行る。
どっかの誰かの金儲けのために、どっかの貧乏人が乗せられる。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

成功に結びつけるためのFXトレーダーの学習法2

  2018/01/10     

前回の続き。


とりあえず、僕がFX勉強会の中で推奨している課題がある。
それは

デモトレードで資金を2倍にしたらリアルに移行する

というもの。

ただし、常識外れな枚数でトレードして「はい、2倍になりました」っていうふざけた人が以前いたけど
そういうのはナシね。
だいたい、10万円で1枚。
ということは、だいたい1000pips取ると資金は2倍になる。
それでデモ卒業。


で、この目標はあくまで「大まかなもの」だよね。
アナタはどれくらい時間が取れるんですか、と。
アナタはどんなトレードスタイルでやりたいんですか、と。

1日中チャートを見ていられる人もいれば、チャートを見られる時間が少ないという人もいるはず。
例えばこういうこと↓

いつも最高の解説動画ときめ細かいコミュニティへのサポートに大変感謝しております。
7月に勉強会に入会させて頂いてからちょうど半年が経ちました。

(中略)

9月頃から業務が多忙となり、毎日帰宅がほぼ23時~0時くらいで、
帰宅後にざっと環境認識して、当日の空白チャートにライン引いて***描いて
エントリーポイント書き入れて終わる日々でした。
たまに早く帰れた時はずっとデモトレードに励んでいましたが。

コミュニティのトレード報告にUPした成績です。
8月 5トレード +61.2pips
9月 2トレード +8.4pips
10月 3トレード +49.5pips
11月 1トレード +23.4pips
12月 ノートレード

しょぼいですが負けてないです。
平日はほぼトレードができないので、
土日は解説動画とCSにかなり熱を入れて取り組んできました。

(中略)

今年は大変お世話になりました。
私にとっては先生とフィボトレードに出会えたことによって、衝撃的な一年となりました。

また来年もよろしくお願い致します。



自分は月に何pips取りたいのか。
50なのか200なのか400なのか。

例えば、まずは月に200pips確実に取る、という目標を立てたとする。
現在の自分の月間のトレード数は100回。
「多すぎだろ、コレ」と。

じゃあ、どうするか。
まずはエントリーを厳選しようと考える。
アホみたいに思いつきで入るんじゃなくて、ちゃんと条件が揃った所を「狙って」入るようにする。

狙って入るにはどうしたらいいか。
「ちゃんと条件が揃った所」を自分がわかってなきゃいけない。
推奨しているケーススタディをやる。
チャート上で勝てそうな所と、よくわからない所があるので、それを見分けられるようにする。

1回練習しただけじゃ当然分かるようにはならないので
チャートの同じ箇所を繰り返し練習し、検討し、試行錯誤してみる。



1000pips取ろう
資金を2倍にしよう


というのは大目標だよね。
だから、わかりやすいように、大目標に至るまでに「とりあえずやっとくこと」を定める。
それが例えば

月に200pips(50pipsでもいい)取る

というもの。

じゃあ、どうしたらいい?

が、さらに具体的に見えてくるよね。


こうやって具体的なことを考えて実行していく人って
「ケーススタディ頑張ります!」みたいな抽象的なこと言わないよね。
よくいるでしょ?「ケーススタディ頑張ります!」しか言わない(言えない)人。

そうじゃないよね。
「こういう目標があるから、そのためには◯◯をしなきゃいけない」って明確な、目先で実行することが決まっている。

目先でやることが明確だから

そのことのみに集中できる。


なんかね、伸びない人って、目先のことに集中できてない人が多いのかもしれない。
目の前の自分のやるべきこと「のみ」に100%集中するのが正しい。

注意散漫な人というのは、練習法があっちにふらふら・こっちにふらふらする。
大目標の「1000pips達成」しか見ていない。
もしくは、単なる目先の勝ち負けとか。
そこに至るまでの細かなステップを全く意識していない。
「ただひたすら頑張っていれば」ある日いきなり夢みたいに夢は叶うと思っちゃってる。


それからね、次の2点を意識したほうがいい。

「一度にやろうとするとだいたい失敗する」
「繰り返したほうが遥かに学習効果が高い」


例えば、僕が推奨しているケーススタディ。
1年分を一度にやろうとしている人。
達成感は得られるかもしれないけど、それってオナニーでしかないよね。
例えば1週間分を1回やったら、もう一度チャートの同じ所をやってみる。
すると、前とは違う思考が働く。

例えば、週間50pips取ろうと課題を設定した。
一度に達成しようと考えない。
30pipsのときもあるし、微損になるときもある。
(ルール的に)それで仕方ない相場だったのか、改善した方がいいのかを考える。
思考して翌週また試行する。
目先の小さな課題に何度も何度も取り組み、精度を上げていく。
失敗して落ち込む時間が非常にくだらないので勝ち負けは気にしない。


すぐ挫折して諦めちゃう人いるよね。
そういう人って、細かい所に拘れないね。

週50pips目標だったのに10pipsでした、損失でした
 ↓
ダメじゃん
 ↓
諦め・思考停止。

とりあえずケーススタディがいいみたいだからやる
 ↓
漫然とやってるから効果が出ない
 ↓
諦め・思考停止。

資金を2倍にすればいいと聞いて
 ↓
途方もない目標だな
 ↓
諦め・思考停止。

人の言うこと聞かずに自己流でやる
 ↓
全然上手く行かない
 ↓
諦め・思考停止。


なんで上手く行かないの?
その理由を、いったん立ち止まって考えたの?
一時的にダメでも試行錯誤を繰り返したの?
目先にやるべきことに100%集中してるの?


ね。




あとね、今回僕が書いたことってのはあくまで「例」だからね。

思考停止してコレをそのまま自分の目標として採用する、ってマヌケなことはしないほうがいい。
ちゃんと脳を動かして、自分と対話して、自分に一番合っている課題を設定すること。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP