読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 FXの学習法・取り組み方・姿勢 」 一覧

ForexTesterは使わずに、あらゆる余計な感情を排してFXのチャート分析をしよう ちんこ

  2017/09/14     

FX勉強会の中で「コラム」という場所があって、そこで書いてる内容なんだけど



こちらのブログに全文掲載する。大事な話だと思うので。

こことかここで書いているケーススタディについての話。
ケーススタディとは、僕が勉強会の中で勧めている訓練の仕方。

素人の思いつき手法でやってる素人のトレードは何やっても一生上達はしないが
僕が教えているような「正しい」手法では、ケーススタディは効果を発揮する。



やっぱりケーススタディは必要、という話。

「こんなもん意味ねーよ」とカッコつけてやらない人がいるんだけど、なんか勘違いしてそう。

リアルタイムでチャートを見て、後からいろいろ気づく状態は危ない。
それだとトレード自体ができないので。
なので、現状に満足せずに「能力開発」を行う必要がある。
後付けじゃなくて、リアルタイムのチャートを見ている状態でいろいろなものに気づく能力が必要。

ケーススタディではなく、日々のトレードの振り返りを行う人は多いと思う。
しかし、それでは不十分なことが多い。

過去のトレードを振り返って
そのエントリーは良かったのか、悪かったのか、仕方ない損切りだったのか、など
自分が行ったトレードというのは、自分を否定したり、肯定したり、何かしらの感情が働くことが多い。

相場というのは100点満点が絶対にない、常にどこか不完全燃焼の状態でいなければならないものなので
トレードの振り返りというのは純粋なチャート分析にはならず
どこか安定した場所に自分の心を落ち着かせるための作業になることが多い。

そうじゃなくて、全然関係ない過去チャートの一部分(1トレード分)を取り出してみて
その1つの地点で何が見えてくるのか
TL(TRと書く人がいますがTrend Lineですよ)は引けるのか、フィボ何%なのか、***はあるのか
その他あれこれと、チャートの中に見えるものが無いのか「純粋に」トレーニングする必要がある。

僕のケーススタディ(お手本)を見ると、利益になる所だけやっているように見えるので
「損失の所もやらなきゃ」とか余計なことを思う人、いるかもしれないが
それは本当に「余計なこと」で、難しいことを考えずにお手本通りにやればいい。

リアルタイムでトレードをしていると、エントリーがちょっと早くて損切りになっちゃったり
損切り判断が早くて余計な損切りをしたり、そういうことがある。

要は、理想のエントリーポイントはどこなのか
その時点でチャートを見て気づくことは無いのか
それだけ考えていれば良いことになる。


波及手法でもそうだけども、特に最初のうちはチャートの右側が見えないもの
つまりForexTester的なものを勧めないのは上記のような理由がある。

さっき言ったリアルトレードでの、自分に対する否定や肯定みたいな感じで
「先が見えない不安」「勝ちたいという感情」「どこか安定するポイントに自分の心を落ち着けたい」というのが芽生える。
それってとっても要らないもので、そういう訓練はリアルですればいいじゃん、と思う。

じゃなくて、今は腰を据えて、落ち着いて、とにかくあらゆる「余計なもの」を排除して
「止まっている」「右側が見えるチャート」を純粋に見て練習しましょう、と言っている。

ForexTester的なものをやり終えると心地よい達成感に包まれると思うが
それは単に自己満足なことが多い。

僕に言われた通りに訓練すればいいんじゃないのかな。



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

FXトレーダーとして成功するためにこれを3回読んで実行に移そう

  2017/09/09     

先週の話に関連して。


難しい相場と簡単な相場は交互に来る

ってのを僕は常々言ってるんだけど
簡単な相場のときに勝てるのは当たり前なんだよね。

でも、相場ってのは

簡単な相場、難しい相場
上昇トレンド、下降トレンド、レンジ
わけわかんねー値動き


ぜーんぶひっくるめて「相場」なんだよね。

簡単な相場のときにいかに勝ち、難しい相場のときにいかに損失を抑えられるか。
FXトレーダーになりたかったら、それら全てをちゃんと経験しなきゃいけない。
都合のいいときだけ「勝てましたー」つっていい気になっててもしょうがない。


でね、うちのFX勉強会、ほとんど95%の人が真面目に熱意を持って取り組める人なんだけど
残りの「ほんの少し」が、何とも怠惰でやる気が無くいい加減な人が入り込んじゃってるんだよ。

入会時に選んではいるつもりだけど、ネット上のやり取りだから僕も完璧に見分けられるわけじゃなく
あと、最初はやる気があっても情熱が長続きしない人もいたりして。

でね、ちょっと前の相場が少し「難しい相場」だったもんだから

やーめた

ってハナクソほじってアホヅラこいて投げ出す(逃げ出す)人が3人ほどいたんだよ。
それも超短期間で。
最短、入会2週間。

まー、こんなんじゃFXじゃなくても何の仕事に取り組んでもムダだと思うし、
一生成功なんかしないんだろうね。

「入社3ヶ月で仕事をやめる若者」みたいな感じで。全く見どころが無い。
ってか、3ヶ月でやめる若者より根性無いんだよね。

FX勉強会の中には「コラム」というコーナーがあって、FXを習得するために大事なことをたまに書く。

そこに僕はこんなことを書いた。

月末に、フィボトレード退会者の追い出しを行います。

で、昨日がその日だったのですが
いつもより少しだけ多かったですね、やめる人が。
4人ほどいました。

元々やる気の無かった人も1名入っていたので除外しても3名。

まー、なんか「もったいない」の一言です。
長い間FXで勝てないで苦しんでいて、ようやく出会えた「勝てる手法」を手放してしまうというのは。

3人が諦めてしまった理由というのは、たぶん以下のようなことなんだと思います。


今週は難しい相場のように僕には感じられます。
実際、コミュニティ内のトレード報告を見てみても、負けトレードの人が若干多いように見えます。

ここは「勉強会」なので、未熟な人もいますから、そういう人の損失は仕方ないですし
上手い人でも難しい相場に当たったら、いかに損失を少なくしてやり過ごすかが重要なわけです。

