読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

ディープラーニングで自分(超儲かってる専業FXトレーダー)のコピーを作る1

      2017/06/14

こないだ話したことに関連して。

僕はディープラーニングに興味がある。

ディープラーニングというと、囲碁の世界チャンピオンをコンピュータが倒したとか
人間が全く思いつきもしないような定石をどんどん生み出すとか
一言で分かりやすく言うと「すんげぇの」ということ。



昔、FXで全く儲かっていなかった時代にEA(自動売買)でシステムトレードを研究していたことがあって

全くダメだ

という結論に達した。

今でも何万円もするEAが巷に売りに出されているけど
そんなものはほぼ99.99999999%がウソッパチなので買わないほうがいい。

EAなんてものはおもちゃみたいなもので、おもちゃでトレードしたってプロなんかには敵うはずがない。
FXは世界中のプロ相手に戦わなければいけないんだから
おもちゃ使ってないで、専業であろうと兼業であろうと本気で戦わなければお金は儲からない。

もし仮に、本当に儲かるEAがこの世に存在したとして
誰がそれを売りに出すだろうか。

そんなものがもしあるんだったら、そりゃ、ニヤニヤしながら家でこっそり使うよね。僕だったら。

使い物にならないから「売って儲ける」んだよね。


って、僕がこういうことを言うと
「お前だってFX勉強会とか言って手法を売ってるじゃないか」って言うアホ 人が必ず出てくるんだけど
それとこれは違うでしょ? って話。

EAは努力せず簡単にコピーできる。
裁量手法は努力して学ばないとコピーできない。
しかも、努力次第ではコピー以上の成果が上げられるし、努力しなかったら「それなりの」成果しか上げられない。

前にどこかで言ったと思うけど、なんで僕がFX勉強会を開いているのかといえば

単なる暇つぶし

なんだよね。

トレーダーってのはずーーーーーーーーーーーーっと家に閉じこもってパソコンを見ているだけでお金が儲かる。
(そんなことないよ、損もするよ、って言うかもしれないが、それは単にアナタがヘボトレーダーなだけ。)

一言で言うと「ヒマ」。

買ったり売ったり決済したり
ワンクリックにもはや何の感慨も無い。

だから「なんか始めてみようか」という、当然の流れになる。

自分の出来ることといえば、当然「トレードを教える」ということだから
ネットで塾を開く。
ブログを書く。
たくさんではないが人が来る。
やりがいがある。

うん、いいじゃない。


やる気のない奴が来て僕のことをイライラさせることもあるけど
でも、それも含めて面白い。

だから僕はFX勉強会を開いている。



何の話だったかというとディープラーニングの話だった。

いつもの通り、話題が横にそれて話が長くなったので次回に続く。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   

 - トレード手法など

  関連記事

勝てるFX手法を僕と一緒に考えてみないか? ~水平線・ボックス 5

第1回 第2回 第3回 第4回 「なんだこんなもん」と思いましたか? 予想と違っ …

朝スキャ

昔、 3~4年くらい前、 メラゾーマというEA(自動売買ソフト)を使っていたこと …

フィボナッチについて質問をいただいたので

先日書いたフィボナッチについて質問をいただいたので、一応答えます。 予め断ってお …

FXの検証結果の数字とかグラフを見て分析するのってワクワクしません?1

今、FX勉強会で教えている手法をもっと良くする方法を模索中です。 パフォーマンス …

クソすばらしいFX検証ソフトReviewCandleChartの紹介 ~ForexTesterとか裁量バックテスターとか裁量トレード練習君とか興味がある人へ

僕のFX勉強会に参加している方が作ったすんげぇMT5インジケータReviewCa …

まだku-chartで消耗してるの?

ku-chartで(精神を)消耗しちゃってる人が多い。 非常に気の毒だ。 ku- …

「10pips抜きましょう」は正しいし、最強のトレード手法だと思う

「FX 10pips抜き」とかいうキーワードで検索してみるじゃん。 そしたら、た …

専業トレーダーになるには資金いくらから始めたらいいの?

昔話。 僕がFXで生計を立てていこうと決めたのは、もうわかんないくらい昔のことで …

フィボナッチとエリオット波動とMA(移動平均線)で行うチャート分析 ~勝てるトレーダーになるための 2

前回の続き。 ここで行っている分析は、あくまでFX勉強会内で教えていることの「簡 …

勝てるFXトレーダーのトレンドラインの引き方・手法2

前回の続き。 前回の話の重要さに比べたら、今回の話題は「具体的」ではあるが重要度 …


PAGE TOP