読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

勝てるFXトレーダーのトレンドラインの引き方・手法2

  2018/05/28     

前回の続き。

前回の話の重要さに比べたら、今回の話題は「具体的」ではあるが重要度は下がる。
でも「トレンドラインの引き方」というタイトルを付けてしまったので、一応書く。

ポンド円1時間足チャート

詳しくは覚えていないが
チャートの「ここらへん」にいるときに、僕は画像のようなラインを引いていた。



大まかに、トレンドラインを引く際には3つのルールがある。

まずは「ヒゲ先で引かないこと」。
どこで習ってきたか分からないが、ヒゲ先で引きたがる人がいる。

こんな感じで。



僕の勉強会で教えている手法はそのような思想では設計されていないため、別のやり方をされては困る。

このようなトレンドラインの引き方では、トレードでほとんど使えない。
そうではなく、ローソク群のヒゲや実体に食い込ませ気味で引く。

さらに、もう一つのルール「太いラインで引く」というのもある。

引いたトレンドラインが、その後の相場でピンポイントで正確に効く、なんてことは滅多にない。
トレンドラインは細い一本の線なのではなく、「だいたいこの辺が抵抗になる」という幅広の帯としてチャート内に存在する。
だからMT4の最も太い幅(5段階目)で引く。
つまり上の画像は2つの点で間違ったトレンドラインの引き方をしていることになる。

さらに細かいことを言うと



(本当はもう少しあるが)いくつかのポイントを意識してトレンドラインを引いている。
不自然にならないくらいに、ヒゲ先等、目立つポイントをできるだけ多くトレンドラインに含めるように引く。

すると、どうなるか。



トレンドラインを伸ばした先で売りポイントが見えてくる。
もしそのポイントでエントリーパターンとなれば、売ればいい。
先日紹介したFX勉強会参加者の売りトレードは、ここからの下げを狙ったもの。

もしくは、トレンドライン上の別のポイントからの



このような売りをしている人もいた。



次回に続く。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード手法など

完成です

  2018/05/26     

最近何かと?話題の「汁なし担々麺」。
この動画を見ると幸せになれるので、まだの人は見るといい。




あと、ニューヨークとかいう5流芸人は死んだほうがいい。




さて。

FX勉強会参加者の今週のトレードの一部を紹介。





全部紹介すると大変なので2名分だけだが
他にもこのポイントで売れた人は多くいた。

ここは売りでしょう。




お便り紹介。

お世話になっております。
今週も解説動画、ブログ、ありがとうございました。
2018年5月第3週の感想を送らせていただきます。

今週の解説では、4hの4波、5波のサイズ感の違いから、5波がもう少し先にくる(実際にそうなった)予測を立てる所や、1hでの右上がりレンジのような相場での上で売って、下で買う、真ん中では余計な事をしないという所が大変勉強になりました。

斜めのレンジ的な動きの相場について、後から言われるとその通りなのですが、リアルタイムでは気づけないことが多いです。今週の解説を頭にいれ、次に似た相場がきた時には早めに気づき、対応していきたいです。

また、昨日、座談会に参加させていただきました。
久しぶりの参加で少し緊張しましたが、話していくにつれ、お互いどんどんほぐれていき、話が弾みました。
他のお二人は勉強会への参加時期が私と同じぐらいで、先生が配慮してくださったのかなぁと思いながら、同期入社のような親近感を持って話が出来ました。
ありがとうございます。

余談ですが、今週は汁なし担々麵を2回程食べてしまいました。
また動画を見れるよう、お気に入りに追加してしまいました。
羊羹の回も最高でした、学習の息抜きに最適です。

来週もトレードスキル向上を最優先に取り組んでいきます。今後ともよろしくお願いいたします。



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  トレード記録2

PAGE TOP