読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「センス」と「機能する」2

      2015/11/04

前回の続き。


ルールを作ろうとするときに
こんな感じでラインを引くじゃないですか。

自画自賛ですが、このラインは効くことが多いし良いルールだと思います。
ブログをご覧になって試してみてすげぇ!と仰る方もいます。



で、過去チャートを見てみて「儲かった」とか「損した」とか「効いた」とか「効かなかった」とかやるわけです。

そしたら、自信を持って「これは効く!」と思って引いたラインでも全然効かずに
逆に全くノーマークだったの所で跳ね返されて損切り、なんてことも何度も起こる。


心の何処かで無意識?に常に100%の確実性を求めちゃってるものだから
検証が続かない。

5時間、10時間くらいやった所で「この手法はダメなんじゃないか?」と思って脱落していく。

100人いたら80~90人がそうなる。
もういいやと思って大多数の人が怠けて検証すらしなくなる。

残った辛抱強い人たちも、不安なもんだからコロコロとルールを変更したりする。
一定のルールで検証し続けることができない。
最初のルールからどんどんズレていく。検証にならない。

もしくは「水平線のルールだけじゃダメだ」という結論に至って
なんやらかんやらとインジケータをチャートに付け加えていく。

こういうのを過剰最適化という。



こういうのって、手法がどうのこうのというよりは「自分との戦い」みたいなもので。

チャートと向き合うというのは実は「自分と向き合う」にイコールなのだと
僕は勝手に思っています。

だから人生テキトーに生きてる人とか
100%の確実性を求める完璧主義の人などは、永遠に勝ちには辿りつけません。

上の「すげぇ!」の人も、同様の理由で勝ちには辿りつけないはずです。(その後、音沙汰無いですし。)




さて。

例えば次のようなチャートで。

2015-10-26_200010


僕のFX勉強会で教えている手法では

2015-10-26_202502

こんな感じでルール通りにラインを引いたりするのですが、全然効いていません。
赤丸の部分で惜しい所まで行っていますが、あまり効いているようには見えません。

じゃあ、僕の手法はダメかといえば、そんなことはなく。

勝率100%では当然ないですが、みんなと同じ所でエントリーできました! 勝てました!と多くの人が言っています。



もうちょっと機転を利かせて

2015-10-26_202900

このようにラインを引くこともできます。

でも、毎回こんな上手いラインを引けるかといえば
それはローソクの形によっては全然引けないでエントリーできずに悔しい思いをすることもあるし

もしくは、このラインを引いたことで
逆に「エントリーできてしまって」そのトレードがたまたま損切りになることもあります。



さらに言えば

2015-10-26_213203

勉強会で昔教えていた旧手法の、フィボ91%を知っておけばラインなど引かなくても解決できますし

2015-10-26_203658

お馴染みの61.8と2/3戻しとも見えます。


ちなみに91%は

2015-10-26_203734

逆側でもしっかり効いています。



これを見た人は「水平線を捨ててフィボを検証しよう。そのほうが儲かりそう。」
と思うじゃないですか。


でも、その検証をし始めた途端、にぶち当たります。

そもそもフィボってどっから当てるんだ??
基点が自由に設定できるからややこしい。
61.8~2/3でまで行くときもあれば半値で止まるときもある。
どの数値も機能しないときがある。


もうこの時点でグチャグチャになります。

絶望感しかない。

「様々な角度から物事を見ていたら自分を見失ってた」
という昔の歌がありますけど、まさにその状態になります(笑)


そういう意味では「自分でやる」よりは
僕のとこみたいな勉強会に参加して、きちんと「教えてもらう」というのがFXで儲かるまでの一番の近道だったりします。







FXの達人がよく言います。

手法は何でもいい

と。


僕はそれは真実だと思うのですが
一方で、誤解が生まれる言葉だとも思います。

「何でもいい」というよりは

どんなものでも機能するときはするし、しないときは全くしない
そんなことは人間には不可知である
未来にどうなるかなんて知る必要は全く無い


ということなんだと僕は思うのですが。





あと、僕が尊敬するパリス昼豚さんがよく仰る「足るを知る」というのも大事なんだと思います。

(参考)
足るを知る者は富み、強めて行なう者は志有り(老子)
損失を受け入れられない?


登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢

  関連記事

皮算用くん

皮算用くんというサイトがあります。 このサイトを使わなくても、エクセルがあれば3 …

デモもストも無い! ~FXで勝てるようになるまでに要する時間③

もう3~4年前に書いた記事が、いまだに読まれる。 デモもストも無い! ~FXで勝 …

出来上がったチャートで後づけで検証するのはとっても大事なんだけどね2

前回の続き。 FXでチャート検証をするときにチャートの右側(未来)が見えた状態で …

検証が好きだというのはトレーダーとしての立派な才能

少し前に、スカイプでお話していた方が「僕、検証好きです」と仰っていました。 世の …

FXの勉強の仕方 ~FXで勝てない人が勝てるようになるまでに

FXの手法は人から教わるもの。 素人が作るものではないし 一部の「才能のある人」 …

無駄撃ちばかりしている人からは、そういう思想が感じられない。 ~今日の一言的なアレ2

相場状況が悪かったら「やらなきゃいい」だけなのに、なぜ人はポジるのか。 世界七不 …

「限定」しちゃうんだよね。

新しい勉強会で教え始めてしばらく経つ。 やる気のある(儲けたいと思っている)人が …

デモもストも無い! ~FXで勝てるようになるまでに要する時間②

→前回 の続きです。 FXで勝てるようになるまでの工程は、 ①(真っ当な)手法の …

FXトレードノートの書き方 リターンズⅡ

まさかの続編。終わる終わる詐欺。 前回、トレードノートの書き方について書いた。 …

やる気スイッチ

昔話。まあ、聞けよ。 僕がFXの修行していた時代のこと。 先生のSNSで、毎日相 …


PAGE TOP