読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

行くときは行く1

      2015/12/20

最近、FXを一番最初に習った師匠のことをふと思い出した。

師匠の言葉で好きなのは「行くときは行く」という言葉。
たしか、リーマンショックか何かを例に出して

2015-08-07_165618

相場というのは、行くときにはどこまででも行く。
「ここまで下がったからそろそろ買おうか」という値頃感は絶対に入れてはいけない。
100%テクニカル分析で買いだったら買い、売りだったら売りをとことん続ける。


という内容の話をされたと思う。

検証の段階では「分かったつもり」になって
その手法をやれば利益が出ることを確信して
浮かれた気持ちでデモトレード・リアルトレードに入るんだけども

いざリアルタイムチャートの前に座ってトレードチャンスを待っていると

「ルール的にはエントリーするべきだが、こんなに伸びたら一旦戻すだろう」

みたいな 値頃感 を持ち出す。


もしくは、普段は使わないようなMAとかボリバンとかを表示させていて
普段は引かないようなトレンドラインを引いていて
エントリーポイントのすぐ先に、それらのラインがあるのに気がついて

「ルール的にはエントリーするべきだが、ここが抵抗になる気がするので見送ろう」

みたいに勝手に見送ってしまう。


じゃあ、それらの(思いつきで作った)ルールが本当に正しいのかといえば

2015-08-07_173513

直近安値から67pipsも上昇した後での買い
12pipsの薄利になった後、とても長い上ヒゲが出て陰線に。

さらに、青の矢印からの買い。

2015-08-07_173702

いやいやいやいやいや、もうさすがにムリだって!
100パー高値掴んじゃうって!
怖いって!


と言いつつも買ってみると

2015-08-07_174106

45pipsの上乗せ。


別のパターンで

2015-08-07_175406

ルール的にはここで売りエントリーだけど、MAとちょうど重なるし
大きく上げた後だから危ないので様子見をしよう。

2015-08-07_175606

ほら、やっぱ俺の言った通りだったべ?
損切り回避~♪


他の場面で

2015-08-07_175835

ルール的にはここでエントリーだけど、これもさすがに無いでしょ?
見送り~♪

2015-08-07_180124

で、もし入っていれば+45pips。


さらに他の例。

2015-08-07_180233

ギリシャのアレで300pipsの窓が空いてるしさぁ
今週始めの直近安値からはもう250pipsも上に行っててさぁ
さらにMAに接近してるんだから、いくら「窓は埋まる」とか言ってもすぐには埋まらんよ。

2015-08-07_180510

これも45pips。
その後、さらに上へ。



結局、現在値の先に何があろうが、何が無かろうが

行くときはすんなり行くということです。
自分の信じたルールに従ってトレードを実行する、それしか無いということ。









長くなったので次回へ続く。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXトレーダーとして, オススメ記事

  関連記事

ふるい

ポチポチおじさんがこのブログを気にし出したね。 もうちょっとスルースキルのある大 …

場合分け2

前回の続き。 ダブルトップ(ボトム)について、いろんな場合が考えられ それらのど …

せやで

サミュエル・スマイルズ『自助論』より 最大限の努力を払ってでも勤勉の習慣を身につ …

修行のために一時期、チャートに張り付くことは必要かもしれない。 しかしそれを一生続けるの?

よく、月間○千pips稼ぎました!みたいなトレーダーがいますね。 それに比べて、 …

FXトレードでメントレとかする前にもっとやることあるだろ、ね。 2

世間はゴールデンウィークとか言って浮かれているんだろうか。 この時期は仕事が休み …

意外と早く風邪が治ったので

今朝の記事から。 今日は一日寝てようかと思ったのですが、昼になって風邪の症状がな …

普段のトレードでやっておくべきこと ~マエストロFXの佐野先生のマネ

過去に習った僕の師匠の教えの一つに「チャートを見ながらブツブツ言え」というのがあ …

メンタルと枚数、そして練習トレード

メンタル強化を勧めるトレーダーは多い。 しかし、メンタルが理由とされている問題の …

FXに限らず、全てものの学習の仕方・揺るぎない法則

昔のブログ記事で「ワンランク上の勉強法」というのを紹介したことがあった。 大昔に …

FXの検証結果の数字とかグラフを見て分析するのってワクワクしません?2

前回の続き。 過去チャートの検証でやるように、24時間365日起きていてトレード …


PAGE TOP