読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

フィボナッチ・リトレースメントを用いた環境認識と背景分析の解説書

      2016/01/11

以前から、自分でFXの教材を書いて販売してみたいという想いを持っておりまして・・・。

本気で専業FXトレーダーを志す人のための フィボナッチ・リトレースメントを用いた環境認識と背景分析の解説書<第1巻>

というのを書いてみました。

その名も

本気で専業FXトレーダーを志す人のための
フィボナッチ・リトレースメントを用いた環境認識と背景分析の解説書
<第1巻>



2016年1月上旬にDLmarketより発売予定です。

超絶長いタイトルと、何の飾り気もない表紙と。


売れるのかいな(笑)

売れる=自分への評価 だから、もし売れたら嬉しい。
こうやって新しいことを始められるのもワクワクするので嬉しい。


見た目はともかく、内容は結構自信があります。
ただ、読む人に見る目がなくて「なーんだこんなもん」って言われちゃったらしょうがないので。ね。


どうなるか分かりませーん。



以下、本書より抜粋。




目次

0.注意
1.FXの学習に際して
2.本PDFに書かれている手法への取り組み方
3.「環境認識」「背景」とは何か
4.基本となる手法は必要
5.具体例集
 (1) フィボナッチ・リトレースメントの設定について
 (2) 2015年9月23日 EURJPY買いと、そこに至るまでの値動き
 (3) 2015年11月23日 EURJPY売りと、そこに至るまでの値動き
 (4) 2015年11月16日 EURUSD売りと、そこに至るまでの値動き
 (5) 2015年11月27日 EURUSD売り (重要)
 (6) 2015年11月25~26 GBPUSD、この付近の値動き
 (7) 2015年11月30日 GBPUSD買い
 (8) 2015年12月1~2日 GBPUSD売り90pips
6.今後について



2.本PDFに書かれている手法への取り組み方

本PDFでは、フィボナッチ・リトレースメントを使ってのチャート分析を解説します。
注意していただきたいのは、これは「100%確実に効く」という手法ではないということです。
100%確実に効く手法でなければ嫌、損失を出したくない、という方の場合はそもそもトレーダーに向いていない性格だと思いますので、大きな損失を出す前にトレーダーとしての道を諦めたほうがよろしいと思います。

本PDFで説明することは、その通りになる(手法が効く)ときもあれば、その通りにならない(手法が効かない)ときもあります。
相場がこれから上に行くか下に行くかというのは、簡単にいえば50%の確率で決まることです。
それだとトレード手法としての意味が無いのですが、これが「70%の確率で効く」となれば、どうでしょうか?
70%の確率で有効な手法だと、70%の確率で利益となり、30%の確率で損失となり、その差が「儲け」となりトレーダーの収入となります。
トレードというのはこのようにトータルで資金を増やしていくことです。

ですから、PDFを読みご自分でチャートを見て実践する際に、30%の「手法が効かない」部分ばかりを見て「なーんだ、この手法使えないじゃ~ん」となりPDFを捨ててしまうのでは意味がありません。
また、30%の部分が効かないからといって、その30%の部分に別の(思いつきの)ルールを設定して、無理やり手法が効くようにしてしまうようなやり方も危険です。(過剰最適化といいます)

トレードをする上で損失は必ず出るものですし、損失(=必要経費)を受け入れることは、トレーダーとして最低限身に着けていなければいけない思考です。

さらに言うと、30%の部分で手法が効かなかった(予測とは逆の方向へ動いた)としたら、その時点でシナリオを修正する必要があります。
「相場はこちらへ動くと予測していたが、実際はそうではなかった。ということは・・・」と、手法(ルール)に沿って、その都度次の手を打っていかないといけません。それがトレーダーとしての仕事です。



3.「環境認識」「背景」とは何か

本PDFで解説する内容は、一般には「環境認識」とか「背景」と呼ばれるものです。

「空気が読めない奴」っていますよね?
集団生活の中で「空気が読めない奴」というのは損をしがちです。

・ 他の人と話が噛み合わない
・ 発言するとその場が「シーン」と静まって嫌な雰囲気になる
・ みんなから無視される、嫌われる
・ なぜか怒られる
・ 自分だけ飲み会に呼ばれない


逆に「空気が読める奴」というのは、集団生活の中で得をすることが多いです。上手く生きていけます。
傍から見ていて非常に妬ましい 羨ましいと感じます。

相場でも同じようなことが言えます。
現在の状況がよく把握できていないと負けトレードが多くなってしまったり、ルールに沿ってエントリーしても、次の瞬間逆行してしまいヒヤヒヤすることが多くなったりするものです。

逆に、現在の相場状況を的確に把握できる人というのは

・ ルール的にはエントリーすべき所だけれど、危険な相場状況なのでエントリー見送りにしよう
・ エントリーはするが、危なくなったらすぐ逃げよう


このような判断を的確に、柔軟に行うことができます。
傍から見ていて非常に妬ましい 羨ましいと感じます。

そのような器用なトレーダーに自分もなりたい! そのような人のための解説書です。

本PDFで学ぶ「環境認識」というのは、月足・週足・日足の大きな流れの中で、現在値が今どのような場所に位置しているかを分析する手法です。(話が大きくなりすぎてややこしくなるのを防ぐため、主に日足を使用します)
そうやって表面には見えないチャートの「背景」を読み解いていきます。


0008

0009

0010

0011

0012




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FX教材

  関連記事

自作FX教材の第1弾 ~本気で専業FXトレーダーを志す人のための(略

本気で専業FXトレーダーを志す人のための フィボナッチ・リトレースメントを用いた …

懐かしい画像が出てきました(笑) ~パリス昼豚の5万円FX練習時代

日付を見ると、今年の1月3日のようです。 ForexTesterでの練習していた …

マエストロFXでパワーバランスを併用している方から、嬉しいお便りいただきました。

お便りいただきました。 何だかすごく嬉しくなったのでご紹介しますね^^ 最近こう …

フィボナッチ・リトレースメントを用いた環境認識と背景分析の解説書<第2巻>

本気で専業FXトレーダーを志す人のための フィボナッチ・リトレースメントを用いた …

フィボナッチ・リトレースメントを用いた環境認識と背景分析の解説書<第3巻>

本気で専業FXトレーダーを志す人のための フィボナッチ・リトレースメントを用いた …

勢い

いやー、悔しいですね。 自作の教材を発売したことは以前に書きました。 売れっ子で …

FX教材のご紹介(パリス昼豚の5万円FX・マエストロFX・ビクトリーメソッド)

私は5万円FXとマエストロFXを主に学んで専業トレーダーになりました。 お世話に …

マエストロFXで勝てない方へ ~「今は新しい手法で頑張ってます」

(1年前にある方からメールをいただいたのですが、そのときに書いた記事の書き直しで …

パリス昼豚さんの手法で上達されている方からのお便り

パリス昼豚さんの「5万円FX」で学ばれている方と先ほどやりとりをしました。 基本 …

パリス昼豚さんの「5万円FX」について、質問いただきました。

パリス昼豚さんの「5万円FX」について問合せいただきました。 メールにて情報交換 …


PAGE TOP