読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

全ては「検証」

      2015/05/13

全ては「検証」です。


過去のチャートを見て、「これ、いけるんじゃね?」と思えるトレードルールがあれば
まずは数ヶ月分の期間で試してみる。

試してみると新しいアイデアが浮かんできますから、どんどんメモしておく。

最初から上手くなんていきません。一度に全部上手くやろうなんてムシが良すぎ。

自分の考えたルールで検証できてると思っていたら、あとから見てみると
数ヶ月分の検証の最初と最後でルールがズレちゃってることに気づく。

「あれぇ?」と思ってまたやり直し。

今度は一貫したルールでやってみた。
でも、損益がマイナスで終わる月が多かった(泣)

アイデアメモを確認して、試したルールを一つずつ潰していって
試行錯誤の中から通用するルールを探し出していく。


そうやって自分の基本のトレードルールを生み出して、
「損切りをもっと小さくするには?」「もっと勝率を上げるには?」と改良していく。

ルールを一箇所変えるとチャートの他の期間の結果は変わるから、同じ期間で再度やり直す。

数ヶ月分の検証結果が良いものだったら、今度は他の期間を選んでやってみる。
上昇・下降トレンドの時期、もみ合いの時期、いろいろ選んで「耐久テスト」をやってみる。


ある期間だけイマイチな結果なので、その原因を考えて対策を練ってみる。

ただし、付け加えるルールの数はできるだけ絞る。できるだけシンプルにする。
斜めのラインとか曲がったライン(インジケータ)はできるだけ使わない。
価格(ローソク)で判断するルールにする。

ルールを変えてもう一度これまで検証した期間でテストしてみる。



・・・こんな感じでトレードルールが出来上がっていきます。


明確なルールに基づく検証ができれば、
リアルタイムでのデモトレードでも、ただ同じことをするだけです。


その日のトレードとか、その週のトレード、その月のトレードの振り返りをするときも
ルール通り、過去チャートでの検証の通りにできていたかどうかを確認するだけでいいです。

よく、トレードノートに「ポジ保有中の心理状態の変化を書きなさい」とか言う人がいますが
それは必要ないと僕は思います。

だって、ただルール通りにやればいいだけですから。


エントリーすべきか迷った、我慢できずにエントリーしちゃった、ポジポジ病になった、損切りできなかった
こんなことを言ってるようでは、それはまだトレードなんかしちゃいけないレベルなんです。

黙って検証しろ、検証を。



過去チャートで一定のルールに基いて検証ができない人は、
リアルタイムのチャートでもトレードできません。
トレーダーにとって大切な、自分のトレードの振り返りもできません。


逆に、検証の過程をしっかりと経てきている人は強いです。










頑張って。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢

  関連記事

教材 ~自分でやるか、やらないかの差

FX勉強会「ライントレーニング」より、前回に引き続き書き込みを引用します。教材と …

ディープラーニングで自分(超儲かってる専業FXトレーダー)のコピーを作る2

前回の続き。 ディープラーニングの話。 最終的に僕がしたいことは 自分のコピーを …

「来年こそは!」 もどかしさ、悔しさ。それがあなたを動かす原動力となる。

毎年この時期になると もう1年が終わりますねー 早いですねー 今年も結局なんにも …

真理はいつもシンプルで

僕の行っているFX勉強会では、2つのコミュニティを用意しています。 1つは「普通 …

勝てない人の行動パターン ~今日の一言的なアレ7

息抜きに、あるFXのSNSに入っているんだけども、勝ててない人ほど横道に逸れるね …

まずは半年

「まずは半年」 度々、僕はこの言葉を言います。 何に関してでもそうです。 僕の勉 …

教材 ~破産へ向かう行為

FX勉強会「ライントレーニング」にて。 ご本人は性格的にも、FXへの取り組み方と …

「ヤフオクで質問してくる奴は落札しない法則」はFX学習においても似ている?件

今は全く使わないんだけど、かなり昔にお金に困っていた時代はヤフオクをよく利用して …

意味のあることをする

おまじないのようなことを毎日していても、所詮、おまじない程度の効果しかない。 そ …

ダラダラやるんじゃない

お子さんがいらっしゃる家庭で 「ダラダラやらないで集中してやりなさい!」 とお子 …


PAGE TOP