読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

すぐやるファイル

      2015/12/28

以前勤めていた職場で「すぐやるファイル」ってのを作っていた同僚がいて。

すぐに処理しなければいけない書類とかを入れておいて、放置せずに「すぐやる」んだって。
得意気に机上にデカデカとそのファイルを置いて、さあやるぞー と張り切ってた人がいました。


で、そのファイルがどうなったかといえば、半年後に机の奥底からホコリ被った状態で見つかって。

「なーんだ、意味ないじゃーん」と笑い話になったとさ。






というのは、今回の記事には全然関係ない話。(ないんかい)


僕のFX勉強会のコミュニティを眺めていたら
その日のトレード画像をすぐにアップする人と、翌日とか数日後とか週末にアップする人がいて。

2015-11-18_145724


トレードポイントは皆さん、いつも通り同じポイントのはずなんですよ。

なのに、書き込んでアップするタイミングが早い人と遅い人の2つに分かれちゃってる。

なんかね、大丈夫かなぁ・・・とか心配になってきて。
余計なお世話なんだけども。


その日のトレードの振り返りというのは、直後とか、その日の終わりとか「すぐやる」のが当たり前で

「今日は疲れた~」とか言って次の日に回しちゃうと、
やらずに忘れて借金みたいに溜まっていって週末とか月末にまとめてやることになる。

もしくは、トレードの根拠とかトレード中に思いついたこととかを忘れしまうような勿体無いことになる。



ひょっとしてトレードノート的なものを付けてないとか?

いや、超美麗なノートなんて作る必要なんて無いんですよ。
チャート画像を貼って、超丁寧な字で時間をかけてトレード中の感情とか書いてウットリしててもしょうがない。

そんなもの、大抵の人が飽きてすぐにやめちゃうんだから。


ノートじゃなくてもいい。

キャプチャソフトでいつでもチャート画像をカシャッって撮れるようにして
それをすぐに印刷できるような環境にしておいたらいい。
印刷したらササッと必要なことだけ書いといて、あとはファイルに綴じておく。

1・2分あればできる。


もしくは紙など使わずに、画像としてPC内に保存しておいてもいい。


できるだけ手間を掛けずに保存してメモ書きしたチャートを
その日、週末、月末と一定期間ごとに繰り返して何度も見る。

時々でいいから、思い出してください。

みたいな。(古いね)


トレードの振り返りって、そうやってやっていくものじゃないかな? って思うのですが。




いや、いつもやっています。
たまたまコミュニティにアップするのを忘れてしまうだけです。

というのであれば、別にいいんです。

ご自分でしっかり出来ているのであれば。



でも、そうじゃない人が多いような気がするなぁ・・・。




日々お仕事とかで忙しいのは分かるんだけども
トレードを続けてお金を稼いでいきます、って道を選んだ以上、そういうとこだけはちゃんとやらないと。


ね。


登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

  関連記事

トレードで勝つんだったら弱気はダメ。メンタル云々の小難しいことじゃなくて。

FXで勝てない人の中には、どうしようもない性格の人がいる。 アンタ、どうしてそん …

出来上がったチャートで後づけで検証するのはとっても大事なんだけどね1

よくあるのが「チャートの先(右側)が見えた状態では検証になりません」と言う人。 …

アホいっぱい

今の自分がいて、将来的に「目指す自分」がいて、努力しているとする。 つまり、 こ …

FXで「メンタルの問題」と言われているものの多くは、実は枚数を下げることで解消するものがほとんどです。欲が原因です。

僕のFX勉強会の中で、ある日書いたこと。 一つの例。 例えば、1時間足で***で …

平常心って大事ね。あと、FX勉強会のトレード報告と。

「平常心」って大事ね。 平常心を保てなくなることってあるじゃない。 チャート見て …

本当に大切なものに気付いた人が読むFXブログ

手法も大事、でも他にも大事なものがあります。 というのがこのブログの趣旨です。 …

それぞれの想い117 ~学びのステージがイッパイアッテナ2

前日の続き。 > 同じ時期に参加され真摯に向き合っていた方は、リアルトレードで確 …

やる気スイッチ

昔話。まあ、聞けよ。 僕がFXの修行していた時代のこと。 先生のSNSで、毎日相 …

自分を見失ったときはメモが有効。

上手くいかないとき、やる気が出ないとき、当然ある。 新しい商材を買った、新しい先 …

大谷翔平

自分のやるべき手法が固まってくると、あとは「それをどうやって実現するか」に考えが …


PAGE TOP