読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

驚愕のFX手法を教えている勉強会のメンバーによるブログが開始するらしい

  2017/02/28     

以前に書いた通り、FX勉強会参加者によるブログが明日3月1日より始まる。

これはもうね、毎日見るしかないんじゃないかな。


あと、ポチもポチポチすればいいんじゃないかな。

読み逃げすんなよ  (誰のマネだよ・・・)



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  FX勉強会

(教材)負けた=間違ったトレード なのか?

  2017/02/27     

FX勉強会は教材の宝庫だ。

ある書き込みを取り上げたい。

この書き込みをした方は、熱心に学ばれているし
ブログで取り上げられても悪く解釈する方ではないと思うので、無許可で掲載する。

2017/02/13(月) 18:05 #2006
20170213 ポンド円売り

142.139→142.443 ▲30.4pips

★エントリー根拠
***では下降の4波。上昇の***にぶつかり下落。
***で上昇の***を通り過ぎ、***で下落したところで売りエントリー。
リミットは5分足***

★決済
設定したストップにかかり決済

★総括
午前中の上昇の勢いが強かったことと、
***200MAが上向きだったこともあり売りは見送るべきだったかもしれない。


30pipsのマイナス。

勝率100%というのはあり得ないし、30pipsくらいの損失は許容範囲だし、
気を取り直してまたトレードをしていけばすぐに挽回できる損失ではある。
また、トレードが上達してくれば30pipsまで待たなくても建値決済とか微損で抑えることは可能。

ちなみに、全く同じ場面で僕は+1pips(ほぼ建値)→ドテンで+20pipsの成績だった。
やりにくい相場だったので、損失を出したり少ないpipsになるのはしょうが無い。

で、上のコメントに対しての僕の返事。

2017/02/13(月) 19:01 #2007
***さんへ [参照元:#2006]
>***200MAが上向きだったこともあり売りは見送るべきだったかもしれない。

午前中の強い上昇を考慮に入れるのは正しいですが
その次の文はいただけません。

200MA上向き=見送り なのですか?
今回は負けたから後づけでそう結論づけただけではないですか?
200MA上向きでの売りも、過去に勝てる場面はたくさんありませんでしたか?

これは次に繋がらない、その場しのぎの反省です。

「パターンが出たらエントリー」は当たり前のことで、しなければならないことです。
「何となく怖かったから何となく見送った」という素人判断のほうが害悪です。
↑これをやって、勝った~だのチャンス逃した~だの、トレードごっこをやってる人、いっぱいいるでしょ?

重要なのは、過去の動画で何度か言っているように、「エントリーポイントから利益が出たかどうか」です。
利益が伸びなければ損切りすれば良いだけですし、
伸びないだろうと判断したのなら保有時間を短くすれば良いだけの話です。

(まあ、売りは僕も失敗しましたが)



つまり僕は何を言いたいのかといえば

・ルールに合致したらエントリーしなければいけない
・素人判断で勝手に(当てずっぽうで)見送りしても、上達には繋がらない
・負けトレード=間違ったトレード ではない
・勝った負けたは二の次にして「正しい」振り返りをしなければいけない


ということ。


30pips損切りになったら、そりゃ嫌でしょ。悔しいでしょ。脱力する。

でも、トレード後の分析を
「見送るべきだったかもしれない」という、いい加減な締めにしてはいけない。

これ、結構多くの人がやりますよ。
負けて嫌な気分になっているから、負けた原因をトレードルール以外のワケワカンナイ所から持ってきて
それで辻褄を合わせてトレードの反省を終わらせて、気持ち悪い気持ちに一段落つけようとしている。

ね? 皆さんもやったことないですか?

っていうか、気づかないうちにいい加減な反省をする
ぜんぜん自覚のないトレーダーのほうが多いのかもしれない。

負けたら「~すれば良かった」「~じゃダメだったんだ」っていい加減な、その場しのぎの反省文しか書かない(書けない)。

教えてくれる人がいない、独学で取り組んでる人に多いんじゃないですかね。

それと比べたら、間違った道に迷い込んだら
「それ違うよ~」って正しい道に引き戻してくれる学習環境にいる人って、なんて幸せなんでしょうかね。


これが独学の恐ろしさだし、勉強会の素晴らしさだと思う。

ぜひ「正しい」「次に繋がる」反省を日々していってほしい。





登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明

  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP