読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

すり合わせ

      2016/07/01

今、FX勉強会で裁量トレードを教えている。

ルールでガチガチに固めた機械的手法と、裁量トレード、どちらでも選べるようにしている。

どちらでも「儲かる」。(学ぶことを諦めなければね)


裁量トレードのほうは自由度が高いし、フィボナッチ、トレンドライン、ストキャス、MAなどを駆使するので
いかにも「FXやってる」という雰囲気で
日々トレードしていて楽しいという感想を持つ人が多い。

僕もそう思う。


毎週土曜か日曜に、一週間分のトレードポイントや相場状況などを動画で解説を行う。

「こんなに明確に解説をしてくれる勉強会なんて他に知りません」という感想をいただく。


明確じゃなければ勉強会をやる意味が無いと思っているので
このような感想には特に驚きは無い。
数年前に勉強会を始めたときも、今も、これからも、ずっと「明確」だ。



ただし。

裁量トレードなので、本当のエントリーポイントと、自分がエントリーしたポイントにズレが生じることがある。
そこが正解だと思ってエントリーしたのに
後からチャートを見ると「俺、なんでこんなとこで入ったんだ?」となる。

これはしょうがない。

これができれば、最初から僕の勉強会なんかには誰も来ない。
自分で楽しく好き勝手にトレードをしてお金を稼ぐ。

でも、それができないから入門する。


解説のトレードポイントと自分のポイントとがズレてる!

と疑問を持ったときから「勉強」が始まる。
疑問さえ持たない人は、まだスタート地点にすら立っていない。


正解は示されている。
その正解と、自分のトレードのズレを埋める作業が必要になる。

それが面倒で諦める人
仕事が忙しいからと言って動画を見ずに溜めて後で一気に見る人
人のトレードばかり見て自分でトレードをしない人

これは論外。

論外はほっといて、

毎週の解説動画を何度も見る
紙にまとめる
自分のトレードと比較する

これをやる人は伸びる。
近い将来、数千万円とか数億円とか、自分の得たいだけのお金を得ることができる。


もっと賢い人は、もっと細かいことをする。
解説動画をただボーッと見るだけではなく

ローソクの形はどうなっていたのか
MAの位置・傾きは?
ストキャスの位置は?
フィボナッチの数値は?
どのような相場状況だったのか
トレンドラインの引き方は?
売りと買いの○○○○の描き方は?
○○○のエントリーパターンは正確にはどのような形なのか
自分のエントリーポイントとどのように異なるのか


それぞれを細かく見る。分析する。書き留める。それを長く続ける。

そうすると、トレードスキルが急成長する。
数千万円・数億円までの時間が予想よりかなり早くなる。
そのうち、FXがクリックゲーとなる。(飽きるけど)



(マトモな)トレード解説をしてくれる先生と運良く出会えたのであれば

その人のトレードと自分のトレードとの差を埋める「すり合わせ」の作業とトコトンするといい。
それも変態的に。


登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

  関連記事

FXトレーダーにおけるメンタル強化について真剣に考えてみる4 ~性格改善

前回の続き。 これまでの1~3について ① 途中で読むのを諦めちゃった人 ② 「 …

「限定」しちゃうんだよね。

新しい勉強会で教え始めてしばらく経つ。 やる気のある(儲けたいと思っている)人が …

FXとかでお金を稼ぐために一番大事なこと。軽薄な奴は死んだほうがいい。

僕はツイッターをやってるんだけど まー、単にブログの宣伝になるからやってるだけで …

FX勉強会参加者「それぞれの想い」163 ~ステキよね

milk様 いつもお世話になっております。 2016/10/2から勉強会に参加さ …

「あなたはどちら側の人間になりたいのですか?」

簡単にお金を稼ごう お金は欲しい、でも努力はしたくない そういう人間が世界の90 …

チャンスを逃さない

僕は、先日でもうトレードは引退しました。 額はちょっと言えないのですが○○○円稼 …

この根性無しが

お金稼ぎたいから現金かけてリアルトレード始めました~ の人には数種類いて、僕の言 …

クラピカ理論 ~今日の一言的なアレ3

クラピカ「迷ったらチャートの左を見るんだ」 物語はチャートの左側から始まっていま …

FX勉強会参加者「それぞれの想い」136 ~安☆心☆感

※例によって1ヶ月以上前にいただいたお便りです。 milkさん いつもお世話にな …

宝くじ買うんならFXにマジメに取り組んだほうがいいと思うんだけどね、確率論的に。

大昔に読んだ「確率論的思考」という本 確か、読書嫌いの僕でもそれなりに面白く読め …


PAGE TOP