読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

ForexTesterを使う必要性、今はあまり感じてないんです。

      2016/05/30

今ね、新しい裁量5分足トレードを教えようと思って、準備をしてるんです。

もう大体のことは決まっていて新しいサイトで人を集めて教え始めているんですが
このサイトはあくまで「テスト」なんです。


1年後か1年半後くらいに正式な勉強会を立ち上げて
「それなりの」授業料を取って体系的に教えたいと考えています。

専業トレーダーコース

と名付けようと思っています。

より高度なトレード技法を教える勉強会。
僕がスカイプや動画で手取り足取り腰取り教える勉強会。
希望者にはコミュニティサイトに入ってもらって徹底的にアウトプットできる場も提供する。

これが僕の新しい目標です。


だから、今のテスト用の新しいサイトに入っている人たちはお得なんです。

1年後か1年半後に立ち上げる勉強会の、「それなりの」授業料を払わずに学べるんですから(笑)
ぜひ、ボーッとしていないでこのチャンスを活かしていただきたいと思っています。




今やっている勉強会の手法も自信があります。

今やってるのは「今までFXで勝てなかった人が、誰でもみんなと同じポイントでエントリーできるようになるスンゲェ手法」で
再現性バツグンのものです。
これについても、僕は自信を持ってオススメできます。
こんなの、世間にはなかなか無いですよ。(参加者の方々、そう思いますよね?)

新しい目標である専業トレーダーコースは、その上位版にあたります。




さて。

ここまで書いたことは今日の本題ではありません。


新しい手法を考えるにあたって、いつもForexTester(FT2)やMT4・MT5を使うのですが
最近はFT2を使う頻度が減っています。

正直、要らないんですよね。FT2は。

「MT4とかMT5でいーじゃん」と思ってる。


結局ね、トレード上達にはどのようなことが必要なのかといえば
「チャートをたくさん見る」ことが必要なわけです。

ただボケーっとチャートを見ていても、人というのはマジメに見ませんから
トレードをしながらとか、検証をしながらチャートを見ることになる。

なぜチャートをたくさん見る必要があるのかといえば、「経験」を得るためですよね。


Aというエントリーパターンがあるとする。

このラインを抜けたらエントリー、インジケータのこの線に当たったらエントリー
ローソクがこういう形になったらエントリー
何でもいい。

そのAというエントリーパターンというのは、言葉で言えば1つしか無いんだけれども
実際には「いろいろ」あるわけです。

まず、買いと売りの2種類がある。買いと売りでは微妙にエントリーポイントとか、決済タイミングが異なることがある。

それ以外にも、ローソクの形とか、ローソクの集合体の形なんてのは未来に過去と同じものは1つも無いんだから
毎回未知のものと出会って試行錯誤しなければいけない。
基本はAパターンなんだけど、Aっぽいものとか、Aの亜種とか、Aの応用的なもの、いっぱいある。

普通の人はそれを、過去チャートで検証もせずにゆっくり動くリアルタイムのチャートでチマチマと見ていって
勝ったー、だの、負けたー、だのをしながら経験を積んでいく。

でもそれだと、勝てるトレーダーになるまでに3年も5年も10年もかかるわけです。

下手をすると、勝てるようになるのは80歳くらいのおじいさんになってからかもしれない。
下手をすると、勝てるようになる前に諦めてしまうかもしれない。

それだと意味が無いわけです。


だからどうするか。

自分の持っている、その優位性のあるAというエントリーパターンを
過去チャートを使って「検証」するわけですよね。

検証というのは「練習」でもあります。

Aパターン、A’パターン、Aっぽいパターン、A的なパターン、Aの応用パターン・・・
という無数のパターンがあり
リアルタイムのチャートで見ていたら「Aパターンじゃなかった(Aっぽいパターンだった)ので見送った」とか
「Aパターンっぽかったのでエントリーしたんだけど、実はAパターンじゃなかったので負けた」とか
そういうワケワカンネー事態になるわけです。