でも、やる気のない人
FXなんてお手軽に稼げるもんだと思っている人
覚悟をもって学習に望んでいない人
は、単なる勝ち負けだけで物事を見ますから

なんだか勉強会内で負けトレードの書き込みが多いみたいだぞ → やめよう

という、非常に頭の悪い短絡的な行動になるわけです。


先週の動画でも言いましたが、トレーダーにとって都合のいい相場だけではありません。
簡単な相場・難しい相場は交互に来ます。
なので、難しい相場との付き合い方も学ばないといけないのに
難しい相場と出くわしたらそこで諦めちゃうんですよね、そういう人は。

まー、やる気ないんだったら今のうち諦めたほうがいいです。
やる気ないのに続けていても身にならないですし
時間とお金のムダなので。

世の中にはFXより楽しいことはいくらでもあります。

酒飲んで、美味しいもの食べて、ゲームして、マンが読んで、寝て、オナニーして、風俗行って、愚痴言って
怠惰な生活を送っていたらいいんじゃないでしょうか。

みごとに一生貧乏人でしょうけど。



あと、明日投稿のブログが面白いと思います。読んでみてください。



で、やる気のある人はね、僕のこういう発言に対して正常な反応を返すんだよね。



ってか、難しい相場難しい相場とさっきから言ってるけど
僕の成績はここに書いたように(一生懸命やらずに)月間380.9pipsで専業トレーダーとしては超フツーの成績だし

ちゃんとフツーに勝ってた人もたくさんいる。一部紹介すると

師匠、いつもお世話になっております。
今週もお忙しい中、解説動画ありがとうございました。

今月トレードを始めてから初めて月+400pips超えという結果が出ました。
とりあえず計算してみてビックリしましたが、ただあまり嬉しくはありませんでした。
全部とは言えなくとも8~9割が師匠の教え通りなら万々歳だったのでしょうけど、
今の自分はこれの良くて半分、実際は半分以下の実力だと捉えています。

今週の動画は自分には学ぶ技術がたくさんありました。
来週はその技術を1つでも多く活かせればと考えております。

先週の課題、逆バリはせず見ることに徹するですが、見ることを選択することが出来たという意味ではとても良かったと思います。
ただあまり固執しすぎて、買いだけに拘るのはいいが危なくなってきた場面にも気付けるようになっていながらも、
無理矢理トレードする癖をスルーしていることを感じ、動画の師匠のお言葉ではっきり自覚しました。
「中庸」を思い出します。

来週はトレード数が減る、あるいはノートレードになろうとも渾身の一発に拘ってやってみます。
来週もよろしくお願い致します。

夏も終わり少し涼しくなってきたように感じます。
朝晩肌寒い日もあり、そちらはより温度が低いようで、どうぞお身体にはお気をつけてお過ごし下さいませ。


8/28(月)~9/1(金)までのデモトレードの結果を報告させて頂きます。結果としては+60.8pips(4勝1敗)、また8月の月間収支としては+276.5pipsとなりました。今週は前半の大きな下げがありましたが、その後の上昇など自分にとっては難しい相場だったためトレードは控え自信のあるポイントだけトレードするよう心掛けた結果プラスで終わることができました。月間での収支もプラスとなったものの、8月の後半は損切が続き損失を取り戻そうと、環境認識やチャート分析を無視して利益を伸ばそうと欲張ってしまう、という非常に悪い癖が出てしまいました。ただこの悪い癖は毎日の反省と週末の週間動画での答え合わせで徐々に改善してきたように思います。2か月間のデモトレードで課題も明確になってきましたのでトレードに反映していこうと思います。今月もどうぞよろしくお願い致します。



まだまだ未熟ながらも、しっかりと利益を出せてる人はいるんだよね。

もう一度言う。

難しい相場と簡単な相場は交互に来る。
それぜーんぶひっくるめて「相場」。
それら全てをしっかり経験して勝てるトレーダーになる。


これ、大事。


めんどくさい?

楽にお金儲けられたほうがいい?

違うでしょ。
死ぬまでずっと利益を永続できるのが、僕がFX勉強会で教えている裁量トレードだし
10万円が100万円にでも1000万円にでも増えるハイパフォーマンスなのが裁量トレード。
一生の仕事にできるのも裁量トレードなんだよ。
(ま、今週も自動売買で成果は上がってるけど。)



ってか、僕の言いたいこと、わかる?

自動売買だろうと裁量トレードだろうと、「FXで利益が出せる人」って決まってるの。

正しい手法をもって
素直な正しいマインドで学ぶことができ
粘り強く長く続けること


こういう人 だけ が成功できるんだよ。小学生でも知ってる。


マトモに取り組もう。

マトモに生きよう




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP