読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

まずは半年

      2015/12/20

「まずは半年」

度々、僕はこの言葉を言います。

何に関してでもそうです。

僕の勉強会で、手法解説を読んで「ああ、なるほど」と分かった気になるのが最初の一週間。
そこから過去チャートで検証してみるものの疑問があれこれと出てきて
自分で試行錯誤してみもしないでお手軽質問をしまくって、僕から

「まずは自分で試行錯誤してみましょうね」

と怒られるのが最初の一ヶ月。

ようやく腰を据えてチャートと向い合って、何ヶ月もかけてチャートと向い合ってようやくデモトレード・リアルトレードへ。
それが約半年。


人によってはそこまで3ヶ月で済ませてしまう人もいますが
大体の人は半年くらいじっくりと取り組まないと上手くいきません。

どんなFX手法でもそうですし、どんな仕事や趣味でもおんなじだと思います。



6年くらい前、僕は介護士をしていました。

介護業界のよくある話として

多くの介護士が3ヶ月で辞める

というのがあります。

後年は現場ではなく本社の採用の部署で働いていたんですけれども
介護士の退職のデータを見ていると、本当に3ヶ月後に最初のピークが来るんですよ

そこを乗り越えると次は半年、次は1年目くらいでしょうか。


仕事が無くて、介護しか勤め先が無くて、とか言う人は(個人的にはふざけんなと思いますが)

ウンコの見た目とか臭いが嫌で
認知症のお年寄りと全然コミュニケーションが取れず
不勉強ないい加減な介助で腰を痛めて
同僚の怖いオバチャンからいじめられて
常に歩きっぱなし・動きっぱなしの重労働なので
時間が不規則で、夜勤が大変で
チームプレーが苦手で
給料が安いから


で、3ヶ月後には「お世話になりました」という職員が多くいます。


僕みたいに介護士の仕事がしたくて勤めた人も

お年寄りとの関わりを夢見て
人のためになる仕事がしたくて


とか言ってても、実際は入居者さんとなんかじっくりと話をするヒマさえなく
「こんなはずじゃなかった」

で、3ヶ月後には「お世話になりました」という職員が多くいます。


もうちょっと歯ぁくいしばって続けていれば、介護の面白さとか、やりがいとか理解できたかもしれないのに。
仕事にも余裕が出てきて、入居者さんと世間話とかできるようになったり。信頼されたり。

最低でも半年は文句言わずにやってみないと。




すぐに文句をいう人、すぐに音を上げる人
介護の世界だけかと思ったら、結構どんな世界にもいて

FXトレーダーだってその一つ。

商材ジプシーなんて典型的な例。

本当にダメ手法を教えているダメ商材だったらしょうがないんだけれど
学ぶ側の姿勢とかやる気とか根性とかが問題の場合も多々あります。


自分で考えずに手当たり次第に質問したり、ジタバタしてみるのは別にいいんだけど

何でも、まずは四の五の言わずに「やってみる」というのが大事で
その目安となるのが「半年」なんじゃないかな?と感じます。



ブログをご覧になっている、うちの勉強会参加者の方々
どうですか?

半年くらいで「何となくモノになってきた」感がなかったです?




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

  関連記事

こういう周りの人の成長が見られるから、FX勉強会ってのはいいんじゃないでしょうかね。

いつものようにFX勉強会参加者さんのトレードをいくつか。 かなりキレイなポイント …

ピンポン ダッシュ!

努力してないのに努力したような顔をする。 「思えば遠くへ来たもんだ」とか自分に酔 …

これな

これ。

FX勉強会参加者「それぞれの想い」136 ~安☆心☆感

※例によって1ヶ月以上前にいただいたお便りです。 milkさん いつもお世話にな …

FXは矛盾のゲーム

主に先生のおっぱいが、すごい。 FXってのは矛盾のゲームなんだけども 矛盾とどこ …

一事が万事FX 神は細部に宿るFX

さまぁ~ず×さまぁ~ずが好きで でも、うちにはテレビが無いから、いつもテレビ朝日 …

金持ち思考と貧乏思考

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。 以前から書きたいと思ってい …

FXで勝つための話をしても、結局その話ってのはなかなか伝わらないんだよ

FXで勝てない人に「こうしたら勝てるんだよ」と話しても そもそも、勝てない人が見 …

飾り切りの話 ~FXを難しく考えすぎている人へ

昨日のFXスクールの話に関連して。 その後、師匠のことを思い出していました。 僕 …

ダメな奴ほど余計なサイトを見る

まあ、アホには何を言ってもムダだから、日本語が理解できる頭のよろしい人だけ読んで …


PAGE TOP