読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

真にやるべきことは

      2016/03/25

何かトレード手法があってそれを実践するとき
(特に初歩者にとって)気をつけなければならないのは

勝ち負けは一旦横に置いておく

ことだ。

儲けたい儲けたいばかりでトレードするとロクなことがない。


値動きをしっかり見て
トレードルール通りにやって
毎回のトレードの後で、ルールに適合していたかを確認して
自分のチャートを見る目が正しかったかどうか吟味して
チャート上に新たな発見があったらメモをし

そういう「やるべきこと」を、余計なことを考えずにひたすらやって
最後の最後でその月の損益を計算してみたら

「あ、ちゃんと利益が出てた」

と、気付くくらいがちょうどいい。


ダメなトレーダーというのは余計なことばかりする。

負けるといちいち不安がる。
グダグダと文句を言う。
買った金額・pips数ばかりチラチラと見る。

値動きとか、そういうものは一切見ない。
「見てます」と言ったって上辺だけ。

一つの手法に従って淡々とトレードすることに満足してしまっている。


一つの手法に従って淡々とトレードすることは確かに大事なことだ。
しかし、手法に沿ったトレードをこなして満足することが真意ではない。

一つの手法を得たからといって「これで一生安泰です」みたいな人というのは、トレーダーには向いてない。

自分の持っている手法に従ってトレードをしながら

チャート(値動き)をよく見る

これこそが重要。

どこに向かって今、価格は動いているのか。
フィボナッチの何%で止められたのか。
エリオット波動の何波なのか。
200日移動平均線の上にいるのか下にいるのか。
パワーバランスは現在どのようになっているのか。
一つ上の時間足では現在どのようなポイントに位置しているのか。
何というチャートパターンなのか。
ここで買いが入ったということはどういうことなのか。
3度売りが入っても下降しなかったということはどういうことなのか。



自分の信じるインジケータや理論があると思うんだけれど
それに従って、目を見開いて、チャート・値動きをよく見ることが大事。


そういう「真にやるべきこと」をせずに、勝ちました・負けましたと上辺だけの

検証ぽいこと・トレードっぽいこと

ばかりやっているのでは、いつまで経っても真の勝てるトレーダーにはならない。
初心者ならいいんだけどね。
何かの手法を学んで数ヶ月・数年経ったトレーダーであれば、
それは自分で気づいて、自分でもっとディープな世界に足を踏み込んでいかなければならない。


登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

  関連記事

大谷翔平

自分のやるべき手法が固まってくると、あとは「それをどうやって実現するか」に考えが …

本当に大切なものに気付いた人が読むFXブログ

手法も大事、でも他にも大事なものがあります。 というのがこのブログの趣旨です。 …

根本的・根源的

FXDDトレードコンテストというのがあるようで 何度か僕の所にメールが届きます。 …

FX勉強会参加者「それぞれの想い」138 ~正しいとこで学ぶかどうか、ってことですよね

milkさん お世話になっております。***です。 専業トレーダーとして独立をし …

「お母さん、挨拶って、どうしてするの?」

野口敏さんという「話し方教室」の先生が、昔こう言ってました。 「お母さん、挨拶っ …

Baby steps to Giant strides 3

テニス漫画「ベイビーステップ」40巻。 以前にも紹介した。 Baby steps …

小学生でも出来る、FXで勝てるようになるためにまず最初にやらなきゃいけないこと。

能力が低い人は読まなくていいです。 せっかくの土日だから、ハナクソほじってゲーム …

理論的じゃない人からFXを習うのは不幸の始まり

まず、 FXは人から習うものである というのが前提条件。 車輪の再発明と同じく、 …

覚えたばかりの言葉を使いたがる小学生か

何かにつけてゼロサムゲームと言いたがる人がいます。 FXはゼロサムゲームだから、 …

Baby steps to Giant strides 2

前回の続き。 FXでは過去のデータの分析を元にルールを組み立ててトレードをするべ …


PAGE TOP