読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

サラリーマン的思考ではトレードで勝ちづらくなるんじゃないか

      2017/03/31

サラリーマンというのはつまり
「1日○時間働いたから○円のお給料をいただけます」ということだよね。
コンビニのバイトも同じ。「時給○円」とか。

じゃあ、それをFXのトレードに当てはめて考えてみると

一生懸命に環境認識をしてシナリオ立てて
待って待って待って待って
シナリオの位置までレートが来て、予測した動きになって
いざエントリー!
そこから利食いを待って待って待って待って
ようやく決済

という流れになって
それで1日8時間働いたとして、1ヶ月でサラリーマンの平均収入を上回るかといえば
そういう人もいるし、そうでない人もいる、ということ。

FXはレバレッジが効かせられるし
もしくは、種銭が多ければ枚数が張れるし
そしたら(上手いトレーダーだったら)大金を稼げるわけで。

逆に資金10万円とかでやっているんだったら、1ヶ月数千円とか数万円しか稼げない。

もしくは、素人トレーダーの思いつきトレードでいい加減に遊んでるんだったら
1ヶ月マイナスで終わったり、口座破綻して終了、となる。



でね。

実は今回話したいのは、そういうことではなく。

○時間働いたんだから○円貰うのが当然

的な考え方をトレーダーがするとロクなことがない
という話。

シナリオ立てたんだけど、もしシナリオ通りにならなくてエントリーできなかったらどうなるか。
チャートの前で3時間待ってエントリー見送りとなったときのガッカリ感。
それでも「これだけ待ったんだから」と「エントリーしちゃう」。
そして要らない損失を出す。

3時間待ちに待って、余計なエントリーをして損失を出したときの精神的ダメージ。

もしくは、3時間待ちに待って
シナリオ通りに動いてエントリーして
エントリーポイントから利益が伸びてきたんだけど、あまり伸びなくて
でも3時間待った分くらいは稼ぎたいと思って粘ったら、結局建値で終わった、みたいな。

3時間待ちに待って、余計な利伸ばしをして建値で終わったときの精神的ダメージ。


コレ、誰しも経験あるじゃないですか。

それじゃトレーダーとしてダメだから
だから「ルールに従って淡々とトレードしましょう」なんだよね。

エントリーも決済も、待ち時間とか関係ないので全てルール通りに行う。

3時間待とうが10時間待とうが、相場にとっては、んなこと全く関係ない。
5分待ってイイトコで入れて50pips取れるときもあれば
数時間待って入ったんだけど、結局数pipsしか取れなかった、みたいなのもある。

時給換算のサラリーマン的思考では、トレードは上手く行かないことが多い。

なので、あくまでトレードはルール通りに淡々とやるのが良い。

今回は20pips取れた
今回は5pipsだった
今回は損失だった
今回はたまたま100pips一気に取れた

とにかくルールに従って淡々とやり続ける。
アホみたいに一喜一憂しない。

これ。















なんだか、まるでFXブログみたい。


登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXトレーダーとして, オススメ記事

  関連記事

焦らず、腐らず。

「焦らず、腐らず」というのは有名人の格言らしいですが。 それはさておき。 「焦ら …

FXは矛盾のゲーム

主に先生のおっぱいが、すごい。 FXってのは矛盾のゲームなんだけども 矛盾とどこ …

(教材)負けた=間違ったトレード なのか?

FX勉強会は教材の宝庫だ。 ある書き込みを取り上げたい。 この書き込みをした方は …

GBPJPY +261pips ~FX勉強会 トレード報告26 あと、諦めなければ絶対にいいことあるという話。

たまに外界に降りてみるのも面白いです。 ニコニコ動画の大和証券が提供してるFXチ …

FX勉強会参加者「それぞれの想い」163 ~ステキよね

milk様 いつもお世話になっております。 2016/10/2から勉強会に参加さ …

それぞれの想い119 ~(●≧ω≦)9

※皆さんからのお便りを紹介する趣旨はこちらに書いています。 こんにちは、お世話に …

Baby steps to Giant strides 2

前回の続き。 FXでは過去のデータの分析を元にルールを組み立ててトレードをするべ …

そもそも根本的なことを言ってしまい大変恐縮ですが

FXトレードを学ぶ際によくいる「時間が取れない」という人 それじゃあ、学び終わっ …

不動産投資などいかがですか?1

僕のトレーダー仲間で、現在はFXを卒業して不動産投資に転向している人がいる。 複 …

場合分け2

前回の続き。 ダブルトップ(ボトム)について、いろんな場合が考えられ それらのど …


PAGE TOP