だから、前もって過去チャートで様々なパターンを経験しておこうと。
リアルタイムのゆっくり動くチマチマしたものじゃなくて。

だから、ForexTesterみたいなソフトが生まれたわけですよね。

とっても便利。

しっかりとマジメに取り組めば、数年分の経験が短期間で得られる「精神と時の部屋」ですから。
魔法のアイテムですよ。


でも、僕は今はFT2に必要性をあまり感じていない。

だってFT2って使いづらいんだもん(笑)

操作に手間取る時間や、操作に手間取ってイライラする精神的負担
FT2には、とにかくそういうロスが多い。
それをMT4の「ShiftChart」を使えば、FT2など使わなくてもかなり負担を軽減できます。


「先の見えるチャートで検証やっても意味ねーよ」という人がいるかもしれません。

でも、僕はそうは思いません。

先の見えないチャートで練習するのは、別にFT2でやる必要はないです。リアルトレードでやればいい。

先ほど書いたように、必要なのは「チャートをたくさん見る(経験を積む)」ことですから。
自分の持っている武器(Aパターン)を1000も10000も過去チャートで見ればいい。
こういう変態的なことをやっているトレーダーというのは強いですよ。


エントリーパターン決め → 過去チャートでの検証 → リアルトレード

この3つの過程を踏めば、誰でも勝てるようになります。
べつにこの中に「FT2」という余計な過程を入れて、リアルトレード到達までの期間を遅らせる必要はない。
意味が分からない。


「リアルトレードの前にFT2でリアルトレードの練習をしておいたほうがいい」という人がいるかもしれません。

でもね、結局、FT2でのトレードとリアルトレードは別物なんですよ。
練習と命(ゲンナマ)をかけた実践とでは大きな隔たりがある。

FT2でいくら練習したって、
どうせその「隔たり」を埋めるために苦しむんだから。


だったらFT2なんて過程は入れずに
練習の段階で徹底的に10000でも100000でも変態的に様々なAパターンをMT4とかMT5を使って見て
チャートのスクリーンショットを撮って、文字でチャート分析をしてアウトプットして
それでリアルトレードに移ったらいい。

何が必要かって、リアルトレードに入る前のその 変態的反復練習が圧倒的に足りない から
だからみんなFXで勝てない勝てないって騒いでるんでしょ。

だったらFT2なんて使い勝手が悪い精神的負担が大きいソフト
最初から使わなければいい。
使う必要が無い。





って、FT2を数万時間使い続けてきた僕が、気づいちゃった☆

登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

  関連記事

それぞれの想い81 ~様々なことを想定して、それら全てに対して対策を練ってきた人は強い。

※皆さんからのお便りを紹介する趣旨はこちらに書いています。 milkさん いつも …

アホいっぱい

今の自分がいて、将来的に「目指す自分」がいて、努力しているとする。 つまり、 こ …

機械的にトレードできる段階

最近、何人かのパリス昼豚さんの「5万円FX」をお持ちの方とやりとりする機会があっ …

FXのトレードノートとはまた別に

先日の「1000回トレードすれば分かるようになります。」に関連して。 僕は昔から …

FX勉強会参加者「それぞれの想い」132 ~道を間違わなかったら、あとは進んでいくだけですから。

いつもお便りいただき、ありがとうございます。 年末年始のご挨拶も含め いただいた …

教材 ~自分でやるか、やらないかの差

FX勉強会「ライントレーニング」より、前回に引き続き書き込みを引用します。教材と …

お ま え だ よ

強情な奴 というのはどこにでもいる。 とにかく、言われた通りにしない。 自分に自 …

素直に学べないんだったら、何やってもムリ。

素直さが大事。 FXの勝ち方を学ぼうとして先生から学んだとしても 先生が「買いな …

トレーダーとしての先の先

例えば、ルールどおりにリミットを100pipsの地点に構えていて、現在、90pi …

FX勉強法① ~すぐに諦めない漢になる

→流れ橋(大場克彦氏のHP) このサイトが素敵です^^ 書かれている内容もそうで …


PAGE TOP