読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

圧倒的多数の「才能のない人」のためのFXやプログラミングの学び方

  2017/07/24     

お便り紹介。

ブログの「初心者のプログラミングは暗記でいいでしょう」の感想です。

「プログラミングは暗記じゃない!
プログラミングは楽しむものだ!」ですが、

私の仕事(IT系のSE/プログラマ)経験からは、以下です。

・プログラミングは文法や関数やライブラリの使い方を覚えることが重要
インターネットのない時代からプログラミングをやっていますが、
言語の教科書・問題を解くことは大切です。英語などと同じで、
自分の引き出しがでないとコードが書けません。

・プログラミングで楽しいと思うことについて
プログラミング自体は地味で、試行錯誤したりして孤独な作業です。
やって楽しいと思うのは、問題解決できたこと(難解なバグを解決)です。

・私のプログラミング学習について
私は40台半ばのおっさんですが、必要に迫られて数年前にJavaを学習した
ことがあります。IT試験に申し込んで、自分を追い込むことでしょうか。
そのときは教科書を熟読、問題を解きまくることでした。

昔にプログラマー35歳定年説という言葉が流行ったことがありますが、
今では死語ですね。昔は納期に間に合わせるために徹夜は当たり前でしたから。



知り合いの中学美術教師が、授業崩壊を起こした話を以前聞いたんだけど
何でかっていったら、なーんも教えずにただ「思いのままに書いてみなさい」的に授業したんだって。

そりゃあ、崩壊するよね。
元から絵が上手い子とか才能があるような子は、楽しく自分勝手にやって先生の言うこと聞かなくなるだろうし
下手な子はミジメな思いをして、そんな目に遭わせた先生の言うことなんて絶対に聞かないだろうし。

授業崩壊なんてのは教師の力量の無さが原因に決まってるのに、
「騒いで授業崩壊させた生徒が悪い」とか言ってるんだぜ、その教師。アホじゃなかろうか。

「自由に楽しく描きましょう」は、一見して良い教育のように見えるかもしれないが
実はなーんも生産性のない無駄な時間を過ごす授業になる。
一部の才能のある子以外は、なーんも新しい知識とか技術とか身に付かずに終わり、「つまんなーい」となる。


なんかね、この記事を書く直前に↑こんな話を思い出してしまった。

例え話としてはプログラミングとかとは若干ズレたものになるかもしれないけど
でも、最初に基本的なことは覚えないとね。しっかりと。
美術でもプログラミングでもFXでもおんなじ。

最初に「楽しくやりましょう」言ってノロノロナヨナヨ始めるとロクなことがない。
一番学ばなきゃいけない時期に、なーんも大事なことが身に付かずに終わる。

一部の才能のある人は「楽しくやりましょう」でいいかもしれない。
才能がある人って、それで上手くいっちゃうから。

でも、その才能のある人ってのは、ほんの一握りの人間の話なんだから
それを一般化して「プログラミングは楽しくやるものだ」とネットで大々的に発表しちゃいけなんだよね。
ウソついちゃいけない。


僕のこういう考え方というのは、僕がやっているFX勉強会の中でも生きている。

僕の勉強会には、才能のある人は来ない。
当たり前だよね。
散々FXで大損して、勝てない勝てない悩んで、ネットでやっと見つけてたどり着いて来るんだもの。
元々儲かってるような才能のある人は来ない。

だから、ごくごく一部の才能のある人用の教え方をしてもムダなんだよね。
そんな教え方をしたら、それこそ学級崩壊を起こす。

僕の教え方は、「(僕自身も含めた)才能のない人」にどのように教えるかを考える。

だから、特に最初は「自由」は許さない。
(効果のある)覚えるべきことを、まずは覚えてもらう。
そして徹底的に、忠実に、相場で実践してもらう。

だからこんな感じでみんなが同じようなポイントで買えたり
「初めて週間100pips取れました」という人が育つ。



あと、年齢もあんまり関係ないね。

75歳からFX始めたおばあさんを知ってるし
僕は38でPython始めて、将来的にドデカイものを作ってやろうと野望持ってるし
新しいことってのは若い奴らのためだけのものじゃ無い。

夢を持って素直に教わったことに取り組むか、そうでないかの差。ただそれだけ。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

専業トレーダーの迷いとFX勉強会の再現性と空と海と大地と呪われし姫君と過ぎ去りし時を求めて

  2017/07/22     

今週は出張で東京に出ていた。

僕がFXの修行時代に知り合ったトレーダー仲間が集まって、仲間内で勉強会(という名の雑談)をしたりとか
あと、素人相手にも少し教えてきた。タダ働きで。

「死んでいった」トレーダーも多いが、僕の知り合いは「ちゃんと成功する人」も多かった。
まあみんな、今でも元気そうで何よりなんだけど
面白い話で、彼らに共通しているのが

FXに飽きている

ということ(笑)

毎月「勝ちました!」「負けました!」と言っているうちは素人で
プロのトレーダーというのは勝つのが当たり前。
だって、会社勤めをしている人が毎月お給料が貰えなくなったら大問題でしょ?

それと同じで、月々当たり前に稼げるようになって「プロ」「専業」だし
安定して十分なお金が得られるから精神も安定してくる。豊かな人生を歩むことができる。

普通に稼げるようになるとFXなんてものは単なるクリックゲーで
日に何度も買いとか売りのボタンを押すだけの単純作業になる。

それを何年も繰り返していると、そりゃ飽きるよね。

僕も飽きたのでFX勉強会をやっているし
僕の知り合いの中には、ノートパソコン持って年中全国をフラフラと旅行している人もいるし
EA制作とか販売が趣味ですとかいう、胡散臭い プログラマーもいたり

みんな何かをやってヒマを潰しているらしい。

何かのマンガで「人生死ぬまで暇つぶし」というのがあったと思うけどまさにそれで
ヒマの潰し方は人それぞれいろいろとあるんだろうね。



で、

暇つぶしを探している人が僕の知り合いにいて
1億円程度の資金を運用しているFXトレーダーなんだけども

ちょっと前に僕が「拾ってやった」。

僕がやってるFX勉強会の中でリアルトレードを見せてやってくれないか?と頼むと
喜んでたみたいで二つ返事でOKしてくれた。

プロのトレーダーのリアルトレードなんか、なかなか見れるものじゃないので
勉強会参加者にとっても有益なことなんじゃないかと思って、僕も勉強会内で張り切って紹介した。
300万円のリアルマネーでトレードをスタートさせた。


1ヶ月くらい経って、結果はどうかといえば

全然増えない。

大損するわけじゃないんだけど、資産曲線はプラマイゼロくらいをフラフラしている状態。

まあね、1億を増やすのと300万を増やすのだったら、そりゃ後者のほうが難しいと思うし
トレードのスタイルも全然違うんだろうけど
でもうちの手法とは全然違う方法で、しかも不甲斐ないトレードを見せられて
さすがに僕も頭にきたので

東京で彼に会ったときに少々「喝」を入れてやった。

僕は「少々」入れたつもりだったんだけど
後から、トレーダー仲間には「ヤクザみたいだね」「ちょっと引いた」「殺すんじゃないかと思った」と言われた。


でもその喝が功を奏したようで、翌日のトレードからは
勉強会の手法に沿った堅実なものになっていた。

なんかね、本人いろいろと迷いがあったようで、それがトレードに表れていたようだ。

僕の優しい「喝」で迷いが吹っ切れたんだったら、それもまた僥倖。





勉強会参加者の今週のトレードを少し紹介。

最近は皆さん、全体的にかなりレベルが向上してきていて
「この人上手いなぁ」と僕が唸るようなトレードが増えてきている。

上手いトレードはいろいろあったけど、例えば




これなんか、いい所で入ってる。

他の人も同じ局面で買っていた。







登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
     
  -  オススメ記事, トレード記録2

PAGE TOP